2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

水族館

2018年4月 7日 (土)

海響館へ行ったYO! part19 最終回

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その26

Cimg0689 Cimg0688

(左)オープンラボ (右)天井からイルカの骨格標本 その先には・・・

Cimg0690 ショップがあります。

Cimg0691 Cimg0692

いろいろあって・・・ほ・・・欲すぃ・・・sweat02

このショップで昔・・・カエルのわたなべくんWatanabe_kunを衝動買いしたな~・・・。そのわたなべくんは現在も自宅冷蔵庫にへばりついて健在です。

ショップの向かいには・・・

Cimg0693 岩石の展示

ノルウェーで採掘された希少石だそうです。この展示はノルウェーのソロムソ博物館の出張展示だそうで、シロナガスクジラの骨格標本展示がきっかけで交流が始まり、毎年展示が更新されているそうです。

マッコウクジラの顎の骨Cimg0698

そして・・・天井からは・・・

Cimg0696

シロナガスクジラの全身骨格標本 本物!

Cimg0702 とてつもなくでかいぞ!

その脇には・・・

オウギハクジラの骨格標本Cimg0700

その裏には・・・

Cimg0704 バンドウイルカの骨格標本

シロナガスクジラの全身骨格標本があるのは日本では和歌山の太地町立くじら博物館とこの海響館だけじゃないかな・・・

またいつか会いに来るね~♪Cimg0707

Cimg0711 Cimg0712

館の外へ出ると・・・くじらさん ありがとう のモニュメント。捕鯨基地下関ならではです。海響館おしまい

海響館公式HP

つづく

海響館へ行ったYO! part18 食べる!!生き物たちの食事

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その25

12:35 ぼちぼち下関駅へ戻らないといけないなぁ・・・とか思いながら歩くと・・・

まだ展示がある~wwwwCimg0665

Cimg0666 Cimg0667

企画展示 食べる!!生き物たちの食事 特徴的な餌の食べ方をする魚に迫った展示の様です。

Cimg0669 ハナイカ

狙った獲物を一瞬でハンティング!と言うキャッチコピーです

Cimg0671 Cimg0672

(左)ヤマトカラッパ(右)トラフカラッパ この団子のようなカニは、大きなはさみで缶切りのようにして貝をこじ開けて食事をする蟹です。

Cimg0674 Cimg0675

(左)うとぅぼ~!ことトラウツボ 口の中に「第二の口」がある魚として紹介されています。(右)イソモンガラ 棘もなんのその!ウニクラッシャーとして紹介。

ハダカカメガイ Cimg0678

またの名をクリオネ ↓動画はクリックで再生

 
この海の妖精・・・見た目によらず怖い捕食の仕方をします。これ昔、「トリビアの泉」でやっていた!!気になる方はこちらをどうぞ!

Cimg0679 フリソデエビ

ヒトデの背中に乗ってつまみ食いしながら暮らすエビです。

サンゴ礁の魚 Cimg0681

ブダイの仲間やチョウチョウウオの仲間は、サンゴの隙間に口先を突っ込んで餌が食べられるようになっています。

Cimg0683 ダルマザメの標本

デーモン・ホエール・バイター(クジラの噛みつき魔)の別名を持つ深海魚で、クジラなどに噛みついて肉を削り取って食べるという習性をもっています。

最後はガラルファーCimg0686

ドクターフィッシュとして知られています。ちびっ子たちが水槽に手を突っ込んで角質を食べられていました。

Cimg0687 これにて展示終了~

つづく

2018年4月 6日 (金)

海響館へ行ったYO! part17 ペンギン村⑤ フンボルトペンギン特別保護区~ふれあい広場

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その24

時間が無いので早々に先へ進む・・・

エスカレーターを上っていく・・・Cimg0643

Cimg0642 上りきると・・・

屋外の展示へ

Cimg0644

フンボルトペンギン特別保護区
フンボルトペンギンの重要な生息場所の一つ、チリの「アルガロボ島」を再現し、特殊な土や専用の巣箱を用意することで、フンボルトペンギンがより自然な状態で営巣や育雛などができるようにこだわった設計になっており、従来の展示施設とは一線を画する施設です。(海響館公式HPより)

