2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 恐竜展@福岡市科学館 その5 コンカベナートル | トップページ | 恐竜展@福岡市科学館 その7 アクロカントサウルス »

2018年4月25日 (水)

恐竜展@福岡市科学館 その6 ステゴサウルス 対アロサウルス

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

その向かいには・・・

Cimg1544

お馴染み・・・ ステゴサウルス 全身骨格 <屋根のあるトカゲ>という意味の名前です。 こ奴は図体がでかい割には・・・

Cimg1545 頭ちっちぇ~!

犬の頭くらいの大きさしかないので、動きが遅かったとかいう話も聞いたことがあります。

背中の骨板 Cimg1546

これに血管が通っていて体温調節の役割を果たしていたと考えられています。

Cimg1547 尻尾のトゲ

肉食恐竜に襲われた時、これを思い切って振り回して撃退したのでしょうか・・・

その向かいには・・・

Cimg1550

アロサウルス 全身骨格 <変わったトカゲ>という意味の名前

Cimg1552 こいつは・・・

噛まれたら痛いぞ~!Cimg1553

ティラノサウルスよりは噛む力が弱かった可能性があるが、首の可動性が高く、筋肉もついていたので上顎を叩きつけるようにして獲物を襲ったと考えられているそうです。

Cimg1554 指もちゃんと3本あるし~

引掻かれたら痛いぞ!Cimg1555

Cimg1556 いざ勝負!

ステゴサウルス 対アロサウルス

実際にアロサウルスに襲われた形跡のあるステゴサウルスの化石も、アメリカで発見されています。

つづく

« 恐竜展@福岡市科学館 その5 コンカベナートル | トップページ | 恐竜展@福岡市科学館 その7 アクロカントサウルス »

博物館」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

催し物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜展@福岡市科学館 その6 ステゴサウルス 対アロサウルス:

« 恐竜展@福岡市科学館 その5 コンカベナートル | トップページ | 恐竜展@福岡市科学館 その7 アクロカントサウルス »

最近のトラックバック