2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

水族館

2018年9月20日 (木)

Science Center for Education 科学博物館 その9 水族館③~エネルギー・リテラシー

2018年タイの旅 DANCE FEVER編 part24

水族館の展示も終盤に近付いてきました!

Cimg4070

通路両脇に続く標本

Cimg4071 大きな貝殻

こちらは巻貝かな Cimg4072

Cimg4073 小降りの綺麗な貝

オウムガイの殻 Cimg4074

Cimg4075 最後にサンゴ

小さな水族館で空の水槽も目立ちますが、科学館の展示の一部だと考えると充分な展示内容です。更に順路を追っていくと・・・

次の展示室が・・・Cimg4076

Cimg4077 エネルギーリテラシー

エネルギーの活用能力という意味でしょうか?中はパネルや模型展示が中心です。発電所から

最終ユーザーまでの・・・Cimg4078

電気の流れの解説や・・・

Cimg4079 再生可能エネルギーの

解説などがありました。冷房が効いているので、ちょっと涼むにも良いかも~

更に案内に従い歩く・・・Cimg4080

つづく

Science Center for Education 科学博物館 その8 水族館②

2018年タイの旅 DANCE FEVER編 part23

Cimg4052 ナイフフィッシュ

コイ科の地味目な魚 Cimg4054

Cimg4055 シルバーシャークかな?

私の後に入ってきた一人で見学の女の子・・・インスタにアップするのでしょうか?熱心にスマホで写真を撮っていました。

テラリウムがあって・・・Cimg4057

その向かいの

Cimg4058 天井からニモ似やら・・・

ドーリー似のキャラ Cimg4059

Cimg4065 その下には・・・

中には・・・

Cimg4063 Cimg4064

小降りのカブトガニがひっくり返っていました。(笑) ちなみにタイではカブトガニは食材として市場で売られたりしています。

壁面の水槽にはCimg4066

Cimg4067 縮尺のおかしな魚とイルカ

牡蠣の養殖の再現 Cimg4068

Cimg4069 再びひっくり返った・・・

カブトガニ(爆)

つづく

Science Center for Education 科学博物館 その7 水族館①

2018年タイの旅 DANCE FEVER編 part22

一服終えたら・・・リーフレットの地図を頼りに次の・・・

Cimg4030 11:05 水族館へ・・・

入口でチケットの水族館の半券をもぎってもらう。受付のおじいちゃんがタイ語で何やら説明してくれたが・・・何を言っているのかわかりませんでした。・・・多分「ここを見終わったらその先に別館があるよ~」って言いたかったみたい。

Cimg4031 Cimg4032

通路に沿って水槽が並ぶ。柱水槽の中には・・・

Cimg4033 エンゼルフィッシュ

Cimg4034

Cimg4036 Cimg4037

こちらにもナマズやらエンゼルフィッシュやら・・・そして・・・

Cimg4038 おぉ~!

これは立派な~ Cimg4039

Cimg4040 アストロノータス

岩場のような演出Cimg4041

中にはナマズ系の魚がうようよ泳いでいます。

Cimg4044 スマトラなどの・・・

熱帯性淡水魚

ショップなんかによくいますCimg4047

Cimg4049 そしてこれも見事な

アフリカンシクリッド

Cimg4050 Cimg4051

つづく

2018年8月21日 (火)

佐賀県立宇宙科学館 常設展示 その6 最終回

2018年 佐賀ドライブ 恐竜展編 その15

Cimg3610 Cimg3609

最後に企画展示 有毒生物展 危険な海の生き物を並べています。

Cimg3612 ミノカサゴ

バタフライフィッシュと言われるミノカサゴ、鰭も華やかで綺麗ですが毒を持っています。

ニジギンポガンガセ Cimg3614

大きな雲丹のガンガゼですが長いトゲに毒があります。ニジギンポは毒牙を持っています。

Cimg3616 ヒョウモンダコ

これも綺麗なタコですが・・・有毒です

ネコザメ Cimg3618

Cimg3620 アリアケギバチ

・・・と言うわけで・・・以上、佐賀発見ゾーン終了~♪

展示は他に4階に宇宙発見ゾーン プラネタリウム、天文台とあるのですが・・・とにかく人が多くてゆっくり見られないので、ミュージアムショップへ行ってみる。ショップも人がごった返していて・・・

98745219 103842131

以前食べたエイリアンラーメンや、今回初めてみた(笑)エイリアンエナジードリンクなど・・・おもしろ土産も沢山あったのですが・・・どうもこの人の多さの中、レジに並ぶ気もせずショップを出てしまった・・・そんな中・・・

Cimg3622 あれ~!?これって・・・

ピ○チュー?Mig

・・・ではなくて、佐賀県立宇宙科学館 ゆめぎんがのマスコット・・・

Cimg3623 ウーたんでした。

普通・・・ウーたんって言ったら・・・

こいつを思い出すけどね~www→ Cimg1475

・・・という事で・・・4階の展示を見ずして宇宙科学館を出たのでありました!

