2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 御船町恐竜博物館 ティラノサウルス~進化の謎に迫る~ part3 | トップページ | 御船町恐竜博物館 ティラノサウルス~進化の謎に迫る~ part5 »

2018年7月29日 (日)

御船町恐竜博物館 ティラノサウルス~進化の謎に迫る~ part4

2018年 熊本ドライブ 恐竜展編 その7

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

生体復元模型の展示

Cimg2848 グアンロン

ジュラ紀のティラノサウルス類だそうですが・・・

もふもふしてます。Cimg2849

顔のアップだけ見たら・・・

Cimg2851 なんとなく鳥っぽい

その横のやつも・・・

ちょっともふもふ・・・Cimg2852

Cimg2853 ディロン・パラドクサス

ディロング (帝龍、Dilong) は中生代白亜紀前期(約1億3,000万年前)の満洲に生息した、羽毛恐竜の一つ。ティラノサウルス上科に分類され、知られている中で最も祖先的な形態を持つ。出土地は遼寧省熱河層群。

属名 Dilong は中国語における呼び名「帝龍」(ピンイン: dìlóng; ティーロン)に由来する。 模式種の種小名 paradoxus は(ギリシャ語由来の)ラテン語で、「常識を超えた、驚くべき」の意。(wikipediaより)

脚だけ見ると鳥っぽい。Cimg2857

Momiji ←鶏のもみじみたいに・・・

コラーゲンたっぷりだったのかな?(笑)

Cimg2858 その横大きな頭骨は

タニコラグレウス・トップウィルソニ 頭骨

噛まれたら痛いぞ~Cimg2861

つづく

« 御船町恐竜博物館 ティラノサウルス~進化の謎に迫る~ part3 | トップページ | 御船町恐竜博物館 ティラノサウルス~進化の謎に迫る~ part5 »

博物館」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

催し物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御船町恐竜博物館 ティラノサウルス~進化の謎に迫る~ part4:

« 御船町恐竜博物館 ティラノサウルス~進化の謎に迫る~ part3 | トップページ | 御船町恐竜博物館 ティラノサウルス~進化の謎に迫る~ part5 »

最近のトラックバック