2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

テレビ番組・広告・CM

2017年10月 8日 (日)

君は「パシフィック・リム/アップライジング」のトレーラーを見たか!?

先日10月6日の深夜(7日早朝)待ちに待った映画「パシフィック・リム」の続編予告動画が公式発表されました!

 
6日付の「シネマトゥデイ」では”前作『パシフィック・リム』でパイロットとなった森マコ(菊地凛子)が、それから10年がたった2035年を舞台にした続編では新世代の若きパイロットたちを率いる存在となっている”・・・との事。
 
私は、前作が中国でも大ヒットしたことや、最近のハリウッド作品にありがちな、大量の中国資本の流入で、日本の設定は完全にスルーされるだろうなぁ・・・と読んでいたんですが・・・このトレーラーを見る限り・・・どうやら舞台は日本のようだ!
 
トレーラー後半の大部分占めるイェーガーvs怪獣のシーン この都市 
 
Pr2
 
赤丸で囲った所には”まぐろ大漁”の文字!↑クリックで拡大
 
Pr1 Pr6
 
そして(左)100円ショップラッキー(右)YASUファイナンス など、戦闘シーンの多くに日本語の看板が見られます。どう考えても日本!↑クリックで拡大
 
Pr3 Pr4
 
嬉しいことに、あの迷コンビも復活のようです!
 
Pr5
 
ブースター付けて大気圏外に行っちゃってるしwww
 
Pr7
 
なんと!イェーガー同士戦ってるじゃないの!
 
Pr8
 
今度のKaijyuは当然、カテゴリー4を超えていると思われる!このトレーラーが公開された同じ日の同じ時間頃、謎の怪獣フィギュアの画像がネットでアップされていたのですが・・・どうやら同じものらしい。残念ながらフィギュアの画像は保存し損ねた。
 
Pr9
 
イェーガー勢揃い!うぉ~!この何とも言えないワクワク感!
前回監督したギレルモ・デル・トロは好きモノのハートをガッツリ掴んでくれましたが・・・今回のステーヴン・S・デナイトなる監督さんも、よく分かってらっしゃる!
 
来年公開が本当に楽しみだ!!ちなみに全米公開2018年2月23日
 
wobbly日本公開日 未定shock
 
※この記事は映画の話題ですが、あくまで予告編なので広告扱いとしてカテゴリーは”テレビ番組・広告・CM”とします。

2017年8月 6日 (日)

台湾のTVを見ながら部屋でくつろぐ

2017年台湾の旅 またまた思いつきで行っちゃった編 その16

壁に掛けてある液晶TVモニターは・・・

謎のメーカーTATUNG Cimg5023

調べると日本法人もある台湾のメーカーで、電気釜から太陽光パネルや配電盤、列車まで手広くやっているようです。凄いね~!

TVをつけるといきなり映画チャンネルで・・・

Cimg5024 Cimg5026

(左)クリストファー・リーブのスーパーマン (右)出たなニュークリアマン!www まさか台湾まで来て、いきなり「スーパーマン4 最強の敵」を見るとは思わなかった!(爆)

Cimg5025 ニュース番組を見ると・・・

相変わらず台湾のキャスターの姉ちゃん・・・ケバいぜ!ww

Cimg5028 Cimg5029

子供番組では、ちびっこ達と一緒にお姉さんが歌っている・・・よく見ると・・・

Cimg5030 ん!?

出たな~!

悪いアンパンマン!!Cimg5031

テレビを見ながら先程セブンイレブンで買った・・・

Cimg5027 Cimg5035

(左)ドリトス(台湾のドリトス量が多い!)をつまみに(右)生醸なるビールを飲む。晩飯前に良いとかいな・・・とか思いながら、ビールのパッケージの右上・・・

Cimg5036zcrop TBSマークのパクリやんけ~!

ちなみにこれがTBSマーク→Tbs_mark

Cimg5032 Cimg5033

(左)日本のバラエティ番組も中国語字幕でやってる (右)巨人・広島戦を中国語実況でやっている。一つ気になったのは、台湾プロ野球の中継もやっていたのですがお客さんが少なかった事。頑張れ!台湾プロ野球!

Cimg5034 水戸黄門

それも東野英治郎版!なかなかマニアックね!!

そして、芸能ニュースで大きく取り上げられていたのは、今やTBSのプライムタイム・ドラマで主役を張っている日台ハーフの・・・

渡辺直美 Cimg5078

台湾でもトップスター扱いやね!

