2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

福岡

2018年10月28日 (日)

ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その6 最終回

順正寺~龍宮寺

萬行寺から祇園交差点方向へ歩くと・・・セブンイレブンの先に・・・

袖湊山 順正寺 Cimg5399

天正11年の創建。空寂上人により開基、時来約430年の歴史ある古刹だそうです。

Cimg5400 本殿

時間も時間だったし・・・本殿と横にお墓があるだけで・・・猫もいないし(笑)・・・特に何もなし!・・・と思ったらこのお寺さんの喚鐘が福岡県の指定文化財だそうで・・・探せばよかった。^^;

更に国体道路を祇園交差点方面に歩くと、祇園郵便局の横に小さな路があります。本によると・・・

矢倉門だったそうです。Cimg5401

後で調べたら・・・「1570年頃、豊後大友氏の家臣、臼杵安房守は、博多に砦を作り、濠を掘り、門を建てた」という記録があるそうで・・・その辺は「矢倉門」という地名で呼ばれていた・・・との事。更に、博多警察署と商工会議所の間、藤田公園の所に小さな石碑があるそうな・・・今度行ったら見てみよう!

本の指示通り・・・鹿島旅館(外国人に人気の旅館)の前を通り、櫛田表参道へ出るも・・・次の目的地の入り口がなく、一旦、大博通りに出る。大博通りの祇園バス停の所に、博多座の横にあったのと同じような小さな石碑が・・・

Cimg5403 旧上小山町

”日本の独楽の発祥の地 この界隈には寺院が多く立ち並びその塀が長く続く様を博多の人は八丁堀と云った” ・・・とあります。

この石碑の横に・・・本日最後の目的地・・・

龍宮寺があります。Cimg5402

ビルの谷間にある小さなお寺です。

浄土宗。開山は谷阿上人。当初は袖の湊の海辺にあり浮御堂と称していたが、貞応元年(1222)に海中より人魚が出現した際に国家長久の瑞兆と占われた。その人魚を寺内に埋葬したことにちなんで寺名を龍宮寺と改称。(福岡市公式シティガイド YOKA NAVIより)

Cimg5407 Cimg5406

狛犬さん

Cimg5409 Cimg5408

(左)人魚塚 (右)お堂 人魚の掛け軸なんかもあるそうですが・・・応相談で見せてくれるらしい。本当かいな?

・・・と言う訳で・・・ざっと小一時間歩き回った後は・・・

Fukuoka_oct_fes2018 冷泉公園で開催中の

福岡オクトーバーフェスト2018でビールを飲んで帰りましたとさ。

おしまい

櫛田神社~萬行寺

ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その5

博多町家ふるさと館を右手に更に歩くと・・・正面に・・・

Cimg5379

博多の総鎮守 櫛田神社が見えてきます。楼門には・・・

Cimg5380 扁額に書かれた「稜威」 

楼門をくぐる時に見上げると・・・

十二支の方位盤 Cimg5381

丁度この日は夜に催し物があるようで・・・

Cimg5382 山車が準備されていました。

拝殿 Cimg5383

櫛田神社は何度も当ブログで紹介したので今回はサラッと・・・

Cimg5384 最後は櫛田のぎなん

櫛田神社を右手に歩くと・・・国体道路に突き当たります。その正面に見えるのが・・・

Cimg5385 Cimg5386

普賢山 萬行寺  亨禄(きょうろく)2年(1529)七里隼人(しちりはやと)が蓮如上人(れんにょしょうにん)の命により建てたもので、明治時代の住職七里恒順(しちりこうじゅん)は真宗(しんしゅう)の名僧といわれた。また、薄幸(はくこう)な身で、信心深かった遊女名月(めいげつ)の墓から初七日に蓮花(れんげ)の花が咲いたという伝説「明月の墓」がある。(福岡市公式シティガイド YOKA NAVIより)

先日、福岡市博物館で見学した「九州浄土」展の最後のエリアでこのお寺の所蔵品を大公開していました。

Cimg5388 Cimg5387

(左)親鸞聖人 像 (右)楼門をくぐる・・・

Cimg5389 門扉の巨大な寺紋

門を入って右側に・・・

明月信尼之墓の案内とCimg5390

Cimg5391 明月信尼之墓

幸薄く、信心深かったという伝説の遊女 明月のお墓だそうです。・・・って全然知らんかった~!

