2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

博物館

2017年6月24日 (土)

直方石炭記念館 part10 最終回

篠栗~直方~北九州ドライブ その21

石炭化学館を出ると左手の蒸気機関車C11-131の裏に・・・

Cimg4439 何かある!

サビが浮いてボロボロです。coldsweats01 こりゃいかんな・・・

Cimg4440 自走枠

Cimg4441 Cimg4443

(左)平山第一坑のパネルロッカーショベル (右)ロードヘッダ

Cimg4442 Cimg4444

(左)7両編成の救急車 (右)ベンド(パイプを曲げる時の道具)など

記念館の裏の丘には・・・

練習坑道が伸びます Cimg4445

Cimg4446 Cimg4447

(左)圧縮空気式機関車(エアーロコ) (右)ディーゼル機関車

Cimg4448 練習坑道の経緯

この練習坑道は救護隊員の養成訓練、ならびに隊員の練習指導のため、明治四十五年に建設されたもので、建設当時は長さ約十一メートル、断面積二九七平方メートルの坑道であったが練習を更に効率的に行うため、大正十四年に傾斜四○度と二○度の斜坑(木造)と水平坑道(レンガアーチ巻及び鉄筋コンクリート巻)を設け、総延長117,9メートル、断面積3,5平方メートルに改築された。(案内板より抜粋)

この坑道の中に、実際に煙や蒸気を流して温度湿度を調整して実戦さながらの練習訓練が行われたそうな・・・

Cimg4451 Cimg4452

(左)電気機関車(右)炭車

Cimg4454 Cimg4456

(左)メタセコイヤ(アケボノスギ) 
石炭を割って顕微鏡でのぞいて見ると、大部分が針葉である。これがメタセコイヤで石炭の原木と呼ばれています。原産種は中国の四川省または北米大陸とも言われています。(案内板より)

(右)斜面に伸びる練習坑道

慰霊塔 Cimg4457

”炭鉱殉職者の霊を慰めるため、石炭記念館設立を機にこの碑を建てました。”とのプレートがはめ込まれていました。

Cimg4458

直方石炭記念館公式HP

直方石炭記念館 おしまい

つづく

直方石炭記念館 part9 本館2階 後編~石炭化学館

篠栗~直方~北九州ドライブ その20

Cimg4421 Cimg4422

明治時代の採炭風景が写真パネルで展示されていました。当時は、ほぼ人力で女子供関係なく危険な作業に従事していました。

Cimg4423 Cimg4424

(左)明治時代に鉱夫達が使っていた履物など(右)照明器具

Cimg4425 Cimg4426

(左)明治時代はこんな簡単なランプ (右)アセチレン灯火器 そして・・・時代を経て・・・

キャップ・ランプ Cimg4427

この建物自体が直方市指定文化財 筑豊鉱業組合 直方会議所の建物跡なので・・・

Cimg4428 壁に立派な暖炉

階段を降りる所の正面に・・・

Cimg4429 Cimg4430

炭坑節の掛け軸がありました。

本館の見学終了~!続いて更に横にある・・・

石炭化学館へ・・・Cimg4431

石炭と鉄
鉄を作るにはコークスが必要です。コークスは石炭を蒸し焼きにして作ります。石炭がなければ鉄はできません。私達の生活に鉄がなかったら、車や船、飛行機など鉄を使う製品はすべて作れません。コークスや石炭ガスからいろんな化学製品(ナイロン、テトロン、プラスチック、農薬、肥料など)がつくられ、石炭は私達の生活に無くてはならないものです。(入り口案内板より抜粋)

Cimg4432 いざ、入館!

小さな倉庫を利用した展示館なので中は狭かった(笑)

入った正面には・・・Cimg4433

様々な石炭塊と、成分別分けられたガラス瓶がズラリと並ぶ・・・

Cimg4434 Cimg4435

左右壁面にはプラントの模型

Cimg4437 Cimg4436

単に石炭と言っても化石燃料という側面だけではなく、様々な原材料としても使用されていたのがわかります。

Cimg4438 タービンの模型

つづく

直方石炭記念館 part8 本館2階 前編

篠栗~直方~北九州ドライブ その19

Cimg4400 Cimg4401

階段を登って本館の2階展示室へ・・・

Cimg4403 ぱっと見た感じ・・・

地形図やジオラマが目立つ Cimg4402

Cimg4404 Cimg4405

(左)炭鉱模型 (右)筑豊粕屋炭田模型 こう見たら福岡市の東~東南部にはいくつもの炭坑が集中してあったんだなぁ~・・

Cimg4406 Cimg4407

(左)大之浦風景 (右)三菱端島炭鉱(軍艦島)

