2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part1 | トップページ | メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part3 »

2018年8月12日 (日)

メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part2

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

AIMビルの中を通って、と突き当りのドアから外に出て階段を降りると・・・西日本総合展示場 本館がありました。

Cimg3001 Cimg3000

こりゃわかりにくいぞ!annoy 主催者はもう少し会場への案内に配慮したほうが良いぞ!

Cimg3002 当日券1500円購入!

音声ガイドは無かったのでそのまま・・・

いざ!会場へ!!Cimg3003

最近のこう言う展示会は嬉しい事に撮影OK!camera ここでも入り口には撮影歓迎の案内がありました。(ただしフラッシュ撮影は禁止)

Cimg3007 ゾーン1へ突入!

いきなり目の前に巨大な化石が・・・

アンフィコエリアスの胴椎模型 Cimg3004

脊椎骨の断片は1500mm(復元すると約2.4m)あったといわれており、それから推定される全長はおよそ60 m超、体重およそ150tである。だが、E. D. コープにより発見された唯一の物証であるその脊椎骨は、発掘されたコロラド州モリソンからニューヨークのアメリカ自然史博物館へ輸送する過程で、紛失してしまい所在は今も分かっていない。(wikipediaより)

まさに幻の巨大恐竜です! その先には・・・

Cimg3009

トリケラトプスvsティラノサウルス その脇に・・・目立たないように、ひっそりといた・・・

Cimg3010 ドロマエオサウルス

生体復元模型

Cimg3015 Cimg3016

小さいけど睨みを効かせています・・・。

ティラノサウルス生体復元Cimg3017

Cimg3018 Cimg3019

迫力あるけど・・・手ちっちぇ~!www

Cimg3020 トリケラトプス生体復元

襟がイマイチ小さいww Cimg3022

Cimg3021 両者の睨み合い!

つづく

« メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part1 | トップページ | メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part3 »

催し物」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2434775/74000045

この記事へのトラックバック一覧です: メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part2:

« メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part1 | トップページ | メガ恐竜展 2018 巨大化の謎にせまる part3 »

最近のトラックバック