Cimg5392 Cimg5393

境内には・・・ 猫がウロウロ・・・

Cimg5394どうやら寺の飼猫のようです

そう言えば「九州浄土」展の萬行寺の所蔵品の中でも、猫にまつわる巻物がありました。猫とは縁深いお寺さんのようです。

Cimg5395

しばらく猫と遊んでもらって・・・

本堂へ・・・Cimg5396

ここの鬼瓦が見どころだというのを・・・後で知った・・・

お念仏しなされや Cimg5397

つづく

宇宙猫~冷泉公園~山笠最大難所~博多町家ふるさと館

ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その4

福岡アジア美術館のエレベーターに乗って一気に1階へ・・・

ここからは、先日購入した・・・

Cimg5233 ←この本を参考に・・・

街歩きをして行きます。(P58~59 櫛田神社界隈)

先ずは福岡アジア美術館を背に明治通りを呉服町交差点方面(天神方面とは逆)に歩くと、間もなく土居通り交差点があります。土居通り交差点を右折して間もなく・・・左側に突然・・・

宇宙服を着た猫出現!Cimg5370

Cimg5367

この猫は以前にも紹介しました が・・・Webease博多ホステルの玄関に鎮座する猫です。

Cimg5368 Cimg5369

この猫・・見れば見るほどインパクトあるなぁ~(笑)京都造形芸術大学美術工芸学科教授 ヤノベケンジ氏作の『SHIP’S CAT』と言う彫刻作品で、「旅の守り神」である猫をモチーフにした作品ですだそうです。

更に歩くと右側に公園が見えてきます。

Cimg5371 冷泉公園

ここは・・・戦前、妙行寺と言うお寺があった場所で、福岡大空襲で消失したそうです。(戦後、南区野間に再建) 公園には空襲で亡くなられた方の供養塔が建っているそうですが・・・

・・・公園の半分はこの日の催し物(福岡オクトーバーフェスト2018)の準備で仕切られていて中に入れないし、残りの半分にはそれらしきものが見つけることができませんでした。丁度オクトーバーフェスト開場直前で料理の仕込みの美味しそうな匂いが周辺に漂っていました。

更に歩くと・・・旧冷泉小学校の敷地横に・・・

Cimg5372 石碑がありました。

大乗寺跡 806年 空海が開いた名刹だったそうですが、戦災などで無くなったそうです。一番右側の石碑には・・・

お地蔵様が彫ってあった。Cimg5373

これは県指定有形文化財だそうな・・・。更に小さな道に入ると・・・

Cimg5376 角が取れた建物が・・・

ここぞ博多祇園山笠の・・・

最大難所 Cimg5377

狭い通りを曲がる時にぶつかるので角を取ってあるんですね~

Cimg5378

博多町家ふるさと館 この日は月曜でお休みでした。

つづく

2018年10月27日 (土)

福岡アジア美術館③

ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その3

Cimg5323 Cimg5325

(左)「幸福」 作者不詳(モンゴル)(右)「わたしは女王Ⅴ,Ⅵ」2点 アノリ・ペレラ作(スリランカ)

Ⅵをアップで見る 奇妙・・・と言うか怖い Cimg5326

Cimg5327 Cimg5329

(左)「小さな針箱は、我家の革命の宝」 ガオ・アーイ作(中国) 如何にも中共のプロパガンダポスター (右)展示の片隅に置かれた毛糸の玉とセーター・・・これも美術作品なんですね~! 「毛糸」 イン・シウジェン作(中国)

Cimg5331 「私は龍」

グエン・ティ・チャウ・ザン作(ベトナム)

Cimg5333 さらに進みます

「最初から始めようⅤ」 Cimg5334

アラク・ロイ作(バングラデシュ)

広いギャラリーの壁面に金色のオブジェが掛かっています。

Cimg5336 Cimg5337

(左)「手・脚」 ウー・ジエンアン作(中国) (右)その中央部

Cimg5339

「瞑想」 ロン・ソフィア作(カンボジア)

Cimg5340   Cimg5341_2

東南アジアの仏教やヒンズー教美術に出て来る天使や・・・

Cimg5342_2   Cimg5343

象さん・・・そして乳海攪拌 など・・・私にとってお馴染みの絵柄が登場して何故か心落ち着く。(笑)

更に奥には・・・部屋の間仕切り・衝立のオブジェ

Cimg5345_2 Cimg5346_2

「魂の窓」 ジョン・フランク・サバド(フィリピン) (右)よく見ると目・目・目・目・・・・・・

Cimg5347 Cimg5349

中央のデザインも独特です。

Cimg5352 Cimg5351

「菫」 須田悦弘 作(日本) 案内板だけあって、どこを探しても作品が見当たらない。???首をかしげながら作品を探していると・・・見かねた学芸員さんが声をかけてきて・・・間仕切りの隙間に作品があるのを教えてくれた。

