2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

催し物

2018年9月14日 (金)

そもそも、今回のタイ旅行のメイン・・・

GREEN CONCERT#21 DANCE FEVERとはどんなコンサートだったのか?

Green_concert21_dance_fever

・・・と言いますと・・・

1990年代末~2000年代頭初にかけて、タイの2大メジャーレコード会社の一つGMM(グランミー)で活躍した歌手が大集結するコンサートで、2013年夏に催されたPARTY REUNION CONCERTを更にスケールアップしたようなコンサートでした。

コンサート終了後、YOUTUBE等の投稿サイトにはコンサート当日の模様が次々とアップされておりました。その中でこのイベントの様子が良くわかる動画があったので貼っておきます。

クレーンなどを使った大がかりな撮影隊も入っていたのでDVDなどの映像ソフト化もされるでしょう。コンサートのリポートは後日、旅行記の中で・・・こうご期待!

2018年8月22日 (水)

スター・ウォーズ in コンサート JAPAN TOUR 2018 福岡公演に行ったYO!

Main スターウォーズinコンサート2018が開催される・・・と言う事で・・・ふぅ~ん・・・とか思っていたら・・・なんと今年は福岡にもやって来る!と言う事で、思わずチケットを衝動買い!

思えばこの手のコンサート・・・80年代大ヒットしたジョン・ウィリアムズがスコアを手掛けた映画のコンサートは、数年前から東名阪中心に催されていたのは知っていたのですが、なかなか休みを取って行くまでは無かった。しかし、今回は嬉しい事に、私の住む福岡に来てくれる!・・・しかもシリーズのサウンドトラックの中でも一番好きな「新たなる希望」を上映(演奏)と言う事で心躍ります。

・・・とは言え、チケットを買ったのは4月27日・・・まだまだ先の話と思っていましたが・・・ついに当日を迎えてしまいました。

コンサートツアーは8月4日 大阪からスタート。名古屋、静岡、東京、札幌、仙台と廻り、九州初公演にして最後の地方公演、福岡・・・そして東京に戻り、9月1日、2日の国際フォーラムで終了・・・と言う、1ヶ月かけたフルオーケストラの全国ツアーです。

8月21日(火)

17:50 会場の福岡サンパレス ホテル&ホールに到着。サンパレスは昔、日本の某3人組のコンサートが必ず春と秋に来るので、年2回来ていたのですが・・・最近はご無沙汰しておりまして・・・私的には2015年に催された・・・

Cimg3694 CS&N以来に来た!

Cimg3697  Cimg3695

入口にはフォトスポットなんかもあったりする。会場には私と同世代・・・最初のスターウォーズをリアルタイムで劇場で鑑賞した世代から・・・多分、公開時は生まれてなかったであろう今時の若者~更には小さな子供まで・・・世代を超えて集結!

中に入ると・・・物販の他、もう一カ所フォトスポット、そして・・・ロビーコンサートなんかがあってたりして盛り上がる!↓動画はクリックで再生

私も調子こいてフォトスポットで写真を撮ってもらう。スタッフのお姉ちゃんに「気合入ってますね~!」とか呆れられながら(爆)・・・ハイチーズ・・・ならぬ・・・

はい!ルーク!39913134_10215132602256027_27463014

会場はこんな感じ 39812822_10215131269342705_91271757

19:00 20世紀FOXのファンファーレと共にスターウォーズinコンサート2018 @福岡サンパレスは始まったのでありました。

途中20分の休憩時間を挟み・・・

Cimg3707 21:40 コンサート終了

コンサートの感想はこちら。アンコールに「帝国のマーチ」位やってくれるのかな?とか思っていましたが・・・あっさり終わりました。(笑) 今回初めてこの手のコンサートに参加しましたが・・・やはりあの頃のジョン・ウィリアムズのスコアは半端ではない。機会があれば・・・他の作品も見てみたいけど・・・なかなか地方ではないのが残念!

夜のベイサイドプレイス博多を歩く・・・↓動画はクリックで再生 


コンサートの余韻を楽しみながら車を止めている駐車場へ歩くのでした。

おしまい

2018年8月20日 (月)

恐竜展Ⅲ @佐賀県立宇宙科学館 part7 最終回

2018年 佐賀ドライブ 恐竜展編 その9

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

Cimg3499

ディロフォサウルス ”映画ジュラシック・パークで有名に!”と案内板にありましたが・・・どのシーンかと言うと、映画中盤、待遇に不満を持つシステム担当のネドリーが、台風が迫る中、大金目当てに恐竜のクローンを持ち去って、道に迷い襲われるシーンです。

Dedbxcovwaeduvz

首のまわりのフリルが特徴的ですが・・・実は・・・sweat02

何と言っても映画『ジュラシック・パーク』シリーズに登場する、エリマキトカゲのようなフリルを持った姿が印象的。最も、このフリルを持った姿は映画関係者による全くの想像に寄るもので、化石ではディロフォサウルスがフリルを持っていた証拠は見つかっていない。(ピクシブ百科事典より)

確かに映画版よりでかいしCimg3501

フリルを持っているような感じではない。

Cimg3503 Cimg3502

しかし・・・こんなのに襲われたらひとたまりもないだろうな・・・

Cimg3506 その先ガラスケースの展示

ジュラ紀の化石 不動寺康弘コレクション 唐津市在住の化石採集家 不動寺康弘さんのコレクションの展示です。

Cimg3507 Cimg3508

(左)層孔虫(右)タムナステリアの一種腕足類

Cimg3509 Cimg3510

引き出しの中にもジュラ紀の化石が収めてあります。

奥の突き当りには・・・Cimg3511

Cimg3513   Cimg3512

日本でのジュラ紀の地層、岩石の紹介 よ~くみてみると・・・岩の隅に・・・

アンモナイトがあったりするCimg3514

Cimg3515 素人目には唯の石の塊ですが

貴重なものなんでしょうね^^;Cimg3516

「そして白亜紀へ」・・・と題したパネルと

Cimg3518

恐竜のフィギュアで展示は終了~!

恐竜展Ⅲは9月2日まで佐賀県立宇宙科学館にて開催中。

佐賀県立宇宙科学館公式HP

つづく

恐竜展Ⅲ @佐賀県立宇宙科学館 part6 魚竜~昆虫

2018年 佐賀ドライブ 恐竜展編 その8

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

更に壁面展示は魚竜へ・・・

Cimg3487 イクチオサウルス

Cimg3488

ステノプテリギウス  水棲爬虫類の仲間です。

手のアップ Cimg3489

これだけ見たらイルカの類の手に似ている。

ステネオサウルス Cimg3490

Cimg3492 Cimg3493

形状は、ほぼ現代のワニと変わらない。背中の皮膚の感じも生々しい・・・

Cimg3494

(左)ワニ類化石 (中)カメ類化石 (右)ウンキナ属の一種

Cimg3495 Cimg3496

(左)見え難いですがカブトガニ メソリムルス(右)トンボやエビなどの化石

Cimg3497 こちらも見え難いですが・・・

(上)タガメ (下)甲虫類

Cimg3498 Cimg3505

(左)新聞紙の上に置かれた板状の化石 佐賀県宇宙科学館のスタッフが、本展示会に合わせてドイツのゾルフォーヘン周辺での化石発掘を行った様子をVTRで紹介していました。

壁面のパネル展示では・・・Cimg3504

308378 ←このポスターイラストを描いた・・・

恐竜くんがアメリカ ワイオミング州モリソン層を訪れた時の様子を紹介していました。

つづく 

恐竜展Ⅲ @佐賀県立宇宙科学館 part5 翼竜~魚竜

2018年 佐賀ドライブ 恐竜展編 その7

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

その先、壁面ガラスケースには・・・

Cimg3470

Cimg3471 ランフォリンクス

こちらもランフォリンクスCimg3473

---------------------------------------------------------------

300329sab 生体復元図

---------------------------------------------------------------

Cimg3475 Cimg3477

(左)クテノカマス (右)同じく クテノカマス

---------------------------------------------------------------

生体復元図 Kutenokamasu

櫛のようなくちばしが特徴。化石の大きさは20㌢位。意外とちっちゃい生き物のようでした。

---------------------------------------------------------------

Cimg3479 Cimg3481

(左)プテロダクティルス (右)同じく プテロダクティルス

---------------------------------------------------------------

Pterodactylus_l 生体復元図

---------------------------------------------------------------

Cimg3483

プレシオサウルス属の一種 これはでっかい!

Cimg3484 頭だけで2㍍はあるぞ!

つづく

2018年8月19日 (日)

恐竜展Ⅲ @佐賀県立宇宙科学館 part4 植物化石~ステゴサウルス

2018年 佐賀ドライブ 恐竜展編 その6

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

Cimg3452 さらに進むと・・・

ガラスケースに入った展示 Cimg3455

草食恐竜たちの餌となったと考えられる植物の化石の展示です。

Cimg3456 Cimg3457

(左)シダ類の化石 オニギオプシス(右)シダ類の化石 クラドクレビス 葉っぱの形がそのまま残っています。

Cimg3458 プチロフィルム

ソテツ類の化石だそうです。

更にその先も、植物化石 Cimg3459

Cimg3460 Cimg3461

(左)球果類の球果の化石 アラウカリテス (右)イチョウ科の化石 ギンコ どちらもそのままの形で化石化していてビックリ!

Cimg3453 Cimg3454

先程の始祖鳥の化石の前から”なぞの足跡”が床に描かれていたのですが・・・ここで答え合わせ。・・・そして・・・

Cimg3462

ステゴサウルス 全身骨格

頭ちっちぇ~! Cimg3463

背中の背板 Cimg3464

Cimg3465 尾っぽのトゲ

手前にガラスケースに入った展示には・・・

Cimg3466

ステゴサウルス 背板 Cimg3467

Cimg3469 ステゴサウルスの歯

これが拡大鏡でないと見えないくらいちっちゃいんだ!

つづく

恐竜展Ⅲ @佐賀県立宇宙科学館 part3 鳥類の祖先

2018年 佐賀ドライブ 恐竜展編 その5

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

Cimg3431 Cimg3430

現在のシダ植物・被子植物の展示。恐竜が生きていた時代・・・シダや蘇鉄などが全盛を誇っていて・・・それらを草食恐竜が食べていたんですね・・・。

ゴンドワナ大陸の岩石 Cimg3432

ゴンドワナ大陸と言うのは約6億年前から2億年前に存在したと考えられる超大陸です。

Cimg3433 Cimg3434

大陸が集合分散する過程で境界部には巨大な圧力と高温が生じ、グラニュライト相と言う変成岩とチャーノカイトと言う岩石ができるそうで、それらを調べることで、大陸のどこが合体していたかを調べることができます。

Cimg3435 その向かいには・・・

ズラリと並んだ板状の化石 現生鳥類の祖先、始祖鳥の化石です。

Cimg3436 Cimg3437

(左)ロンドン標本 (右)ベルリン標本

Cimg3438_2 Cimg3440

(左)マックスベルク標本 (右)ハールレム標本 

Cimg3441 Cimg3439_2

(左)アイヒシュテット標本 (右)ゾルンホーヘン標本

Cimg3442 Cimg3443

(左)ミュンヘン標本 (右)比較としてキジの剥製 最新の研究では始祖鳥の翼の骨のねじれに対する強度がキジやウズラに近いと言う事がわかっており、短い距離を飛行したのではないかと考えられているそうです

Cimg3444 コンプトグナトゥス   

小型の羽毛恐竜です。

クローズアップで見てみる Cimg3447

Cimg3449 Cimg3450

(左)アンキオルニス (右)化石のアップ アンキオルニスの羽毛には色素が残されていて初めて色が判明した恐竜です。写真左の上、復元図を見ると羽毛恐竜と言うよりもはや鳥のようです。

つづく

恐竜展Ⅲ @佐賀県立宇宙科学館 part2 アロサウルスvsディプロドクス

2018年 佐賀ドライブ 恐竜展編 その4

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

入場して正面に巨大な全身骨格標本が2体

Cimg3408 アロサウルスvsディプロドクス

ディプロドクスを襲うアロサウルスの様子を再現しています。

アロサウルス Cimg3409

Cimg3410 何でも咬みちぎる歯

手はしっかりしているぞ!Cimg3411

対するディプロドクスは・・・大きすぎて納まりきれない!

Cimg3415 後ろから・・・

背骨を背中から見る!Cimg3416

Cimg3417 迫るアロサウルス

全体の展示の様子 ↓動画はクリックで再生

この展示を取り囲むように、関連する化石が展示されています。先ずはお楽しみ・・・

おさわりコーナー!Cimg3413

カマラサウルス 大腿骨(本物)

Cimg3414 そ~っと触ってみる。

アパトサウルス 椎骨 Cimg3418

椎骨の中央に空洞が見られます。この空洞には袋状の器官である気嚢が納まっていて効率的に呼吸ができる上、骨の軽量化にも役立っていたと考えられているそうな・・・

Cimg3419 ハドロサウルス 下顎

Cimg3421 Cimg3422

(左)アパトサウルス 座骨 (右)右側のアップ 咬まれた跡が残っています。

ケラトサウルス 上顎 Cimg3424

Cimg3425 Cimg3426

(左)左)アロサウルス 脳幹 右)同 歯 (右)上)アロサウルス かぎ爪 下)同 下顎

Cimg3427 Cimg3429

(左)マッソスポンディルス 頭骨 この頭骨は無料で公開されているデータをもとに3Dプリンターで製作されたものだそうです。(右)3Dデータでタブレット上でも自由自在に観察できる。

つづく

恐竜展Ⅲ @佐賀県立宇宙科学館 part1 エントランス

2018年 佐賀ドライブ 恐竜展編 その3

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

小雨の降る中・・・第三駐車場から傘をさして歩くこと数分・・・

Cimg3383

12:00 佐賀県立宇宙科学館に到着! 中に入ると・・・

shock物凄い人!shockCimg3384

武雄中の家族連れが、台風で行く所がないので集まって来た感じwww

チケット売り場へ行くと・・・恐竜展だけのチケットと言うのは無くてチケットは常設展プラネタリウム常設展+プラネタリウムの3種類(+年間フリーパス)で、恐竜展は常設展の会場で見られるということです。

Ryoukin 料金体系(クリックで拡大)

↑佐賀県立宇宙科学館HPより

常設展チケット(510円)購入Cimg3389

チケットはステッカー型で衣類の見えやすい所に貼って入館。その日の内なら何度でも再入場可能です!チケット売り場の向かい(常設展の外)では、すでに恐竜展Ⅲの展示が始まっていて・・・

Cimg3387 メガロサウルスの顎の骨

その横には・・・うぉぉぉ~ん!と鳴き声をあげながら・・・

Cimg3385

うごめくステゴサウルスのアニマトロニクス。全長5,7㍍の生体復元ロボットです。

つぶらな瞳が可愛い Cimg3386

↓動画はクリックで再生

Cimg3390 Cimg3392

(左)ジュラ山脈の石灰石 ”ジュラ紀”という名称は19世紀初頭、フランスとスイスの国境にあるジュラ山脈にある石灰質層にちなんで、フランスの地質・鉱物学者であるアレクサンドル・ブロンニャールによって提唱されました。(案内版より) 

おぉ!知らんかった。もし違う場所で名前がつけられていたらジュラシックパークのタイトルも変わっていたかもねww(右)ウォレミマツ(ジュラシックツリー)約2億年前から生き続ける現存する最古の種子植物だそうです。

Cimg3394

入口にあった大きな記念撮影用の書き割り。魚博士はさかなクン・・・恐竜博士は恐竜くん・・・と言う事で、恐竜くん作だそうです。調べたら恐竜くん公式HPもありました(笑)

この恐竜展が始まっておよそ1ヶ月たった8月13日、来場者5万人をを突破したのが大きく表示されていました。

Cimg3395 Cimg3396_2

入口横にはライフツリーと恐竜のフィギュア・・・ここからは先はチケットが無いと見れません。係の人に胸に貼ったステッカー型チケットを見せて会場へ入る!会場内は家族連れでごった返している!先ずは壁際の展示から・・・

セネガルカメレオン Cimg3397

Cimg3399 ワニトカゲ

チリメンナガクビガメ Cimg3401

Cimg3404 アリゾナヤマキングヘビ

・・・って・・・爬虫類展やんか~ww

つづく

2018年8月14日 (火)

メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part15 最終回

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

出口にはショップがありました。

Cimg3329 ぬいぐるみが・・・

可愛い~!ほ・・・ほすぃい~!

Cimg3332 Cimg3330

ぬいぐるみの他、メガ恐竜博オリジナルのお土産お菓子なんかもある。

欲しい気持ちをグッとこらえてCimg3331

図録を探すも・・・残念ながらありませんでした。物販コーナーを過ぎると・・・

Cimg3334 Cimg3333

(左)仕切られた向こうにプテラノドンとトリケラトプスがいるぞ!(右)アミューズメント・コーナー入口。ここからは別途チケットを買って遊具で遊べるようです。

Cimg3336 中央にティラノサウルスが!

脇には・・・

小さな恐竜が待機中 Cimg3338

ちょうど、タイのバンコクに期間限定でオープンしていたダイナソー・プラネットダイノ・ファームのようなコーナーです。丁度、ガキんちょが乗った!

Cimg3337 <どけどけ~!

兄ちゃんまって~!>Cimg3340

休憩所の脇には・・・

Cimg3339 露店が並ぶ・・・

まるで夏祭りのような感じです。

Cimg3341 出口付近に・・・

エアで膨らんだティラノサウルス!

なかなか迫力ありますwwwCimg3342

「メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる」は、9月2日まで 西日本総合展示場 本館 にて開催中です!

15:00 再入場不可の会場を出る。遠くに・・・

Cimg3343 新日鐵住金の煙突が見える

この日(8月7日)は、東京で単身赴任している小中学校時代の同級生、corugenさんが早くも盆休みを取って帰省で新幹線で移動中の様子をSNSでアップされていました。偶然にも「まもなく小倉に到着するから、良かったら昼のみしませんか?」と言うお誘いが、メッセンジャーに入っていました。

Cimg3344 新幹線改札で待つことしばし

15:30すぎ およそ2年ぶりにcorugenさんと再会!そのまま小倉駅のエキナカひまわりプラザにある竹乃屋に入る。ここは以前、小倉に宿泊した時に独り飲みした場所です。

Cimg3345 Cimg3346

Cimg3347 corugenさん元気そうでした!

久々の再会、何でもない話で盛り上がって・・・

すっかり酔っ払い~www38802613_10215023395485926_34366092

この後、新幹線で博多へ戻ったのでした!

おしまい

より以前の記事一覧

最近のトラックバック