Cimg3624 案内図

雨もやんでいたのでうっかり傘を忘れそうになりながら・・・どうにか回収して・・・

Cimg3625 Cimg3626

13:40 相変わらず満車状態の駐車場へ戻る。

つづく

佐賀県立宇宙科学館 常設展示 その5

2018年 佐賀ドライブ 恐竜展編 その14

その先、有明海の

海水水槽になります・・・Cimg3599

サメやら・・・

Cimg3600 笑福亭鶴瓶似などが・・・

泳いでいます。干潟のエリアでは・・・

ムツゴロウもいました。Cimg3601

Cimg3602 玄界灘の水槽には・・

Cimg3604   Cimg3603

綺麗な熱帯性海水魚のほか・・・(右)ゴンズイ玉が!非常に危険なので海で出会ったら要注意!

勉強室があって・・・Cimg3605

Cimg3606 カブトガニの展示

国指定天然記念物のカブトガニですが、伊万里湾で養殖もしているそうです。ちなみに・・・タイではカブトガニを喰いますwww

その先に・・・

Cimg3607

まぁ~!立派なリュウグウノツカイの剥製標本!私が今まで見た中で最も大きいかもしれない!

つづく

佐賀県立宇宙科学館 常設展示 その4

2018年 佐賀ドライブ 恐竜展編 その13

Cimg3580 その先、何やら行列ができていて・・

左へ行くとアクアリウム、右は地震体験マシーン 地震体験マシーンに乗るための行列のようで・・・まぁ・・・なんとも物好きな家族連れの多いこと。私は華麗にスルーして先に進む。

これが地震体験マシーンだ!Cimg3581

Cimg3582 壁面にでっかいツノ

マヤシフゾウのツノ ・・・ってこれ象?と思って調べたら・・・象とは名ばかり。鹿や猪の仲間だそうです。

Cimg3583 Cimg3584

(左)シガゾウの臼歯2点 熊本県天草市産出(右)ナウマンゾウの臼歯 佐賀県唐津市産出 日本にもかつて象がいたなんて想像もできません

この先・・・

アクアリウム Cimg3586

Cimg3587 Cimg3589

佐賀県内に生息する昆虫の標本なんかがあったり・・・

Cimg3590 ズラリと並んだ水槽

その中には・・・佐賀県に生息する水棲生物

すっぽん!Cimg3591

Cimg3592

淡水魚がうようよ・・・Cimg3593

Cimg3594

苔が綺麗なアクアテラリウムの中には・・・

Cimg3595 タナゴが泳いでいます・・・

つづく

2018年4月 7日 (土)

海響館へ行ったYO! part19 最終回

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その26

Cimg0689 Cimg0688

(左)オープンラボ (右)天井からイルカの骨格標本 その先には・・・

Cimg0690 ショップがあります。

Cimg0691 Cimg0692

いろいろあって・・・ほ・・・欲すぃ・・・

このショップで昔・・・カエルのわたなべくんWatanabe_kunを衝動買いしたな~・・・。そのわたなべくんは現在も自宅冷蔵庫にへばりついて健在です。

ショップの向かいには・・・

Cimg0693 岩石の展示

ノルウェーで採掘された希少石だそうです。この展示はノルウェーのソロムソ博物館の出張展示だそうで、シロナガスクジラの骨格標本展示がきっかけで交流が始まり、毎年展示が更新されているそうです。

マッコウクジラの顎の骨Cimg0698

そして・・・天井からは・・・

Cimg0696

シロナガスクジラの全身骨格標本 本物!

Cimg0702 とてつもなくでかいぞ!