これかいな!Cimg5350

これ絶対わからんよー!(爆)

さらに先に進むと・・・

Cimg5358 藁で結ったオブジェが・・・

「私はそんなジャワ人ではない」 ニンディティオ・アディプルノモ作(インドネシア)

後ろから見たこの形はコンデ(インドネシア女性の伝統的な髷)の形を巨大化したものだそうで・・・

表に回ると家具になっていてCimg5355

Cimg5357 Cimg5356

作者のアルバムや写真が収められています。案内板によると”近代的な個人主義への疑問と、失われていく文化の復権を静かに主張している”・・・そうな。う~ん・・・深いなぁ・・・

Cimg5360 Cimg5362

(左)「黄金の船」 ラシット・チョードリー作(バングラディシュ) (右)「ジャワ男性の肖像」 ニンディティオ・アディプルノモ作(インドネシア)

以上で終了~!

ギャラリーの外へ出ると・・・本がずらりと並んでいるアートカフェになっています。・・・その壁面に大作!

Cimg5365

「魂の旅」 パンヤー・ウィチンタナサーン(タイ) こちらも右側に大きく描かれた滑らかなラインのタイの仏様と、左側の天国と地獄を表わしたような2つの円。いつまで見ても飽きません。 この作品を眺められるテーブルで・・・

44594493_10215588061322219_28409973 コーヒー飲んじゃう!

以前来た時、コーヒーマシンで作って紙コップに入って出てきたんですが、今回は一杯だてドリップしたてのコーヒーが出てきました。・・・でも450円。

久しぶりに来ましたが200円で数時間じっくり楽しめるので、この手のアートが好きな人はおススメです。

福岡アジア美術館 おしまい

ぴろQの博多ぶらぶらは・・・つづく

福岡アジア美術館②

ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その2

Cimg5271 Cimg5273

(左)「女」 タ・ティ作(ベトナム) (右)「画室」 ポポ・イスカンダル作(インドネシア)

Cimg5277 更にギャラリーを進む・・・

壁面に大きな作品

「キンタマーニ市場Ⅱ」 Cimg5278

チューシン・スティアディカラ作(インドネシア)

その先の一角に企画展示。実はこれを目当てに来たのでした!

Cimg5279 Cimg5280

横尾忠則とアジア’89 (右)SANTANA LOTUS

Cimg5282 Cimg5284 Cimg5286

(左)聖シャンバラ 火其地(中)聖シャンバラ 土其人(右)聖シャンバラ 土其天

Cimg5288 Cimg5290 Cimg5292

(左)聖シャンバラ 空其地(中)聖シャンバラ 水其地(右)聖シャンバラ 風其天人地

Cimg5294 Cimg5296     Cimg5298

(左)聖シャンバラ 水其天(中)聖シャンバラ 土其地(右)聖シャンバラ 空其天

Cimg5300 Cimg5302

(左)聖シャンバラ 火其天 (右)第3回アジア美術展

Cimg5304 Cimg5305 Cimg5306

「第3回アジア美術展」ポスターのための原画 版板フィルムⅠ,Ⅱ

Cimg5309 ずらり並んだ絵画の脇に・・・

床にへたりこんだ人たち・・Cimg5308 

「もうひとつの実践方法-世界をいかに作るか」 ナヴジョート、レジクマール、シャンティーバイ、ガスラムの共同制作(インド) 独特の空間です。

Cimg5311

「すべてのものに開かれた天国」 マニュエル・オカンポ作(フィリピン) これも巨大な作品で、皮肉が効いていて大好きな絵です。

Cimg5313 Cimg5315

(左)「飢餓」 ルアンラット・コンパット作 (ラオス)(右)「農村女性の仕事/壁掛け」 BRAC(バングラディシュ農村向上委員会)アーロン・デザイン制作(バングラデシュ)

Cimg5317

「リキシャ」 ラジ・クマール・ダス(絵)、カッファール工房(車体) (バングラディシュ) タイのリキシャは何度か乗ったことがありますが、こんなに派手ではなかった。

Cimg5319 Cimg5320

細かく見ていくと映画スターの絵や写真・・・

Cimg5321 Cimg5322

バングラデシュの風景なんかが細かく描かれていて、見ていて飽きません。

つづく

ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その1 福岡アジア美術館①

10月22日(月) 福岡市内を1人ぶらぶら歩きまわってきました。博多駅から市営地下鉄に乗って中洲川端駅で下車・・・地上にあがると・・・

Cimg5241 博多座

ここ、まだ一回も中に入ったことがない^^; 

