2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 江山楼でちゃんぽん喰ったYO! | トップページ | 出島 part2 表門~筆者蘭人部屋 »

2018年4月16日 (月)

出島 part1 南側護岸石垣~表門橋

2018年 青春18きっぷの旅 春 第3弾 その10

12:30 中華街を出て・・・ビルが林立するオフィス街を、スマホのナビを頼りに歩いていると・・・側溝があった。

Cimg1174 出島 南側護岸石垣

この石垣は教科書に乗っている出島の図の一番上の部分の石垣で、これから外(写真では右側方向)は、かつて海でした。そして出島の内側に、立派な木が・・・

県指定天然記念物 デジマノキ Cimg1175

デジマノキは、ナンヨウスギ科の常緑高木で、東南アジア一帯に自生している。別名コパールノキ、学名はAgathis dammara(アガチス・ダマーラ)という。原産地では高さ45メートル、幹の直径4メートルの大木にも育つ。若木のときは下の枝を落とすので、幹に節ができない。原産地でも生長は遅く、高さ10メートル、幹囲1.5メートルになるには100年を要するという。この木は樹高10メートル、胸高幹囲1.2メートルあるが、幕末の頃オランダ人によって、オランダの貿易の根拠地であったジャカルタ地方から持ち込んだ幼木が育ったものである。日蘭修交の歴史を語る貴重な記念樹である。(案内板より)

この横の洋館(東側明治ゲート)からも中に入ることが出来たのですが・・・

Cimg1178 せっかくなので正面に回る

出島の敷地沿いに歩くと・・・古い鉄橋があります。

Cimg1179 Cimg1180

現役の鉄製の道路橋としては日本最古と言われる出島橋です。出島橋を渡ると・・・

Cimg1181 お堀のような中島川

この一帯(出島の向かい側)は昔、古いビルが立ち並んでいて雑然としていましたが、完全に撤去されて・・・

歩道になっていますCimg1183

そして、この旅行で見るのを楽しみにしていた新しい橋・・・

Cimg1185

12:35 出島表門橋

------------------------------------------------------------

長崎・出島「表門橋」130年ぶりに復元

Dejima_omotemon_hashi  長崎市の国史跡「出島和蘭(オランダ)商館跡」で、江戸時代に島と対岸を結ぶ唯一の橋だった「表門(おもてもん)橋」(約38メートル)が約130年ぶりに復元され24日、完成記念式典があった。秋篠宮ご夫妻やオランダ王室妃が出席し、市民を含む約800人が渡った。

 1636年に完成し、欧州との唯一の交易拠点となった出島は海に囲まれた人工島だった。その後、周囲は埋め立てられ一部は河川となり、表門橋は1888~89年ごろ撤去された。市は出島を往時の姿に復元する事業を進めており橋が復活した。

 式典で田上(たうえ)富久市長は「私たちが誇れる橋が誕生した。未来への架け橋となるだろう」と語った。【浅野翔太郎】 2017年11月24日 20時29分 (毎日新聞より)

------------------------------------------------------------

前回、出島を訪れた時(2013年10月)、ボランティアのおじさんが「対岸のナカシマ産業がやっと立ち退くので昔の姿が再現される」と言っていたのはこの事でした。

Dejima10

まさに↑この地図の真中の位置に架かる橋を・・・

歩いて渡っていく・・・・Cimg1186

江戸時代の人も・・・・Cimg1187

Cimg1188 こんな風景を見てたのかな?

つづく

« 江山楼でちゃんぽん喰ったYO! | トップページ | 出島 part2 表門~筆者蘭人部屋 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行 国内」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出島 part1 南側護岸石垣~表門橋:

« 江山楼でちゃんぽん喰ったYO! | トップページ | 出島 part2 表門~筆者蘭人部屋 »

最近のトラックバック