Cimg4409 選炭設備模型

選炭とは不純物と石炭を分けること。また、その石炭を種類別に分けるこという。(案内板より)

そしてその横には・・・

また出たな~wwwCimg4411

Cimg4413  Cimg4412

妙に整った端正な顔立ち・・・爽やかな炭鉱マン!(爆)

Cimg4414 Cimg4415

ガラスケースの中に様々な道具が展示 (左)弁当箱や安全靴など(右)測量機器

Cimg4416 Cimg4417

(左)図を拡大縮小するペンタグラフなどの機器(右)労働組合の腕章、団結旗、ヘルメットなど

Cimg4419 Cimg4420

炭鉱で使われた金券

つづく

2017年6月23日 (金)

直方石炭記念館 part7 本館1階 後編

篠栗~直方~北九州ドライブ その18

Cimg4376 1階 第二展示場へ・・・

展示中央に個別のガラスケースに入った道具・・・なんだか・・・

物々しい雰囲気 Cimg4377

Cimg4378 ガスマスクのようです

Cimg4379 Cimg4380

(左)たい積炭じん速度計(右)自動警報機など・・・

Cimg4381 Cimg4382

(左)その他の炭じん測定器テスターなど(右)まるでSF映画に出てきそうな呼吸器 ドレーガー式救命器 1914年 ドイツ製 

Cimg4384 Cimg4386

これが日本最初の救命器だそうです。

バックパックの中には・・・Cimg4387a

酸素吸入器 7号型 川崎航空機工業製

Cimg4388 続いて企画展示室

Cimg4389 パネルの展示です

そんな中・・・

Cimg4391 Cimg4392

救命器を背負ったスカした野郎が・・・(爆)

Cimg4393 Cimg4394

爽やかな顔してやがるぜ!www

Cimg4395 安全標語がズラリ

ここにも救命器 Cimg4398

これは実際、日本で初めて使われた救命器だそうで・・・ドレガー式1907年型ドイツ製
豊国炭鉱(田川郡糸田町)のガス爆発(明治40(1907)年365名死亡)にともない、筑豊石炭鉱業組合が急ぎドイツから3代の救命器を輸入した。使用時間は2時間。石渡信太郎が身につけて11月5日に坑道内にはいり、救命器として日本で初めて使用されたもの。(案内板より抜粋)

Cimg4396 石渡信太郎 胸像

つづく

直方石炭記念館 part6 本館1階 前編

篠栗~直方~北九州ドライブ その17

さて、お次は本館です。

Cimg4359 Cimg4360

石炭記念館
この建物は日本石炭協会の前々身ともいうべき筑豊石炭鉱業組合の直方会議所として明治四十三年八月に建てられたもので、現在石炭にとって最も由緒ある建造物の一つであります。
大正十一年四月には筑豊石炭鉱業組合救護訓練書が設けられ、この場所で本格的な救護訓練も始まり、昭和十三年には石炭抗爆発予防試験所も、ここから発足しました。(案内板より抜粋)  玄関脇には・・・

Cimg4361 Cimg4362

珪化木
珪化木は石炭層の中にふくまれる木の化石です。日本の古第三紀層(3千万年前~6千万年前)に属する筑豊炭田でも一般に松岩と呼ばれる不燃性の岩石があるが之が珪化木です。
珪化木は石炭層の上・下層の砂岩や頁層のなかにあって強い地圧を受け珪素など侵入によって大木の根元が石化したものです。
この珪化木は宮田町大之浦炭鉱で掘られたものです。(案内板より抜粋)

Cimg4364 玄関を入ると・・・

Cimg4366 Cimg4365

両脇に狛犬

ガラスケースには・・・Cimg4367

巨大な石炭塊

Cimg4368 先ずは第一展示室

Cimg4369 ガラスケースに・・・

様々な器具が並ぶ Cimg4370

目を引いたのは・・・

Cimg4371 Cimg4372

(左)ダイナマイトと・・・(右)発破機 これでドッカンドッカンやっていたんでしょうね~

Cimg4373 ガラスケース横に箱型の機械

ガスクロマトグラフ
坑内で爆発や火災が発生したときに ガスの種類・濃度を速やかに測定するために使用する。(メタン・一酸化炭素・酸素・二酸化炭素・炭化水素等)(案内板より)