その脇には・・・

オウギハクジラの骨格標本Cimg0700

その裏には・・・

Cimg0704 バンドウイルカの骨格標本

シロナガスクジラの全身骨格標本があるのは日本では和歌山の太地町立くじら博物館とこの海響館だけじゃないかな・・・

またいつか会いに来るね~♪Cimg0707

Cimg0711 Cimg0712

館の外へ出ると・・・くじらさん ありがとう のモニュメント。捕鯨基地下関ならではです。海響館おしまい

海響館公式HP

つづく

海響館へ行ったYO! part18 食べる!!生き物たちの食事

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その25

12:35 ぼちぼち下関駅へ戻らないといけないなぁ・・・とか思いながら歩くと・・・

まだ展示がある~wwwwCimg0665

Cimg0666 Cimg0667

企画展示 食べる!!生き物たちの食事 特徴的な餌の食べ方をする魚に迫った展示の様です。

Cimg0669 ハナイカ

狙った獲物を一瞬でハンティング!と言うキャッチコピーです

Cimg0671 Cimg0672

(左)ヤマトカラッパ(右)トラフカラッパ この団子のようなカニは、大きなはさみで缶切りのようにして貝をこじ開けて食事をする蟹です。

Cimg0674 Cimg0675

(左)うとぅぼ~!ことトラウツボ 口の中に「第二の口」がある魚として紹介されています。(右)イソモンガラ 棘もなんのその!ウニクラッシャーとして紹介。

ハダカカメガイ Cimg0678

またの名をクリオネ ↓動画はクリックで再生

 
この海の妖精・・・見た目によらず怖い捕食の仕方をします。これ昔、「トリビアの泉」でやっていた!!気になる方はこちらをどうぞ!

Cimg0679 フリソデエビ

ヒトデの背中に乗ってつまみ食いしながら暮らすエビです。

サンゴ礁の魚 Cimg0681

ブダイの仲間やチョウチョウウオの仲間は、サンゴの隙間に口先を突っ込んで餌が食べられるようになっています。

Cimg0683 ダルマザメの標本

デーモン・ホエール・バイター(クジラの噛みつき魔)の別名を持つ深海魚で、クジラなどに噛みついて肉を削り取って食べるという習性をもっています。

最後はガラルファーCimg0686

ドクターフィッシュとして知られています。ちびっ子たちが水槽に手を突っ込んで角質を食べられていました。

Cimg0687 これにて展示終了~

つづく

2018年4月 6日 (金)

海響館へ行ったYO! part17 ペンギン村⑤ フンボルトペンギン特別保護区~ふれあい広場

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その24

時間が無いので早々に先へ進む・・・

エスカレーターを上っていく・・・Cimg0643

Cimg0642 上りきると・・・

屋外の展示へ

Cimg0644

フンボルトペンギン特別保護区
フンボルトペンギンの重要な生息場所の一つ、チリの「アルガロボ島」を再現し、特殊な土や専用の巣箱を用意することで、フンボルトペンギンがより自然な状態で営巣や育雛などができるようにこだわった設計になっており、従来の展示施設とは一線を画する施設です。(海響館公式HPより)

ゴツゴツとした岩場の Cimg0645

Cimg0646 Cimg0647

岩陰や巣穴・・・そこら中にフンボルトペンギンがいます・・・

Cimg0649 思わず叫ぶ・・・

フンボルトー!Cimg0650

Cimg0651 Cimg0652

この日は暖かったので皆のんびり日向ぼっこ・・・・

Cimg0653 Cimg0654

順路を進んでいくと・・・

Cimg0655 プールがあって

Cimg0656 Cimg0657

Cimg0658 気ままに泳いでいます

Cimg0662 Cimg0658_2

その先には・・・

Cimg0659 ふれあい広場

ここでは定期的に給餌解説や写真撮影会なんかをやっているそうですが・・・時間が無いので先へ進む・・・

Cimg0660 Cimg0661

下関水族館は昔、関門橋の北側、長府にあって何度か行ったことがありました。ペンギンの展示ももっと身近で手を伸ばせば手が届くくらいのところに展示してありました。

何度かペンギンに噛まれて、一緒に来ていた人にバカウケ(笑)その後、岩合さんのペンギンの写真集もらったり・・・最初のハンドルネーム(ピピン@時代)がペンギンだったり・・・何かと縁のある水族館でしたが・・・1999年の台風18号で壊滅的被害を受け、その後、この海響館がオープンすることになりました。

・・・そんな事を思い出しながら・・・

Cimg0664 先へ進む・・・

つづく

海響館へ行ったYO! part16 ペンギン村④ ペンギン学校

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その23

トンネルを抜けると・・・

ペンギン学校 Cimg0631

Cimg0632 パネルやら

各種資料で Cimg0633

ペンギンの事をより詳しく学習することができます。

この時点で12時20分・・・うぅ~・・・ゆっくり見たいけど時間が足りないー!

Cimg0634 キングペンギンの剥製

Cimg0635 Cimg0636

そして骨格標本~各種資料

Cimg0637 卵の比較や・・・

各種ペンギンの剥製Cimg0638

Cimg0639_2 Cimg0640

・・・とてもじゃないけど時間が足りねぇ~!

Cimg0641 これだけ充実しているので

2010年エンリッチメント賞受賞も納得!

つづく

より以前の記事一覧

最近のトラックバック