2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト
無料ブログはココログ

催し物

2018年2月14日 (水)

恐竜成分補給!これは行かねば!!

昨年(2017年)10月1日、九大六本松キャンパス跡地にオープンした福岡市科学館で、初となる大きな恐竜の企画展が3月に始まります!

Mainimg2_1
恐竜展は昨年、御船町恐竜博物館の「新発見 恐竜時代の支配者」以来。現在、北九州いのちのたび博物館で開催中の「アクア・キングダム」(~2月25日まで)も見に行きたいど、「恐竜博2016」と内容が被ってそうなんで行くのを躊躇しておりましたが、今回は福岡市内での開催と言う事で遠慮なくいきたいと思います。
 
ひとつ注意点は・・・福岡市科学館は火曜日が休みだという事!人が少ない平日に行く人はそれだけは注意しておきましょう!

2018年1月21日 (日)

熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展 その8 最終回

2018 熊本ドライブ 新春走り初め編 part9

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

県内各地の状況の展示Cimg8464

Cimg8467 展示に入ってすぐ・・・

被災した熊本城天守閣の空撮映像をスクリーンに映し出していました。

撮影に使われたドローンCimg8465

そして・・・最後に控えしは・・・

Cimg8468

阿蘇神社 楼門・神幸門・還御門ミニチュア 1/20スケール

Cimg8469 正面から見てみる

阿蘇神社は、タイのフォークデュオ SanQBandが1ヶ月かけて九州をまわりCDを手売りする・・・と言うリアリティー映画(番組)「九州・ザ・ムービー」(「九州・ザ・シリーズ」)でもロケが行われており、倒壊する以前の姿が収録されています。

Sanq_aso_shrine1

↑「九州・ザ・ムービー」のワンシーンより

Cimg8477 Cimg8478

細かい装飾までよく再現しています。

Cimg8471

私は阿蘇神社へは地震発生の直後の2016年6月に訪れ、倒壊した楼門を目の当たりにしました。その後、昨年9月にも訪れて復旧の具合を見てきました。

阿蘇神社の設計図面 Cimg8475

Cimg8476 切り出し後パーツ

最後に特撮関係者からの応援寄せ書きの色紙

Cimg8480 Cimg8479

Cimg8481 心のこもったメッセージに胸が熱くなった・・・

精巧なミニチュア製作の特撮は日本のお家芸とも言われますが・・・展示をインスタグラムのリアルタイムでアップしている最中も、随時海外の特撮ファンからの驚きのリアクションが次々と入って来て面白かった!そして・・・

実は・・・ドライブを終えて自宅に戻ってから発覚したのですが・・・インスタグラムの知り合いで福島在住の男性が、偶然にもこの日(1月15日)に、この展示を見学に来られていたことがわかって驚きました!世間は狭いもんなんですね~(笑)

意外と、色んな所でSNSで繋がりのある人とすれ違っているかもしれない・・・と、ふと思った出来事でした。

おしまい

つづく

熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展 その7 熊本城の過去・現在・未来

2018 熊本ドライブ 新春走り初め編 part8

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

その先、熊本のテレビ局が制作した熊本地震のニュース映像を見て・・・

Cimg8450

熊本城の過去・現在・未来 の展示。パネル展示がメインです。

Cimg8451 

慶長12年(1607)茶臼山と呼ばれた丘陵地に加藤清正が7年の歳月を費やして築いた名城熊本城が完成します。
 その後、加藤家から細川家に引き継がれた熊本城は、周囲5,3km、総面積98haおよぶ広大な城郭で、大小天守をはじめ、往時は櫓49、櫓門18、城門29がありました。
 西南戦争開戦直前に大小天守や本丸御殿などが消失しましたが、現在も宇土櫓をはじめとする櫓や城門、石垣や堀などが良好に残り往時の姿を偲ぶことができます。
 歴史的な価値のある熊本城は、文化財という側面とともに、熊本の誇りであり、市民、県民のこころのしんぼるでもあります。(案内板より)