今回改めて思いましたが、一時期の韓流ブームも今や影を潜め、再び日本の影響力が出てきている。CMでも「日本でこれが売れている」とか「日本の識者が認めた製品」と言う表現が多く見られた。街中でも、若者中心の街では日本のメーカー、店舗、外食産業の出店が目覚しく、バンコクよりも一層 日本化が進んでいるように思えた。

つづく

2017年7月16日 (日)

ガタの国から 19日(水)放送!見るべし!

佐賀フィルムコミッション 頑張ってますね~!

Gatanokunikara ・・・という事で、タイ人俳優を招へいして全編佐賀でロケが行われたNHKの地域ドラマ「ガタの国から」が7月19日(水) BSプレミアムにて放送されます。

数か月前からネット上のタイ関連のコミュニティで度々話題になっており、先月にはプロモーションに訪れた主演のティティ・マハーヨーターラックを追っかけて遠方からタイ好きが佐賀へやってきたり、何故か福岡のSanQBandファンが一緒に佐賀へ行ったり・・・面白い展開をしていました。

個人的にはティティ・マハーヨーターラック氏には何の思い入れもないのですが(ファンの方失礼!^^;)、タイの俳優が隣県佐賀で作品を撮った・・・という事で注目しております。

佐賀と言えばフィルムコミッションのロケ誘致が積極的で、以前にもタイの国民的スター、バード・トンチャイの「きもの秘伝」が撮影され一躍脚光を浴びました。(その際、福岡にも来てたようで、知り合いが一緒に記念撮影していて羨ましかったなぁ~!)

他にも”インちゃん可愛い可愛い”・・・今や国際派女優の道を行くヤヤ・インも雑誌の撮影で佐賀にやって来たりして、タイ人の佐賀の知名度はこの数年うなぎ上りです。

今回の放送に関して調べていると・・・「ミー・マイ・セルフ」「シャッター」最近では「レッド・イーグル」に出ていたアナンダも昨年11月に佐賀でロケをしていた事が判明!ショーック!!

2011年福岡国際映画祭 アナンダ氏と→293213_2282085179204_1348503593_na

タイ人の間で佐賀県の注目があがるし・・・くまモンもタイで頑張っているし・・・福岡置いてけぼりやん・・・(涙) まぁ・・・何はともあれ・・・7月19日(水)の午後10時は NHK BSプレミアムにチャンネルを合わせるべし!

詳しくは公式HPで!

2017年6月 2日 (金)

さらば宝塚 ロケ地探訪記 ぴろQ中山荘園古墳で遭難しかける 編

2017年 大阪の旅 その58

皆さんはNHK Eテレの0655 2355と言う番組をご存知でしょうか?NHK Eテレにて月~金の6:55からの5分間(2355は23:55からの5分間)放送されている帯番組です。

0655 2355

私は ねこのうたいぬのうた目当てに0655を毎回録画して視聴しているのですが、最近それ以外に気になる歌が放送されているのです。それは・・・

ご当地再発見ソング さらばシリーズ 

さらば高円寺」から始まったシリーズで、”女にフラれた男が、傷心のうちに街をさまよっているうちにご当地を再発見する”と言う ロス・プリモスが歌う甘いムード歌謡です。その中に「さらば宝塚」というのがあって・・・

今回の大阪旅行直前にロケ地を徹底調査!(笑) 何ヶ所か場所が特定できたので行くことにしました。

このロケ地めぐりが宝塚へやって来た目的の一つだったのです!

----------------------------------------------------------------

宝の塚 宝塚大劇場前 を訪問しここまで来て、あの場所を外すことはできないだろう。帰りの電車の中で決心をして、売神社布駅で電車を降り・・・Googleマップを頼りに歩く。

Cimg3748 16:20 大きな池の横

この通りは巡礼街道と言うCimg3749

この街道沿いに寺社仏閣が点在するようです。住宅街を抜けてたどり着いたのは・・・

Cimg3750マンションのロータリー

横の公園のフェンスにあった注意書き・・・

Cimg3751 Cimg3752_2

間違いないっ!>Nagai_hidekazu この場所もロケ地の一つ・・・

Saraba1

「さらば宝塚」のラストを飾る、中山荘園古墳だ!