Cimg5240 Cimg5239

博多座の横の小さな路地を入ると (右)石碑があります。碑文には・・・”旧片土居町 櫛を作る工人多く「櫛挽町」の名あり。”とあります。

再び博多座の前に戻って、天神方向へ歩くと先隣が博多リバレインです。その手前に・・・

福岡アジア美術館 Cimg5242

・・・の入り口があります。福岡アジア美術館はアジア地域出身の作家、アーティストの近代~現代アートを中心に収集、展示している美術館です。美術館や博物館は月曜が休みが多い中、ここは水曜日が休みです。

Cimg5243

入り口を入ると・・・7階の美術館直行のエレベーターの向かい・・・以前、受付があった所に大きな絵が飾ってありました。

見ると・・・今年(2018年)3月末に完成した壁画だそうで、中国、北京の若手アーティスト ブー・ホァ(ト樺)氏の原画を元にした作品だそうです。

一気に7階へ!エレベーターを降りると、正面に・・・

Cimg5245 「太極拳シリーズ-向かい合う

ジュウ・ミン(台湾) 作 

ギャラリー観覧券(200円)購入!Cimg5247

嬉しい事にこの美術館はフラッシュを焚かなければ写真撮影OKです!

Cimg5249 いざ中へ・・・

Cimg5250 Cimg5252

(左)「切望」 A.H.マハヴァル作(パキスタン)映画のポスター用リトグラフです。(右)「サルパヤジュニャの供犠(蛇の生贄の儀式)」 モティラル・パル作

Cimg5254 Cimg5256

(左)「広東のコンスクワー邸#2」 作者不詳(中国) (右)「読書する若い娘」 ルオン・シュアン・ニー作(ベトナム)

Cimg5258 「堂々とした女性」

ヨン・ムンセン作(マレーシア) ゴーギャンの作風を思い出す色合いです・・・

Cimg5263

ギャラリー中央に彫刻作品 私はこの作品大好きです。

「音楽のリズム」 キエン・イムスィリ作(タイ)Cimg5264

タイの仏像 スコータイ様式にも通ずる、滑らかなボディラインが素晴らしい!

Cimg5266 「上野公園、東京美術学校」

チット・ブア・ブット作(タイ) 製作年が1942年とあります。戦中の東京上野公園の桜。・・・タイ人にはこのように映ったのですね・・・

その先、壁面に巨大な作品

Cimg5268

「教育による進歩」 カルロス・フランシスコ(フィリピン) フィリピンの教育史を表現した作品だそうで、大きな作品の部分部分にそれぞれ意味があります。作品横にある解説図を見ながら鑑賞するとなかなか奥が深いです。

つづく

2018年10月26日 (金)

福岡オクトーバーフェスト 2018に行ったYO! 後編

テントを挟んで・・・

44602236_10215588299728179_68965490 反対側のブースはこんな感じ・・・

2杯目のビールを買って・・・

テントの中へ・・・Cimg5420

Cimg5419 44526644_10215588361489723_30344046

(左)二杯目は黒ビールをチョイス!トゥーハー・ドゥンケル (右)ビール片手にニヤリ 

なんか腹減ったな・・・ということで・・・

Cimg5423 ←これ(600円)買った!

テューリンガーブラート ブルスト 高っけー!

Cimg5424 44588033_10215588415251067_64381196

(左)3杯目は・・・ピルス (右)思わずヘビーメタル!www このイベントはドイツビールの祭典ということで、ずっとヘッドフォンでドイツのACCEPTを聴いています(笑) 更におつまみ追加!

フライドチキン Cimg5426

5個ピース入 600円 一人で食べるにはなかなかのボリューム。この福岡オクトーバーフェストの中で売られていた食べ物の中では、比較的良心的なお値段。そして4杯目に突入!

Cimg5427 ヴァルシュタイナー・ヘルブ

NO BEER! NO LIFE!44680949_10215588497133114_30428473

・・・いい具合に酔っ払ってきたので、お土産にキャラメル味のアーモンド(700円)を買ってタクシーすっ飛ばして帰りましたとさ。 おしまい

※福岡オクトーバーフェスト2018は博多区の冷泉公園にて10月28日(日)まで開催中。

福岡オクトーバーフェスト 2018に行ったYO! 前編

10月22日(月) この日は休みだったのでお昼から福岡市内を歩き回った後・・・

Fukuoka_oct_fes2018

夕方から・・・毎年恒例!福岡オクトーバーフェストに行って来ました!