Cimg8453 Cimg8454

(左)西南戦争の舞台 (右)明治22年熊本地震の被害

Cimg8456 Cimg8457

(左)2016年熊本地震で被災した大小天守 (右)2017年4月23日飛来したブルーインパルスの展示飛行

Cimg8458 復旧工事の予定図

先程見たニュース映像の解説では、天守閣復旧工事の完了は来年(2019年)1月とのこと!外から見る限りでは、いつまで工事が続くのか・・・まるで見当がつきませんが、天守閣の復旧は着々と進んでいるようです。展示スペースの中央に・・・巨大なジオラマが・・・

これは昔、見たことがあるぞ~!大天守の中に展示してあった・・・

Cimg8459

熊本城 城郭模型 1/500スケール 天守閣内に展示してあった頃の画像はこちらから・・・

角度を変えてみてみるCimg8461

Cimg8462 中央に天守閣が見える

こちらも角度を変えて見てみるCimg8463

つづく

熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展 その6 展示イメージスケッチ~塗装用シート~設計図面

2018 熊本ドライブ 新春走り初め編 part7

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

その先のガラスケースには・・・

Cimg8432 展示イメージスケッチ

Cimg8433 Cimg8434

三池敏夫氏による熊本城展示プランのスケッチが展示されていました。ただミニチュアを作ってしまえば良いや・・・ではなく、どのように見せるのかまで考えられていて驚きました。

オリジナル車模型 Cimg8435

木材のしなやかさを利用し、車独特の滑らかな曲線を表現。塗装のでき上がりは木工に見えないような漆の深みを目指してつややかな色味を施しています。(案内板より)

Cimg8438 Cimg8437

その横にあったおさわりコーナー!そ~っとさわってみる・・・

この先、暗室の中で上映されていたメイキング映像を鑑賞。熊本地震の1年前に催された「特撮博物館」から特撮関係者と熊本市現代美術館との交流があり、震災後、このプロジェクトの立ち上げと現場の視察~模型製作の過程~市民ボランティアと協力して展示までのドキュメンタリーでした。

Cimg8439 建物切り出しパーツ

下見板の木目を魅せるCimg8440 

天守や櫓の下見板は、通常のまっさらなベニヤでは全く木目が出ません。細かな傷をわざとつけることによって、木目で『木』らしさを見てとれることができます。展示では、傷をつけたもの、傷がないもの、レーザーで筋掘りしたものを比較のために並べています。(案内板より)

・・・って・・・アップ画像撮るの忘れたー!sweat02

Cimg8441 塗装用シート

石垣や木目を塗装する際に、模様をつけるために使用するシート。(案内板より)

一見、海藻か何かに見える。Cimg8443

壁面に飾られた設計図面

Cimg8445 Cimg8447

Cimg8448 細かいペンを使って

精巧に書いてある Cimg8449

つづく

熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展 その5 検証用模型~切り出しパーツ

2018 熊本ドライブ 新春走り初め編 part6

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

メインのミニチュアセットの横に長机があって・・・

Cimg8413

作業してた机がそのまま展示されていました。

ミニチュア設営作業台 設営作業時に実際に使用されたものです。(案内板より)

Cimg8415 Cimg8416

机の上にはミニチュアに使った人の写真や工具

塗料缶など置いてある。Cimg8417

この後メイキング映像を見たのですが、熊本市民もボランティアでミニチュア製作に携わったそうです。

Cimg8418宇土櫓・傾斜のある櫓

特徴的な宇土櫓の傾斜のある石垣、櫓を再現しています。こちらの展示は、さらに傾斜の歪みを強調した模型であり、宇土櫓の特徴的な傾斜を表現しています。(案内板より)

検証用模型 Cimg8420

大・・・破風や瓦の位置関係を整理し、全体像を把握するために制作した、検証用の模型です。
小・・・石落の角度や城との構造の食い違いが生まれないよう検証するための模型です。(案内板より)

Cimg8422 小天守の屋根

天守屋根の破風は、しなやかさを表現するため曲線を計算したパーツを組み込んでいます。また素材のシナベニアの柔らかさを活かしながら迫力ある勾配をつけて、下側に垂木を丁寧に整列させることによって、反りをより美しく魅せることができます。(案内板より)