Cimg3753 急な長い階段を・・・

登ると・・・良く分からない。sweat02とりあえずマンションの裏を・・・

フェンス沿いに歩くと・・・Cimg3754

Cimg3755 またまた長ぁ~い階段が出現!

sweat02汗だくでsweat01・・・へとへとになりながら、たどり着いたのは・・・

Cimg3756 

あれ?MVに出てくる”街を見下ろすような斜面にある石室は?”

祠の横に人が歩いたような・・・枯草が踏み固められた様な跡があったので、とりあえず進んでみるか・・・

----------------------------------------------------------

※ここからは急斜面の藪で写真撮影できるような状態では無かったので、ネットに転がっていた私のイメージに残っているような風景を拝借してきました。

Yabu こんな感じの藪の中を

ひたすら歩く・・・Yabu1

多分、古墳の石室なんて見に来る人なんていないんで、こんなに荒れてしまったのだろう・・・とか勝手に思いながら・・・急傾斜の藪の中を登る!登る続けると・・・いよいよ道が無くなってきた!

coldsweats02ヤバイ!coldsweats02

Googleマップで現在位置を確認したら、古墳とは全く関係ない場所にいた。引き返そうとしても・・・どの方向から来たのか?わからない!完全に迷ったぞ!

焦って進むと・・・足を滑らせて急傾斜の下、数メートル落ちてしまった!その目の前にあったのは・・・

蛇の抜け殻・・・ひえぇ~!shock Hebinonukegara 

時間は16時半 関西は私が暮らす九州より夕暮れが早いので、感覚的に日没が近いような気がしてきた。とにかく、坂を上りきったら何かあるかもしれない・・・

Yabu2 ドロドロになりながら・・・

歩くと・・・急傾斜の頂上付近にたどり着いた。・・・しかし、そこにはフェンスが張ってあった。フェンスの向こう側には家庭菜園。その先に更に丘があって、その向こうに民家の屋根が見えた。(助かったー)

しかし・・・フェンスの出入り口が見当たらない。・・・かと言ってさっきの藪の中には戻れない。意を決してフェンスを越えて(多分)私有地に入った。

----------------------------------------------------------

フェンスを越えて・・・私有地に入って見渡すと、民家の横に急な石段があった。

Cimg3757 すっ転びながら降りるshock

どうにか住宅街の道路にでたが・・・私の姿は、息を切らして汗だくの泥まみれ。すれ違う住民から見たら完全に不審者!!最寄りの駅をルート設定して・・トボトボ歩く・・・

Saraba2 Saraba3_2

「さらば宝塚」のラストを飾る石室の前に立って・・・

Saraba4_2

宝塚の街を見下ろす事は、ついにできなかった・・・weep

Cimg3758 

それにしても、あのまま藪の中で日暮れを迎えていたら・・・と思うとぞっとする。

さらば宝塚 ロケ地探訪記 ぴろQ中山荘園古墳で遭難しかける編 おしまい

つづく

2017年6月 1日 (木)

さらば宝塚 ロケ地探訪記 宝塚大橋 編

2017年 大阪の旅 その56

皆さんはNHK Eテレの0655 2355と言う番組をご存知でしょうか?NHK Eテレにて月~金の6:55からの5分間(2355は23:55からの5分間)放送されている帯番組です。

0655 2355

私は ねこのうたいぬのうた目当てに0655を毎回録画して視聴しているのですが、最近それ以外に気になる歌が放送されているのです。それは・・・

ご当地再発見ソング さらばシリーズ 

さらば高円寺」から始まったシリーズで、”女にフラれた男が、傷心のうちに街をさまよっているうちにご当地を再発見する”と言う ロス・プリモスが歌う甘いムード歌謡です。その中に「さらば宝塚」というのがあって・・・

今回の大阪旅行直前にロケ地を徹底調査!(笑) 何ヶ所か場所が特定できたので行くことにしました。

このロケ地めぐりが宝塚へやって来た目的の一つだったのです!

----------------------------------------------------------------

15:20 手塚治虫記念館を見学した後、現在位置~ホテル(ビジネスホテル・アーバンティ西九条)までのルートを検索すると、最寄の駅が阪急 宝塚南口駅を表示した。面白そうだったので歩いていると・・・

Cimg3735 彫刻が並んだ橋があった・・・

ん!?これは、ひょっとして・・・さらば宝塚のロケ地?!

