2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 恐竜展@福岡市科学館 その2 切手・コインの展示~昔と今の恐竜の復元模型 | トップページ | 恐竜展@福岡市科学館 その4 トリケラトプス全身骨格 »

2018年4月24日 (火)

恐竜展@福岡市科学館 その3 トリケラトプスの仲間 角竜の頭骨

【ネタバレ注意】この催しの内容をを詳細にリポートしています。

壁面展示の続き・・・

Cimg1498 プロトケラトプス

生体模型と左脇には、同じくプロトケラトプス幼体の骨格標本。<最初の角をもった顔>という意味の名前です。

あぁ~こういうの一匹、ペットにほしいなぁ~!

壁の向かいに・・・みんな大好き!トリケラトプスコーナー!

Cimg1499 Cimg1500_2

パキリノサウルス 頭骨 <ぶ厚い鼻を持つトカゲ>という意味の名前です。

ディアブロケラトプス 頭骨 Cimg1502

<悪魔の角を持つ顔>という意味の名前です。

Cimg1504 ナストケラトプス 頭骨

<大鼻の角のある顔>という意味の名前です。

コスモケラトプス 頭骨 Cimg1506

<飾られた角のある顔>という意味の名前

Cimg1508 ユタケラトプス 頭骨

<ユタ州の角のある顔>という意味の名前

Cimg1510 Cimg1511

コアウイアケラトプス 頭骨 <コアウイラ(メキシコの地名)の角のある顔>

これらのトリケラトプス類の頭骨は写真で見ると一見小さそうですが、これが口ばしから襟飾りのトップまでは1,5~2m近くある巨大なもので・・・ぜひこの機会に実物を鑑賞してもらいたいです。

さて・・・壁面展示に戻って・・・

Cimg1513

幼体から成体までのプロトケラトプス 頭骨

つづく

« 恐竜展@福岡市科学館 その2 切手・コインの展示~昔と今の恐竜の復元模型 | トップページ | 恐竜展@福岡市科学館 その4 トリケラトプス全身骨格 »

博物館」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

催し物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 恐竜展@福岡市科学館 その2 切手・コインの展示~昔と今の恐竜の復元模型 | トップページ | 恐竜展@福岡市科学館 その4 トリケラトプス全身骨格 »

最近のトラックバック