その先、壁面にズラリと展示された板材。これらは・・・

Cimg8424

レーザー切り出し後パーツ パーツごとに計算したデータをもとにベニヤ等の木材をレーザーで切り出していきます。全体像を把握した上で、組み立てた際にパーツとパーツに食い違いが生まれないよう慎重に計算し、素材の硬さに合った切り出しを行っていくことも重要です。(案内板より)

Cimg8426 Cimg8427

DIYの木工作の型の様に見えます。

Cimg8428 更に先の・・・

ケースに入った模型はCimg8429

瓦 丸棒と槍工材にレーザーで切込みを入れ、交互に並べることで瓦を表現しています。破風同士の屋根瓦はつじつま合わせをすることで、より整列した美しい印象を与えることができます。つじつま合わせには骨組みするパーツから計算する必要があります。(案内板より)

Cimg8430 屋根瓦の一枚一枚・・・

本当に組んであるように見えます。

つづく

2018年1月20日 (土)

熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展 その4 住宅街ミニチュアセット

2018 熊本ドライブ 新春走り初め編 part5

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

Cimg8398

住宅街ミニチュアセット 1/25スケール

Cimg8399 Cimg8400

大通りから住宅街が再現されています

Cimg8401 民家の脇から見える天守

大通り・・・どの辺りだろう?Cimg8403

Cimg8404

こうやって見ていると、熊本城は熊本の人たちの日常に溶け込んでいたんですね・・・。それにしてもこのミニチュア・・・

通りの車は勿論ですが・・・Cimg8406

Cimg8405 ベランダに人や洗濯物

Cimg8407 Cimg8408

(左)昼寝をする猫やら・・・(右)庭先で空手の稽古をする人やゴミ袋・・・

Cimg8409 Cimg8410

(左)犬小屋の犬 (右)自動販売機など・・・細かいところまで作り込んである!

Cimg8412 何気に通りを見ると・・・

道路の真ん中にくまモンが!Cimg8411

電車通りミニチュアセットと住宅街ミニチュアセットは、ウルトラマン等のTV番組で使われたものを流用したそうです。

これらのミニチュアセットは1日5回 時間限定でライトアップされていますが、この時はタイミングが合わずにライトアップを見ることが出来ませんでした。^^;

つづく

熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展 その3 熊本城天守閣~宇土櫓のミニチュア

2018 熊本ドライブ 新春走り初め編 part4

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

Cimg8385

中央に 熊本城 天守閣ミニチュア  1/20スケール

正面から見た所   Cimg8386

板壁の色合いから屋根瓦の一枚一枚まで精巧に作られています。

Cimg8388 天守閣の入り口

熊本地震前の熊本城天守閣の様子はこちらから

Cimg8389

大天守の裏に回る・・・。熊本地震前、最後に行った時は、この下の広場の隅の喫煙所で煙草吸ったな~・・・等と、どうでもいいことを思い出した。(笑)

Cimg8390 小天守側から見る

そして天守閣の横には・・・

Cimg8392

熊本城宇土櫓ミニチュア 1/20スケール

長廊下側から見る Cimg8395

Cimg8396 宇土櫓の入り口

熊本地震前、最後に宇土櫓の中に入った時の様子はこちらから。

Cimg8397

宇土櫓越しに天守閣を眺める・・・

つづく

熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展 その2  落下瓦・石材~電車通りミニチュア

2018 熊本ドライブ 新春走り初め編 part3

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

天守再現プロジェクトのあらましと、熊本出身の特撮美術監督 三池敏夫氏 ミニチュア設計・制作の伊原弘氏 ミニチュア制作 株式会社マーブリングファインアーツ社のパネルでの紹介に続き・・・

Cimg8372

床面に並べられた瓦礫・・・

Cimg8373 Cimg8374

熊本城落下瓦 2016年熊本地震により、天守閣から落下した復元瓦。現在の天守は1959年に再建工事が始まり、翌1960年に竣工しました。再建にあたり市民からの寄付金を募るため「瓦募金」が行われました。瓦の裏面には募金者の住所と氏名が墨書きされています。(案内板より)