ゴツゴツとした岩場の Cimg0645

Cimg0646 Cimg0647

岩陰や巣穴・・・そこら中にフンボルトペンギンがいます・・・

Cimg0649 思わず叫ぶ・・・

フンボルトー!Cimg0650

Cimg0651 Cimg0652

この日は暖かったので皆のんびり日向ぼっこ・・・・

Cimg0653 Cimg0654

順路を進んでいくと・・・

Cimg0655 プールがあって

Cimg0656 Cimg0657

Cimg0658 気ままに泳いでいます

Cimg0662 Cimg0658_2

その先には・・・

Cimg0659 ふれあい広場

ここでは定期的に給餌解説や写真撮影会なんかをやっているそうですが・・・時間が無いので先へ進む・・・

Cimg0660 Cimg0661

下関水族館は昔、関門橋の北側、長府にあって何度か行ったことがありました。ペンギンの展示ももっと身近で手を伸ばせば手が届くくらいのところに展示してありました。

何度かペンギンに噛まれて、一緒に来ていた人にバカウケ(笑)その後、岩合さんのペンギンの写真集もらったり・・・最初のハンドルネーム(ピピン@時代)がペンギンだったり・・・何かと縁のある水族館でしたが・・・1999年の台風18号で壊滅的被害を受け、その後、この海響館がオープンすることになりました。

・・・そんな事を思い出しながら・・・

Cimg0664 先へ進む・・・

つづく

海響館へ行ったYO! part16 ペンギン村④ ペンギン学校

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その23

トンネルを抜けると・・・

ペンギン学校 Cimg0631

Cimg0632 パネルやら

各種資料で Cimg0633

ペンギンの事をより詳しく学習することができます。

この時点で12時20分・・・うぅ~・・・ゆっくり見たいけど時間が足りないー!

Cimg0634 キングペンギンの剥製

Cimg0635 Cimg0636

そして骨格標本~各種資料

Cimg0637 卵の比較や・・・

各種ペンギンの剥製Cimg0638

Cimg0639_2 Cimg0640

・・・とてもじゃないけど時間が足りねぇ~!

Cimg0641 これだけ充実しているので

2010年エンリッチメント賞受賞も納得!

つづく

海響館へ行ったYO! part15 ペンギン村③ 水中トンネル

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その22

Cimg0620

続いてペンギンの水槽を水中側から見る事ができるエリアへ。さきほどの足元が水槽へ

せり出た部分が見える。Cimg0621_3

ペンギンは不思議そうに・・・

Cimg0622_2 人間を見ている。

陸上ではダルそうに突っ立ていたのに・・・

Cimg0623_2 Cimg0624

水中に飛び込んだ後は・・・水を得た魚・・・ならぬ水を得たペンギン!ここぞとばかり飛ぶように泳ぐ泳ぐ!泳ぎまくって・・・時々、不思議そうに・・・

Cimg0625 こっちを見るwww

そして泳ぐ・・・Cimg0626

Cimg0627

トンネルの中へ・・・ ↓動画はクリックで再生

 
頭上から・・・

Cimg0629 足元へ・・・

物凄いスピードで泳ぐCimg0630

つづく

海響館へ行ったYO! part14 ペンギン村②

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その21

通路を歩いて・・・Cimg0610

Cimg0611 横から見てみる

Cimg0612 Cimg0614

(左)ペンギンと飛ぶ鳥の羽毛の違い(右)飼育されているペンギンの紹介

このエリアはペンギンが泳ぐ水槽にせり出していて・・・

足元もアクリルです。Cimg0613

通路が下り坂になって・・Cimg0615_2

Cimg0616 歩いているうちに・・・

水面が目線の高さに・・・Cimg0617

Cimg0618 そして水中を・・・

縦横無尽に飛ぶ・・・Cimg0619

いや・・・泳ぐペンギンの姿が見えます。

つづく

海響館へ行ったYO! part13 後半 ペンギン村①

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その20

カモンワーフで飯食って・・・

Cimg0598 海響館に戻る

12:10 入り口で再入館の旨をスタッフに申し出、一時退館するとき、手の甲に押してもらった透明のスタンプにブラックライトを当てると・・・ぼんやり絵が浮き上がって来て、無事再入館することができます。後半は玄関入って右側の・・・

ペンギン村へと行きます!Cimg0599

このペンギン村、2001年の海響館オープン当時はまだなくて、後に追加で作られたのですが・・・これができてからこの水族館は劇的に良くなった!まさに長崎ペンギン水族館への挑戦状と言うべきか!?(笑)これだけ充実したペンギンの展示は他に見たことがありません。