そう!!・・・イントロから男がフラれるシーンまでの撮影があった所だ!

Saraba3

イントロ:見つめあう男と女・・・

Cimg3738

↑ぴろQ撮影 おぉ!まさにここだ!!

Saraba4 Saraba5

heart04この女優さん可愛い~heart01 ↑画像はクリックで拡大

Saraba6

Saraba7

↓ぴろQ撮影

Cimg3739

おぉ~!

Saraba8

↓ぴろQ撮影

Cimg3737

後ろのマンションが完全に一致!www

この橋の名は・・・Cimg3740

宝塚大橋でした。 この宝塚大橋は”ロケ地探訪”の候補に挙がって無く、歩いていたら見つかるだろう・・・程度に考えていましたが、手塚治虫記念館の帰りのルートを宝塚駅(宝塚大劇場前)で電車乗るルートにしていたら通って無かった。偶然ですが、ロケ地を見つけられてラッキー!

さらば宝塚 ロケ地探訪記 宝塚大橋 編 おしまい

つづく

2017年5月31日 (水)

さらば宝塚 ロケ地探訪記 宝の塚 編

2017年 大阪の旅 その48

皆さんはNHK Eテレの0655 2355と言う番組をご存知でしょうか?NHK Eテレにて月~金の6:55からの5分間(2355は23:55からの5分間)放送されている帯番組です。

0655 2355

私は ねこのうたいぬのうた目当てに0655を毎回録画して視聴しているのですが、最近それ以外に気になる歌が放送されているのです。それは・・・

ご当地再発見ソング さらばシリーズ 

さらば高円寺」から始まったシリーズで、”女にフラれた男が、傷心のうちに街をさまよっているうちにご当地を再発見する”と言う ロス・プリモスが歌う甘いムード歌謡です。その中に「さらば宝塚」というのがあって・・・

今回の大阪旅行直前にロケ地を徹底調査!(笑) 何ヶ所か場所が特定できたので行くことにしました。

このロケ地めぐりが宝塚へやって来た目的の一つだったのです!

----------------------------------------------------------------

旅行前に徹底調査した”目的地”へのルートをGoogleマップ上に示しながら・・・

Cimg3621 なんて事ない住宅街を歩く

そうしていると調査時点で目にした風景が・・・

この方向で間違いないCimg3623

頭の中に「さらば宝塚」のシーンがよぎる・・・

Saraba1

あ!この坂に間違いない!!

Cimg3632

↑ぴろQ撮影 奥のマンションが一致!www

Saraba2

↑この後ろのお宅・・・

Cimg3631

↑ぴろQ撮影 ここに間違いない!壁に這うツタと青い新聞受けが決め手!

ふっと見上げたその先にぃ~♪Cimg3624a

(その先にぃ~♪)

Cimg3627 ほんとにあるのね!

ほんとにあるのねぇ~

Cimg3625

宝塚に宝の塚ぁ~

見ぃ~つけたっ!(爆)Cimg3626_2

Cimg3628

ホント、普通の住宅街の一角の公園・・・と言ってもベンチがぽつんと一個あるだけの場所に・・・で~ん!と・・・宝の塚ありました。嬉しかったので思わず・・・

Cimg3630 MVと一緒に撮影

つづく

2017年2月20日 (月)

さぁ~て、そろそろ・・・

正月番組でも消化するか・・・

Cimg1234 Cimg1236
 
・・・とか言いながら、去年のサンタクを見る(爆)
 
Cimg1237 AMUプラザのCMがウルトラの母www

2017年2月17日 (金)

今夜放送!見るべし!!

私の幼馴染みでミュージシャン、安部潤くんが音楽を担当、更にカメオ出演も果たしたと言う(笑)「あぶない刑事」シリーズ完結編! 今夜21時~

金曜ロードSHOWにて 16807797_1282477555134484_282133062

TV初放送!見るべし!
 

