2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 唐戸市場方面への道① | トップページ | 海響館へ行ったYO! part1 エントランス »

2018年4月 3日 (火)

唐戸市場方面への道②

2018年 青春18きっぷの旅 春 第2弾 その5

9:20 海沿いの小さな広場に中華民国との

Cimg0287 姉妹締結35周年記念碑

その横にはズラリと並ぶ・・・

スクリューと共に Cimg0288

Cimg0289 捕鯨砲が展示されています

案内板には、捕鯨船「第二十五利丸モニュメント」とありました。第二十五利丸は引退後、しばらくは係留されて乗船見学もできたそうですが、2014年に解体され、この様な展示となったそうです。案内板を眺めていた男性が「高知の捕鯨船は、陸に引き上げてちゃんと保存されているのに、もったいないなぁ~」と名残惜しそうに語っていました。

これに係留していたのでしょう・・Cimg0291_2

Cimg0292

このアンカーもかなりでかかった。

Cimg0293 海峡の向こう側に・・・

門司港レトロ地区の黒川紀章氏設計の高層ビル門司港レトロハイマートが霞んで見えます。ここの展望台にも昔登った事があった!(その時の様子はこちらから←ちょっと重い)

そして・・・

いつの間に出来た?Cimg0294

大観覧車!専門用語で”ぐるんぐるん”!!

Cimg0296この一帯は近年整備され

はい!からっと横丁と言う施設になっていました。

さすが下関part3 Cimg0297

小さな遊具が多数設置されてミニ遊園地のようになっています。

Cimg0298 9:25 更に歩くと・・・

なぜか・・・

ロンドンバス Cimg0299 

二階建ロンドンバス ルートマスター
ロンドンバスの活躍を後世に伝えるプロジェクトの一環として無償譲渡されたそうです。車体は1962年製造されたもので、実際、平成20年から25年まで下関から城下町長府の間を運行していたそうです。

そして・・・一度は乗ってみたい・・・

Cimg0303 遊覧飛行の看板

土日祝限定で運行されていてそうです。各種コースが有って一人4000円から楽しめるようです。

つづく

« 唐戸市場方面への道① | トップページ | 海響館へ行ったYO! part1 エントランス »

旅行 国内」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唐戸市場方面への道②:

« 唐戸市場方面への道① | トップページ | 海響館へ行ったYO! part1 エントランス »

最近のトラックバック