2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part5 | トップページ | メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part7 »

2018年8月13日 (月)

メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part6

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

その先も・・・

Cimg3096 海洋生物の展示が続く

Cimg3097 Cimg3099

(左)セイロクリヌス (右)パキディキクス

Cimg3101 Cimg3103

(左)イソテルス・レックス 三葉虫類の化石です (右)この化石は一つの石に2つの化石が埋まっているそうで・・・左)プテリゴトゥス 右)エウリプテルス どちらもウミサソリ類だそうです。

Cimg3107 そして展示は・・・ゾーン2に突入!

ケースに入った展示 Cimg3108

Cimg3109 メガロサウルス 下顎

メガロサウルス(Megalosaurus)はイグアノドンと並び、恐竜研究史の最初期に発見された獣脚類で、メガロサウルス属の総称。体長7~10m。「大きな龍(トカゲ)」を意味する。和名は斑竜(はんりゅう)。(wikipediaより)

そして・・・

イグアノドン 生体復元 Cimg3110

イグアノドンって奴は、バンコクのダイナソー・プラネットでも思いましたが・・・研究が進んで、私が子供の頃図鑑で見た姿とは全く別物になってしまいました。(笑)

Iguanodon ←私が子供の頃のイグアノドン復元図

Cimg3112 イグアノドン 歯

でっかい足の骨!Cimg3113

ブロントサウルスの上腕骨だそうです。その先には・・・

Cimg3114 化石発掘現場・・

・・・のような展示

カマラサウルス 胴椎 Cimg3115

カマラサウルス(Camarasaurus)は、ジュラ紀後期(1億5500万年-1億4500万年前)に北アメリカ大陸で最も栄えていた草食の竜脚類恐竜の一種。学名は「空洞を持つトカゲ」の意。(wikipediaより)

出土したアメリカでは・・・

Camarasaurus 切手にもなっている!

ケースに入った展示は・・・Cimg3116

Cimg3117 Cimg3118

(左)カマラサウルス幼体 頚椎 (右)カマラサウルス亜成体 頚椎

Cimg3119

(左)カマラサウルス生体 環椎(中)同 軸椎 (右)同 第三頸椎

つづく

« メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part5 | トップページ | メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part7 »

催し物」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2434775/74001660

この記事へのトラックバック一覧です: メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part6:

« メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part5 | トップページ | メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part7 »

最近のトラックバック