2016年12月12日 (月)

必見!今夜のテレビ東京・・・

Zipang

 
未来世紀ジパング 
 
10月13日に国民に愛されつつも崩御されたプミポン国王。国父ともいえる国民の心のよりどころを失ったタイの今をレポートするようです。
 
私も先月、タイへ行って現状を見てきました。みんな喪服や黒の服を着て地味になっていましたが通常の社会生活に関しては、いたって普通で、報道されているような印象はありませんでした。しかし、ワット・プラケオ(王室守護寺院)周辺での雰囲気は追悼ムード一色で、弔問に訪れたおびただしい国民の悲痛な表情は見ていられませんでした。
 
日本との関係の深いタイの現状が一体どうなっているのか?如何に、プミポン国王陛下が愛されていたのかの一端が見られるかもしれません。期待して私もテレビの前に座ろうと思います。
 
テレビ東京系 午後10時より~

2016年12月 7日 (水)

地球タクシー「バンコクを走る」

11月25日にNHK-BS1で放送された物を鑑賞。地球タクシーはシリーズもので、前回は台北のタクシーを取材したものが放送されていましたが・・・今回は、満を持して天使の都”クルンテープ”・・・バンコクです。

Chikyu_taxi2 Chikyu_taxi1
 
番組はスワンナプーム国際空港の1階、パブリックタクシー乗り場のフロアから始まる。ドンムアンからスワンナプーム空港に変わってからほとんどエアポートリンクでバンコク入りしていたので知らなかったのですが、タクシースタンドがタッチパネル式のセルフ受付端末で最新型です。撮影隊は客待ちをしていたタクシーに乗り込む。
 
ここでナレーターはここで致命的な間違いを言う。「世界の街を走るタクシー。ドライバー達は誰よりもこの街を知っている」・・・バンコクに限っては嘘です。
 
タイでは2種免許制度が無く、タクシー会社にタクシーのリース代を払えばだれでも営業ができます。よって手軽に日銭が稼げるので田舎から出てきたばかりの人がとりあえずタクシー運転手になる事も多く場所を知らない。更にまともに学校教育を受けたのだろうか?と言う人も多く、まともに地図すら読めない。ベテラン風の年輩ドライバーは老眼でこれまた地図を読めない。「観光客よりこの街を知らない」のがバンコクのタクシー運転手です。
 
立て続けに「マイペンライ(気にしない・大丈夫)を連呼する運転手・・・これぞ、プロ意識に欠けたタイのタクシードライバーを実態を象徴しています。
 
1人目 リンさん バンコクらしいところを走ってください・・・という事で、バンコク都内へ。高速を走っていると、いきなりスコール。そのままワット・トライミット~ヤワラー(中華街)へ。華僑以外に世界中の人達が屋台で食事をしている・・・まるで”タイの縮図”という事でのヤワラーへ連れて行ったようだ。更にパーククローン市場~ワット・プラケオ~ワット・ポーの横を走る。
 
翌朝 托鉢の風景 ~街中で流しのタクシーを探していたらパンフレット片手に近寄って来て営業をかます運転手。1時間で300バーツ(高っけー!)で貸し切る。
2人目ノムさん 彼曰く「1日2000バーツ稼がないと(ガソリン代、タクシーのリース代、食費を差し引いても)利益が出ない。1日12時間走る」そうな。そんな彼に・・・「お昼時なのでいつも食事している所へ連れて行ってくれ」とリクエストする。
しか~し・・・この日は月曜日。露店営業禁止日 目当ての屋台がなかなか見つからず・・・都内を迷走。やはりクーデターで誕生した軍事(暫定)政権の取り締まりが厳しいそうです。制服の着用も取り締まり対象だそうで・・・そう言えば最近見なくなったな!Tシャツ短パンサンダル履きのタクシードライバー(爆) 2時間迷走した後 屋台にありついていた。
 
トゥクトゥク(オート3輪タクシー)の紹介。やたらハイテンションな運転手のトゥクトゥクに乗る。
3人目 ワンさん にぎやかな所に連れて行ってください。と言うリクエストにカオサン通り(映画「ザ・ビーチ」で一躍有名になった安宿街。バッグ・パッカーの聖地)に連れて行く。これまたオクトパス・クラブが映っていて笑った!
 