階段横にあった大型の金庫 Cimg4375

儲かってたんでしょうなぁ~

つづく

直方石炭記念館 part5 別館2階 後編

篠栗~直方~北九州ドライブ その16

Cimg4344 人力車

これは貝島炭鉱の重役が使用した人力車だそうです。

巻揚機模型 Cimg4346

これの大っきいのが三池炭鉱万田坑にありましたね~

Cimg4348 そしてなぜか・・・

トミカ・トミカ・プラレ~ル!乗り物ぉ~(Go!Go!)パラダイス~♪

その後ろに・・・

スライシング払の模型Cimg4349

別名 分層払とも言われるそうで・・・なんじゃラホイ?調べると・・・”厚い炭層を2段採掘すること”・・・だそうです。

Cimg4351 壁面ガラスケースには

Cimg4352 Cimg4353

炭鉱夫の人形やら亀の置物・・・ガラスケース上には・・・

フェス・ローダー模型 Cimg4355

Cimg4357 鉱石のサンプル

引いて見ると・・・Cimg4358

2階の展示はこんな感じです。

つづく

直方石炭記念館 part4 別館2階 前編

篠栗~直方~北九州ドライブ その15

一通り1階を見学した後は・・

Cimg4317 2階へ・・・

ズラリと並んだ絵画Cimg4318

山近剛太郎氏の作品

Cimg4319 Cimg4320

近代的な装備で掘っているところから・・・

Cimg4321 Cimg4322

手掘りをしていた頃の様子まで・・・

描かれています。Cimg4323

山近剛太郎(1902-1990) 旧宮若町吉川出身

中学時代は絵が得意で、美術学校に進むか、理系に進むか悩んだ。
岩屋炭坑にいた頃、九州の創元会の中心作家であった手島貢(M33~S49)が主宰している福岡の画塾に通った。炭鉱の絵を本格的に描き始めたのは昭和45年、日本石炭協会九州支部から、直方市の石炭記念館に飾る炭鉱画の依頼を受けてから。(案内板より)

Cimg4326 様々な資料が並びます

Cimg4327 Cimg4328

Cimg4330 Cimg4332

そして・・・日本で初めてユネスコ世界記憶遺産の登録を受けた山本作兵衛氏の原画が8枚展示してあった。

---------------------------------------------------------------

原則撮影禁止だったので↓イメージに残ったものに近い作品をネット上から拾ってきました。

Ys2 Ys3

Ys4 Ys1

---------------------------------------------------------------

素朴なタッチながら、細かいところまでよく描かれており、特に漆黒の闇を照らすランプの明かりの黄色などは、さすが炭鉱労働者でしか知り得ない感性で彩色された鮮やかな黄色で塗られていた。装備などのスケッチは当時の炭鉱を知る上での資料的な価値を持っている。

普通の照明の下で展示されていたのですが、このままだと色焼けや色褪せしないか少し心配になった。

その横に大きな油絵 Cimg4335

志免炭鉱とボタ山 う~ん・・・ここにも我が家の近所、志免炭鉱が出てくるか!

絵画と並んで・・・

Cimg4337 機材も展示

その向かいには・・・炭鉱絵師 井上為次郎氏の作品

Cimg4338 Cimg4341

Cimg4342 Cimg4339

井上為次郎 明治31(1898)~昭和45(1970)年
日本で最初に炭鉱画を描き始めた絵師で、晩年はリウマチで不自由な手で描いていたそうです。明治時代の炭鉱の様子や風俗が描かれており・・・当時、男も女も、大人も子供も関係なく体一つで煤に塗れながら労働し、日本の近代化の基礎を支えた姿を見ることができました。

Cimg4343 つづく

直方石炭記念館 part3 別館1階 後編

篠栗~直方~北九州ドライブ その14

Cimg4299 Cimg4300

壁面には様々な観測装置や、石炭の分析機器が並ぶ。

Cimg4302 巨大で鋭い刃がついた・・・

ジブ・カッター Cimg4301

別名:チェーン式コールカッター

Cimg4304 Cimg4305

ジブカッターの上にあった写真。あ!これは、ここへ来るときに通った志免にあった縦抗櫓だ!これは・・・いつかじっくり見学に行かねば!