その横には石垣の石 Cimg8375

熊本城 石垣石材 安山岩 2016年の熊本地震により、熊本城の石垣は50ヶ所あまりで崩落。それらの石材は回収されて城内の広場に一つ一つならべて、もとの位置を特定して今後積み直していきます。なお石材の角に刻まれている四角いくぼみは「矢穴」と言って、石を割るために掘った穴の跡です。(案内板より)

Cimg8377 登録番号が打ってある

崩壊した石垣の復元の話は報道を始め各種メディアで聞いてはいましたが・・・想像するだけで気の遠くなるような話です。

その先に、本展示のメインであるジオラマが・・・

Cimg8378

電車通りミニチュアセット 1/25スケール

大通りには熊本市電 Cimg8380

Cimg8381 アーケードに沢山の人

Cimg8382 Cimg8383

周辺の建物も良く出来ています

Cimg8384 つづく

熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展 その1 エントランス

2018 熊本ドライブ 新春走り初め編 part2

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

パルコの前を通り・・・Cimg8354

さて今回、熊本にやって来た理由は・・・熊本市現代美術館で開催中の催し

Kumamoto_event

熊本城×特撮美術 天守再現プロジェクト展を見るためです!熊本現代美術館へは丁度、熊本地震の1年前「館長庵野秀明 特撮博物館」を見に行って以来です。あの時、最初に行ったのが火曜日・休館日で、仕方なく熊本城を見て帰って来ましたが・・・それが震災前最後の熊本城見学となりました。

Cimg8355 エスカレーターを登って・・・

3階に上がると美術館の玄関があります。

玄関に飾ってあった鏡餅 Cimg8356

企画展会場へ向かうと入口前にど~ん!と・・・

Cimg8357

熊本城木軸模型 縮尺1/10 この模型は昭和35年に製作され、熊本城の天守閣の中に展示されていたものです。天守閣の修復工事にともない、当館に一時的に保管されることになりました。[展示期間]2017/6/16~天守閣工事終了まで(案内板より)

熊本城天守閣の中にに飾ってあった頃の様子はこちらから。

Cimg8358 まさかこんな形で再会するとは・・

思わず回り込んで見る Cimg8359

入り口で当日券(1000円)購入!中に入る。入り口の案内を見るとフラッシュを焚かなければすべての展示の撮影はOKだそうで・・・これもinstagramを始めとするSNSでの宣伝効果を狙ったものだと思われ・・・なかなかいい傾向だ!

Cimg8361

中に入ると・・・いきなり目の前にシャチホコが!向かって左側が一際大きい・・・

Cimg8362 大天守鯱

1959年 鬼師 鈴木吉治・啓之 製作 高さ155cm 幅47cm 重さ約100kg

そして右側には・・・

小天守鯱  Cimg8363

1959年 鬼師 平一・平二・平三 製作 高さ130cm 幅40cm 重さ約80kg

Cimg8366 大天守鯱のアップ

なかなか迫力があります。Cimg8367

つづく

2018年1月 4日 (木)

新年早々ちょっくら・・・

003731_001937_1400417712 <お出かけしますよっと!

今日は夕方から幼馴染の新春恒例LIVE ↓を・・・

Jyuna_nylive2018

冷やかしに鑑賞しに春吉に行ってきます。お近くの方はご近所お誘い合わせの上ご来場ください。

新春恒例! 安部潤&池田達也 正月セッション

【メンバー】

安部潤(pf&keyb) 庵原良司(sax) 伊藤ハルトシ(g&cello) KOTETSU(vo&tb)今村慎太郎(ds) 池田達也(b)

【日 時】

2018年1月4日(木)開場 18:00 開演 19:00 (入替無し 2ステージ)

【会 場】

NEW COMBO 【福岡】 http://www.f2.dion.ne.jp/~combo/

福岡市中央区渡辺通5-1-22

【料 金】 

前売 ¥4,000 当日 ¥4,500 学生 ¥3,000 +要オーダー

【お問い合わせ】

NEW COMBO 092-712-7809

より以前の記事一覧