2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part2 | トップページ | メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part4 »

2018年8月12日 (日)

メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part3

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

その奥に・・・一際大きな恐竜が・・・

Cimg3023 スピノサウルス生体復元

Cimg3024 Cimg3025

スピノサウルスは水辺に棲んでいて水かきを持っていた・・・という説がありますが、この復元模型には水かきはありませんでした。全長17メートルの巨体・・・

でっかいぞ~!Cimg3026

Cimg3028 カルカロドントサウルス生体復元

今にも喰いかかって来そう Cimg3031

Cimg3029 Cimg3030

カルカロドントサウルスは、白亜紀前期から後期の北アフリカに棲息した大型肉食恐竜である。

学名
歯の特徴がホオジロザメ(カルカロドン)の歯を彷彿とさせたため、それにちなんで命名された。要するに、「ホオジロザメ(の歯をもつ)爬虫類」である。「カルカロドン」そのものは「鋭い歯」を意味する。 (ピクシブ百科事典より)

バハリアサウルス生体復元 Cimg3033

中生代白亜紀前期のエジプトに生息した大型の肉食恐竜。全長約6~12mほどの大型の肉食恐竜である。

名前の由来は「バハリア(エジプトの地名)のトカゲ」から来ている。 長さ120㎝の腰骨が知られている大型の肉食恐竜でティラノサウルス・レックス級の大きな肉食恐竜と言われているが、その腰骨は軽い造りとなっており、体全体は細身だったと考えられている。分類ははっきり分かっていないが、大型の割りに細身で軽量で足が速かったと言われるデルタドロメウスとシノニム(同種異名)であるとも言われている。(ピクシブ百科事典より)

Cimg3034 Cimg3035

ちょっと小ぶりですが、手はしっかりしてます(笑)

壁からにょろり~ん・・・Cimg3037

パラリィテタン頚部復元

パラリティタン(Paralititan 「海辺の巨人」の意味)はエジプトにあるバハリヤ層の白亜系上部の地層の浜辺の堆積物から発見された巨大なティタノサウルス類の竜脚類恐竜の属の一つである。9800万年前から9300万年前に生息していた。ある科学ジャーナリストからは地球上で史上二番目に大きい生物と呼ばれている。(wikipediaより)

Cimg3038

でろり~んとした感じが良いですww

つづく

« メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part2 | トップページ | メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part4 »

催し物」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2434775/74000052

この記事へのトラックバック一覧です: メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part3:

« メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part2 | トップページ | メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part4 »

最近のトラックバック