ザ・オクトパス・クラブ@カオサンImg_0170a
 
夕方5時 番組はタクシー会社の駐車場を訪ねる。(この時間はドライバーの交代の時間で、都内で流しのタクシーを捕まえても会社の方向が違ったりすると公然と拒否されます。)今から出庫する車に乗せてもらう
4人目 ガイさん 元々女性だが心は男 ・・・という、ある意味、妹分(弟分?)みたいな人でした。彼女(彼?)曰く「テクノロジー(インターネット)のおかげでタイの社会は寛容になった。様々な価値観の人がいることを実感できる。」との事。車はスクンヴィット通りからアソーク、ソイカウボーイへ・・・
取材三日目 朝っぱらからトゥクトゥクに乗る。
5人目 ポーンチャイさん (トゥクトゥクドライバー歴10年)緊張気味・・・と言いながら並走する仕事仲間に声をかけたりする。(良くある風景www)彼は5年ローンで70万バーツのトゥクトゥク「ブーンライ(多幸)号」を購入。あと3年ローンが残っているそうな・・・(けっこう大変やね!)
彼はイサーン(東北)地方、シーサケート出身。16歳でバンコクに出てきて皮なめしの工場で勤務。24歳で辞めて一念発起してドライバーになったそうな・・・。
そんな彼にバンコクの好きな所を聞くと・・・ちょっと口ごもり・・・お寺は綺麗だけど・・・車が多くて息苦しい・・・と正直な感想を言った。続いて「歳を取ったら東北地方に帰り、アヒルや鶏を飼ったり魚を養殖して暮らしたい」と夢を語る。
「彼が疲れた時、一息つく場所がある・・・」と言うナレーションの時、映像は・・・私のホームグラウンド・・・プラトゥナムの・・・
 
Cimg0801 インドラ・リージェント・ホテルが映った!
 
なんだか嬉しい!
 
彼が一息つく場所・・・チャオプラヤー川の畔で水を一気に飲んでいる。美味そう・・・
彼は川を眺めて故郷を思い出す。彼にとってはバンコクは慌ただしい。身の丈に合った暮らしがしたい・・・と彼は言う・・・ 
 
バンコクの人口は820万人 バンコクのタクシードライバーの半数以上は地方出身者だと言う・・・
 
6人目 カムロンさん ドライバー歴15年の彼も夢を追ってタイ東北地方から来た。若い頃はムエタイ選手で、今もジムでコーチをしているそうな。13歳の頃ジムに入門。ムエタイ一筋で故郷では無敵。ある日バンコクの大手ジムから声がかかり一攫千金を夢見てバンコクへ。~番組の映像はバイヨークスカイルンピニー公園のラーマ9世像・・・。ラーチャダムヌン・ボクシング・スタジアムで2回試合をしたことがあるそうな。実力重視のムエタイの世界・・・27歳の時、限界を感じて引退。ファイトマネーでタクシーを購入。個人タクシーのドライバーになったそうな。あと2年で個人タクシー営業許可が切れるので故郷に帰ってムエタイジムを開き、自分の手で鍛えた子供をチャンピオンにするのが夢だそうです。
 
7人目 ブロイさん 最後のドライバーは、これまた珍しい、ドライバー歴一年の個人タクシー27歳の女性個人タクシードライバーです。3人の子持ちの彼女は、時間が自由に使えるのでタクシーと言う職業を選んだそうな。(ちなみに旦那も個人タクシー。日勤、夜勤で同じ車に乗っている)。疲れ切った夫を見て自らタクシードライバーに志願、2交代制の夫婦(個人)タクシーを営業する事になったと言う。彼女曰く・・・全く悩み不満は無く、幸せだそうです。(羨ましい!)
 
ナレーション 「何気ない日常 幸せに気づける人が幸せになれるのだろう・・・」
 
この後、彼女と撮影スタッフは酷い渋滞にはまり、夫との交代時間も1時間遅れ・・・でも彼女が言うのはマイペンライ。 
 
スタッフ「自宅に帰るまでタクシーに乗っていて大丈夫か? 家にカメラが入っても良いか?」
ブロイさん「大丈夫。何ならご飯も一緒に食べていく?」
↑如何にもタイ人らしい!www
番組画像に右上の地図ではブロイさんのお宅はチャトチャック近くの集合住宅のようです。玄関先で出迎える旦那と子供・・・
 
ブロイさんの夕食風景~旦那さんの出勤風景で番組は終わる。
 
-------------------------------------------------------------
 
番組は、若き夫婦のタクシードライバー人生に幸あれ・・・みたいな終わり方をしますが・・・こんな人情味あふれるタクシードライバーはバンコクにはほとんどいません!(爆) 
 
行き先行ったら乗車拒否は当たり前、乗せてもらえてもメーターを使わない、支払段階で「チップくれ!」・・・等など・・・イラッとするドライバーがほとんどなので騙されないように!
 
ホント・・・何十人に一回・・・良い人がいるかいないか?の世界です。
 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック