2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

寺社・仏閣

2018年6月23日 (土)

ついに猫と遭遇する!~牧神社

猫チャレンジ 地島編 part8

13:35 白浜漁港に到着Cimg2528

それにしても・・・猫の島なのに、道中1匹も見なかったなぁ・・・と思っていたら・・・

Cimg2529

猫がいたー!どうにか写真を1枚!慌ててスマホを取り出そうとすると・・・逃げていってしまった。もう1匹見かけたが・・・あっという間にいなくなった。周りを見回しても既に遅し・・・・

猫と遭遇した場所の民家の隣に・・・

Cimg2530 牧神社

せっかくなのでここも登ってみよう!

鳥居をくぐって・・・Cimg2531

Cimg2532 Cimg2533

階段を登る。海を眺めるようにお地蔵様がならんでいる。

Cimg2534 拝殿

振り返った眺め・・・Cimg2535

猫を探しがてらぶらぶら・・・。とても営業しているとは思えない・・・

Cimg2536 お食事処 なごみ

そして、開いているのか閉まっているのか謎・・・

漁村センターと購買所 Cimg2537

横には数え切れないほどのビールの空き瓶がケースで積まれていました。いやぁ~・・・島民の皆さんは大変だろうな~

つづく

地島上陸~厳島神社

猫チャレンジ 地島編 part5

Cimg2481 ぴろQ 地島初上陸!

私以外は数人の釣り客を降ろして・・・早々に白浜漁港に向けてニューじのしまは出航していった。

Cimg2480 Cimg2482

(左)小さな漁港の風情が良い味出しています。 (右)渡船 泊待合所 ポップな感じにペイントされています。その横には・・・

Cimg2483 Cimg2484

(左)離島によくある、密漁禁止の警告看板 (右)地島の観光地図 地島マップはこちら(pdfファイル) 地島には島民の幹線道路となる県道608号線が1本通っているだけで、島の名物 椿の花を見ながら歩くつばきロードなる遊歩道・ハイキングコースがあるのみ。

さて・・・猫はどこにいる?Cimg2485

・・・全然見当たらない~!

Cimg2487  Cimg2486

とりあえず進んでいくと・・・

Cimg2488 神社発見!

厳島神社 Cimg2489

Cimg2490 この階段が急で長い!

せっかく来たので登ってみる。息を切らせながら休み休み・・・

頂上にあった拝殿 Cimg2491

Cimg2492 拝殿横の祠

拝殿の右側には・・・

西光寺が見える Cimg2493

振り返ると・・・

Cimg2494 泊漁港が一望

へたりながら・・・どうにか階段を降りて・・・公園で一服。smoking

紫陽花が綺麗だ・・・Cimg2495

周りを見回すも・・・猫一匹見当たらない・・・本当にここは猫の島なのか?

つづく

2018年6月 4日 (月)

青島神社 後編

宮崎ドライブ 2018 その20

拝殿右横に・・・

門があって更に奥へ・・・Cimg2281

ここからさきは御成道です。入ってすぐ・・・

Cimg2284 Cimg2283

奉納された絵馬がびっしり!中にはハングルで書かれたものも目立つ。あいつら日本の事を嫌いなのに何で来てるんだ?そもそも神社(神道)の頂点が天皇陛下だという事を知っているのか?

Cimg2285 両脇には亜熱帯植物が繁る

この原生林は・・・・Buratamori

先日放送されたNHKのブラタモリ#100宮崎 でも放送されていた!

Cimg2286 更に先にはハートマーク

恋愛成就のハート型の絵馬が奉納されています・・・

Cimg2287 Cimg2296

周りはまるでジャングルwww 

突き当りに祠があります。Cimg2289

元宮(もとみや) 青島の中央に位置し、弥生式土器や獣骨などが出土しているそうです。

Cimg2291 Cimg2290

本宮の狛いぬわんわん・・・

Cimg2292 Cimg2293

横には”天の平瓮投げ”があります。平瓮(ひらか)とは、古くから神事で吉凶を占う素焼きの皿で、これを投げることで願いが叶うかどうか?占うという代物です。

元宮の横には・・・Cimg2294

真砂の貝文 再び来た道を戻り・・・入口横には・・・

Cimg2298 巨人軍の選手が奉納した

絵馬がズラリ。やっぱり宮崎はジャイアンツ人気が根強いね~!

参道を戻ると・・・

Cimg2299_2 33129642_10214452987266077_143400_2

玉の井という祠。紙に願い事を書いて瓶の中の水に溶かすと願い事が叶うそうです。

Cimg2301 Cimg2302

お土産屋の招き猫に、さようならを言って・・・ 青島神社を出る

目の前に鬼の洗濯岩 Cimg2303

33199063_10214452880183400_83363091<記念に一枚!

太平洋から打ち付ける波を見ながら・・・

さらば青島・・・ Cimg2304

Cimg2305_2 つづく

青島神社 前編

宮崎ドライブ 2018 その19

いよいよ青島神社へ・・・

青島神社(あおしまじんじゃ)は、宮崎県宮崎市青島にある、青島のほぼ中央に鎮座する神社で、周囲1.5kmの青島全島を境内地とする。旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社。

青島は全島が熱帯・亜熱帯植物の群生地として、国の特別天然記念物に指定されている。(wikipediaより)

Cimg2263 境内が見えてきた・・・

Cimg2264 Cimg2265

両脇に狛犬わんわん

中に入ると・・・Cimg2266

やはりアジア系外国人観光客が目立ち、大声で会話するのが聞こえてきた。

頼む!もう少し小さな声で喋ってくれ!

Cimg2267 お土産屋&カフェの前 埴輪

Cimg2269 Cimg2268

(左)参道が伸び奥に楼門~拝殿 (右)参道より右奥に建っていた建物

Cimg2270 Cimg2271

花もきれいに咲いている!

参道を進むと・・・Cimg2272

おみくじやお守りを売っている横に・・・

Cimg2273 Cimg2274

(左)手水舎 (右)竜の口から水が出ています。

Cimg2275_2 楼門をくぐると・・・

拝殿 Cimg2276

左側には・・・

Cimg2277 Cimg2278

(左)石神社 (右)おもかる石 

拝殿右側に 海積神社 Cimg2279

その向かいのお守りを売っている所で・・・大量の・・・

Cimg2280 魚の形をしたお守りが・・・

これを見てなぜだか・・・さかなさかなさなか~♪さかな~を食べると~♪が頭の中に流れた。

つづく

2018年5月13日 (日)

ぴろQの博多ぶらぶら 2018春 その1 諸岡淡島神社~猿田彦大神

去る5月10日(木) この日はお休みで、特に予定も入ってなかったので、一日中ゴロゴロしてようかと思っていましたが、翌週には病院の検診へ行かなければならないし、日頃、運動不足気味なので近所をほっつき歩く事にしました。

Cimg1798 9:00 自宅を出発

博多区の住宅街を歩くCimg1799

Cimg1800 住宅街の真ん中にポツンと祠が・・

諸岡 淡島神社です。Cimg1801

私が子供の頃、この祠は木造で、お供え物の所に、束ねられた髪の毛が供えてあったりして、夜にこの前を通ろうものなら、チビってしまいそうな位怖かったものですが・・・いつの間にやら改築されて鉄筋コンクリートになっていました。

Cimg1802 更に住宅街を歩くと・・・

猿田彦大神 Cimg1803

そう言えば・・・あったあった!昔っからここに猿田彦大神の石碑。調べて見ると・・・

サルタヒコ、またはサルタヒコノカミは、日本神話に登場する神。『古事記』および『日本書紀』の天孫降臨の段に登場する(『日本書紀』は第一の一書)。天孫降臨の際に、天照大神に遣わされた瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を道案内した国津神。『古事記』では猿田毘古神・猿田毘古大神・猿田毘古之男神、『日本書紀』では猿田彦命と表記する。伊勢国五十鈴川のほとりに鎮座したとされ、中世には、庚申信仰や道祖神と結びついた。(wikipediaより)

通りを突き当たり、東方向(旧3号線方向)へ進むと・・・福岡市地域包括支援センター 老人いこいの家なる小さな建物があって、その前に・・・

Cimg1804 学校跡碑

これぞ、私、ぴろQや世界的キーボード奏者の安部潤くん・・・そして武田鉄矢さんの母校でもある板付小学校が元々あった場所で、創設当時は那珂尋常高等小学校と言う名前だった場所であります。私が小学生の頃に100周年を迎えて、この場所に石碑が建って、みんなで見学に来たのを覚えています。

諸岡川を渡って・・・Cimg1805

歩いていると・・・民家の軒先に・・・

Cimg1806 ぶら下がった鯉のぼり

更に住宅街を歩く・・・Cimg1807

つづく

2018年3月18日 (日)

有楽町電気ビルヂング~有楽稲荷神社

2018年 青春18きっぷの旅 春 第1弾 その25

有楽町のガード下は小さな立ち飲み屋が沢山あって・・・

Cimg9853 懐かしい雰囲気bottle

大都市の中心で昭和の風情を残している貴重な場所です。福岡にはもうこんな場所は無いなぁ・・・。

19:00 そう言えばこの近辺のビルの中に喫煙所があったはず・・・

有楽町電気ビル Cimg9857

Cimg9854 地下が飲食店が入ってて

喫煙室みぃ~つけたっCimg9855

Cimg9856 ようやく安心して一服smoking

一服を終えて電気ビルを出ると目の前に小さな祠がありました。有楽町電気ビルヂングのwikipediaに、このお稲荷さんの事が少し載っています。

Cimg9858

有楽稲荷神社 
敷地北東の一角には1859年(安政6年)に永井飛騨守が天下泰平と子孫繁栄を祈願して創立した有楽稲荷神社があり、関東大震災でも難を逃れた。本ビル建設のため1973年より山王日枝神社に遷座したが、1979年2月に現在地に復座した。毎年2月の二の午には大祭が執り行われる。(wikipediaより)

Cimg9861 再び有楽町駅へ向かう・・・

東京へ来て思ったのは・・・自動改札横の駅員さんのいる場所に、乗越や問い合わせの人が殺到していて行列が出来ている所が多い!・・・私は青春18きっぷを見せて通過するだけなので、はっきり言ってこいつら邪魔!問い合わせなんかは専用の窓口作ればいいのに・・・

等と思いながらホームへ・・・Cimg9862

Cimg9863 19:20 列車を待つ

つづく

2018年2月21日 (水)

宝覚禅寺 後編 地蔵堂~犬に癒される

2018年 台湾の旅 台中にも行ってみました編 その29

本殿前へ戻り、門から見て左側にも何やら施設があるようだったので行ってみた。

Cimg8998

大きなお堂の手前に・・・

ストゥーパ(仏塔)が!Cimg8999

Cimg9000 日本人遺骨安置所

戦前、台中で亡くなった日本人の遺骨が安置されているそうです。

お地蔵様の横を通り奥へ進むと・・・Cimg9003

Cimg9004 地蔵堂

Cimg9006 Cimg9005

地蔵堂の前に、誰が連れてきたのか?いぬわんわんdog 地蔵堂の中は撮影禁止。中央にお釈迦様が鎮座され、壁には無数の小さな仏陀坐像が安置されていました。

地蔵堂を出て更に奥へと進むと・・・

Cimg9007 和平英魂觀音亭

観音様が穏やかな表情されていました。その左手前に、霊安故郷慰霊碑があり(写真撮り忘れた)奥に由来などが書かれた石碑と休憩用にベンチがあった。ベンチには・・・

これまた可愛い~heart04Cimg9008

dogいぬわんわんdog

Cimg9009 Cimg9010

つながれて餌まで貰っている。箱に入ってこちらをじろ~~~

Cimg9011 帰る間際まで見つめてました。

門へ戻ると・・・駐車場のど真ん中に・・・

我が物顔の犬 Cimg9012

13:20 ここで宝覚寺を出て、流しのタクシーを捕まえて次の場所へ行くことにする。この時も運転手さんにスマホの地図を見せたら一発でわかってくれた。ホント便利やね~!

Cimg9013 Cimg9014

(右)台中でもラーメン屋がたくさんできているみたい。

Cimg9015ダッシュボードのミニ仏陀!

そうこうしていると・・・次の目的地に到着

タクシーを降りる Cimg9016

こちらも100NTDちょっとで到着した。タイのように乗車拒否や遠回りもせず、運転手さんも親切!しかも安いので台湾のタクシーの印象がグッと良くなった!good

つづく

宝覚禅寺 中編 巨大弥勒仏降臨!

2018年 台湾の旅 台中にも行ってみました編 その28

Cimg8983

で~ん!金色の弥勒大仏像だー!

Cimg8984 布袋様です

Cimg8985 Cimg8986

(左)ヘソの穴~!(右)台座には「皆大歓喜」とあります。

ぐるりと回って・・・Cimg8987

Cimg8988 背中の方へと行ってみる

ボツボツ開いた窓 Cimg8989

Cimg8990 よく見ると・・・マジ卍

この中は民族博物館になっているそうですが・・・行った日が平日だったからでしょうか?中に入ることは出来ませんでした。更に歩いて・・・

正面に戻った!Cimg8992

Cimg8991 ふと足元を見ると鳥

巨大布袋様の向かいには・・・

Cimg8993 池があって・・・

金魚みたいな鯉が泳いでいたCimg8994

Cimg8995記念に布袋様と一枚!

Cimg8996

どれぐらい大きいのかというと・・・隣の建物を見てもらえばお分かり頂けるでしょう!高さ約30メートルあるそうです。

つづく

宝覚禅寺 前編 本殿

2018年 台湾の旅 台中にも行ってみました編 その27

12:50 次の目的地 ぱおちゅえす~こと宝覚寺に到着!

Cimg8972

右側にでっかいのがいるぞ~(笑)

門をくぐって中に入る・・・Cimg8973

このお寺は日本統治時代の昭和3年(1928年)に建立されたそうです。

Cimg8974_2 でっかい本殿!

この本殿は元々ある木造の建築物を覆うように、鉄筋で作られた建物が覆いかぶさっています。

Cimg8975 Cimg8976

狛犬ならぬ狛象🐘?

Cimg8977 中を覗くと・・・

Cimg8979

釈迦三尊と・・・

Cimg8981 Cimg8980

両脇に道祖神?

中央のお釈迦様・・・Cimg8978

Cimg8997 香炉の向かいには・・・

にこやかな布袋様 Cimg8982

そしてその先には・・・!!

つづく

台中公園part4 台中神社跡

2018年 台湾の旅 台中にも行ってみました編 その25

更楼の横に・・・

Cimg8949

参道のような石畳 ここは台中神社跡です。

台中神社(たいちゅうじんじゃ)は、日本統治時代の台湾台中州台中市にあった神社である。旧社格は国幣小社。祭神は能久親王・大国魂命・大己貴命・少彦名命であった。

1911年(明治44年)2月28日に台中市街の北側の新高町にある台中公園内に創立され、1912年(大正元年)10月に社殿が竣工、鎮座祭が行われた。(wikipediaより抜粋)

Cimg8950 奉納された石

石灯篭の土台の跡です。Cimg8951

Cimg8952 橋を渡る。

Cimg8954 Cimg8953

狛犬も破壊されずに残っています。

Cimg8955 神馬像も立派です

大切に残してくれて感謝!Cimg8956

しかし・・・

Cimg8957

本殿があった場所には・・・

何故か・・・至聖先師 Cimg8958

孔子像がありました。後で知ったのですが、倒壊した鳥居も保存してあるそうで・・・気が付かなかった^^;

Cimg8959 更に歩く・・・

つづく

より以前の記事一覧

最近のトラックバック