Cimg0601 Cimg0600  

順路を進むと・・・海響館で飼育されているペンギンの紹介。通路にはペンギンの足跡・・・これがLEDで光るwww

Cimg0602 階段を降りていくと・・

Cimg0603

大きなペンギンの展示場

Cimg0604_2 Cimg0605

おっきいのから・・・

ちっちゃいのまで・・・Cimg0606

Cimg0607 うようよいますwww

何を考えているのか・・・・

ぼ~っとしています。Cimg0608

29570757_10214060026642307_10280059 思わず一緒に撮ってみるwww

↑こいつはガラス付近に近寄って来た本物ですが・・・・

こちらは作り物 Cimg0609

つづく

2018年4月 5日 (木)

海響館へ行ったYO! part12 前半終了

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その17

再び、海のゆりかご・・・

Cimg0568 アマモの展示があって

地味な魚がいました・・・Cimg0569

その先は・・・海響館の飼育員さんたちが採ってきた魚を展示する・・・

Cimg0570 とれとれタンク

このタコー!Cimg0571

Cimg0572 マツバガニ

山口県周辺のサンゴCimg0574

大きな水槽にも・・・

Cimg0577 沢山泳いでいます

Cimg0580 Cimg0581

(左)下関近海のタカラガイ (右)ウミウシの写真パネル展示なんかがあって・・・

とりあえず前半終了Cimg0582

最後の最後に・・・

Cimg0583 ストロマトライト

光合成能力のある細菌や藍藻類の堆積によって形成された縞状の石灰質構造。その形成年代を測定することで古代地球の環境を推定できる。(大辞林第三版より)

ストロマトライト御船町恐竜博物館にも巨大なサンプルが展示されていました。

この時点で時間は11時半近く。そろそろお昼時。せっかく下関まで来たんだから、水族館のレストランで喰うよりは唐戸市場に併設してあるカモンワーフで喰いたい。

嬉しいことに、水族館と言うのは一回外に出ても、再入館と言う素晴らしいシステムがある。

ペンギン村の前を素通りして・・・Cimg0585

Cimg0586 Cimg0587

出口へ。スタッフに「再入館します」旨伝えて手の甲に透明なスタンプを押してもらい、一旦外へ出る・・・

つづく

海響館へ行ったYO! part11 アザラシやらスナメリやら・・・

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その16

シーラカンスの向かいには・・・猛スピードで泳ぐ奴ら・・・

Cimg0553 スーッ

Cimg0554 Cimg0555

スーッ ゴマフアザラシさん・・・

時々止まって周囲を観察 Cimg0557

Cimg0558 また泳ぐ・・・

その横の水槽には・・・スナメリ

この2匹が仲が良くて・・・Cimg0561

時々傍らで見ていた1匹が・・・

Cimg0562 乱入してごちゃ混ぜ(笑)

そして再び・・・

ランデブー!Cimg0563

Cimg0564 Cimg0565

ここのスナメリは時間になるとバブル・パフォーマンスを見せてくれます。今回は時間がなくてパス!しれにしても・・・やっぱり・・・

Cimg0566 可愛らしいです。

Cimg0567 つづく

海響館へ行ったYO! part10 アマゾンの淡水魚など・・・

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その15

Cimg0525

さて・・・その先は・・・アマゾンの淡水魚の展示

Cimg0526 私の大好物

Cimg0527 Cimg0528

古代魚がうようよいます!

Cimg0529 Cimg0530

やっぱり存在感があるのは・・・

Cimg0531 ピラルクー!!

シクリッドの展示 Cimg0532

Cimg0534 Cimg0535

ディスカスエンゼルフィッシュが仲良く泳いでいます・・・

Cimg0533 可愛いなぁ~

スポッテッド・スティングレイCimg0536

淡水エイです。この個体は全長20㌢位でしたが、昔、タイのジムトンプソンの家で2m級の奴を見たことがあります。

Cimg0537 その先・・・何やら三葉虫

Cimg0538 Cimg0539

アンモナイトもあって・・・何かな?と思ったら・・・

Cimg0541 Cimg0542

(左)トビハゼやら(右)カブトガニなんかの干潟の生き物・・・

Cimg0543マングローブを再現した水槽

Cimg0545 Cimg0546

アーチャーフィッシュ(テッポウウオ)が泳いでいます。

Cimg0549 Cimg0550

深海の魚の展示

Cimg0551 シーラカンスの標本

つづく

より以前の記事一覧

最近のトラックバック