Cimg4307 水力採炭機

高圧で水を吹き付けて石炭を掘っていたんですね!

大きな機器が並ぶ・・・Cimg4306

Cimg4309 Cimg4310

ガラスケースには測量機器

Cimg4311 小型巻上機

Cimg4312 Cimg4313

(左)懐中電灯(右)石炭ストーブ

Cimg4314 ポンプなど・・・

こちらもポンプ Cimg4315

掘り進めると地下水が出てくるので、水の汲み上げにはポンプが欠かせなかったのでしょうね。

つづく

直方石炭記念館 part2 別館1階 前編

篠栗~直方~北九州ドライブ その13

その向かいにも   Cimg4282

機関車と炭鉱夫のモニュメントが・・・

Cimg4280 モニュメントの脇には・・・

紫陽花が綺麗に咲いていますCimg4284

Cimg4285

C11-131蒸気機関車
この機関車は昭和13年2月22日 日本車輌株式会社で制作され、同16年まで日豊、松浦、唐津の各線で旅客列車を引っ張っていました。その後は、同45年までの約30年間を当筑豊地区で石炭輸送のために活躍してまいりました。この機関車が誕生以来33年間走りつづけた距離は130万キロにも及び、これは地球を約32周した計算になります。(案内板より)

その後ろに繋がれているのはセム1号車という石炭車だそうです。せっかくの歴史ある蒸気機関車と石炭車ですが・・・

Cimg4286 雨曝しで劣化は否めない

Cimg4290

左が別館(アネックス) 右が本館です。別館の受付で入館料100円を払って・・・いざ入館!入館時、写真撮影の可否を確認した所「基本撮影は良いのですが、別館2階に展示してある山本作兵衛氏の原画だけは遠慮してほしいとの事。しかし、「そう言っても我々は1階にいますからね~(笑)」と勝手に撮る分には黙認するようなことを言っていたので・・・「いえいえマナーは守ります」と言って展示の見学に入った。

Cimg4293 1階の展示室はこんな感じ

Cimg4294 Cimg4296

(左)石炭の塊 右の白いのは”世界一の白さを誇る香春岳の寒水石(石灰石)” (右)切り出し場の再現

Cimg4295  日本一の石炭塊

昭和40年10月に嘉穂炭鉱 上穂波鉱の5尺層より掘り出された石炭で、重さは約2トンにもなるそうです。

Cimg4297 Cimg4298

様々な石炭のサンプルが並びます。

つづく

2017年6月22日 (木)

直方石炭記念館 part1 エントランス

篠栗~直方~北九州ドライブ その12

Cimg4261 12:50 一旦通りに出て

もう一つ鳥居発見!Cimg4262

直方石炭記念館の入り口です。前回のドライブでは休館日だったので見学を諦めた場所です。

Cimg4264 Cimg4263

こちらも年季の入った狛犬さん!

Cimg4265 Cimg4266

鳥居をくぐって・・・長い階段を登り・・・

Cimg4267 Cimg4268

筑豊本線を渡ると・・・

Cimg4269 Cimg4270

奉納された石灯籠やモニュメントが並び・・・

Cimg4271 敷地に入る

直方石炭記念館
旧筑豊石炭鉱業組合直方会議所【経済産業省認定 近代化産業遺産】

筑豊炭田は明治の初めから約100年間で約8億トンの石炭を掘り出し、日本の産業の発展や近代化に尽くしてきました。筑豊の炭鉱が少なくなった昭和46年(1971)7月「炭鉱の歴史」を後世に伝えるために直方石炭記念館が開設されました。(案内板より抜粋)

記念館の建物は明治43年(1919)に建てられ、直方市の指定文化財だそうです。

Cimg4273 Cimg4274

直方救助訓練所之跡の碑

Cimg4272トンネルのモニュメント

目を引くのは・・・

Cimg4275 蒸気機関車

ふるさとのヤマを走った蒸気機関車
大正14年鞍手郡宮田町貝島大之浦炭鉱が資材運搬のためドイツから輸入した炭鉱専用の蒸気機関車です。その後、昭和51年8月の閉山まで52年間炭鉱と共に風雪に耐えながら走りつづけたコッペル32号とロト22号の石炭車です。(案内板より)

Cimg4276 Cimg4277

スチームパンク感がたまりません!

Cimg4289 思わず自撮り!

Cimg4278 角度を変えて・・・

つづく

より以前の記事一覧

最近のトラックバック