会場の冷泉公園 Cimg5410

16:00すぎ 開場直後のエントランスをくぐると・・・

Cimg5411 渡されたリーフレット

他のオクトーバーフェストでは入場料を取るところもあるようですが、福岡は入場無料です。

オープンして間もないので Cimg5412

・・・お客さんもまばらです。毎度の事ですが、中に入ると各ビール会社のブースの呼び込みが激しい!(笑) 歩いて・・・一番奥のエリアへ行くと・・・昨年までメリーゴーランドがあったんですが・・・今回は持ってきてなくて・・・その代わり

Cimg5413 電飾看板が・・

各ビールメーカーのブースの中でも一際目を引いた・・・

なんか強そうな看板ww Cimg5414

さて何から飲もうか・・・まず最初は・・・

Cimg5416 リッヒァー・ヴァイツェン

スッキリして飲みやすいぞ~44740928_10215588300448197_51303063

会場の裏手には・・・

Cimg5417 喫煙コーナー

中では加熱式タバコglo(グロー)のお試しコーナーがありました。

つづく

2018年10月21日 (日)

面白いネタ本買うてきた~♪

インスタ、FBの後追いになりましたが・・・^^; 先日、福岡市博物館へ行った際、ミュージアムショップで面白そうな本があったので思わず購入!タイトルは・・・

古地図で歩く福岡  -歴史探訪ガイド-

Cimg5233

福岡市内やその他、エリアに分けて数時間で歩けそうなコースを豊富に紹介されていて、地元を再発見するのに面白そうな一冊です。

運動不足も解消されて一石二鳥(笑)。時間を見つけてボチボチ歩き回りたいと思っております。

2018年10月20日 (土)

「九州浄土」展に行ったYO!

去る10月18日(木) この日は夜勤でしたが遅出だったので・・・午前中に用事を済ませようと車で百道へ・・・

Cimg5215 ヤフオク!ドーム

そして・・・ホークスタウン跡地には・・・来月 11月21日オープン予定!

マークイズが建設中でした!Cimg5216

その足で・・・

Cimg5217

福岡市博物館へ。特別展「九州浄土」展を見に来ました。

招待券を出して・・・Cimg5218

入場料は通常 大人1,300円です。

Cimg5220 いざ入場!

入口にあった・・・

五趣生死輪図 Cimg5221 

ここからは先、撮影禁止 展示品を撮影、SNSで拡散して観客動員を増やす展示会が増えている昨今・・・ここは未だに時代遅れな対応です。

とりあえず、音声ガイド(600円)を借りて進む。今回の展示は九州に伝わる浄土美術を集めての展示。前半は・・・丁度先日訪れたタイのワット・パイロンウアの地獄ゾーンを彷彿とさせる地獄絵図。(参考

------------------------------------------------------------

↓ワット・パイロンウア 別名地獄寺・・・

Cimg4799 Cimg4800

まさにこの日見た展示の序盤は・・・

Cimg4833

こんな感じの世界が繰り広げられていました・・・

Cimg4840 Cimg4841

------------------------------------------------------------

撮影禁止だったので・・・チラシの写真で展示を振り返ると・・・

Cimg5234 Cimg5235

(左)阿弥陀三尊来迎図 (右)阿弥陀如来坐像

Cimg5236 Cimg5237

(左)当麻曼荼羅 (右)十王地獄図

こんな感じの展示が続きます。中盤、シアターでは・・・佐賀県唐津に所縁のあるイラストレーター

中島潔氏によるCimg5238

CG映像作品「地獄心音図」

------------------------------------------------------------

中島潔氏と言えば・・・NHK「みんなのうた」とかCMなんかでお馴染みの・・・

Nakajima_kiyoshi 童画が有名ですが・・・

------------------------------------------------------------

結構エグい内容の映像作品でした。

展示の後半は・・・博多部アリアど真ん中、萬行寺所蔵の品々まで・・・入館して2時間半・・・じっくり鑑賞。かなり見応えがありました。良かったので・・・

Cimg5228 思わず図録購入!

この日、夕方から仕事なので・・・常設展示の見学はあきらめて・・・一旦外に出る。

福岡タワーをバックに1枚!44398032_10215560110743472_33279874

このTシャツがおっさん転がしエリザベスちゃんから頂いたTシャツでした~wwwそのまま都市高に乗って帰宅。インドネシアに国際郵便を送って仕事に行きましたとさ。ちゃんちゃん。

おしまい

「九州浄土」展は11月4日まで福岡市博物館にて開催中

より以前の記事一覧

最近のトラックバック