2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 佐賀城本丸歴史館 3 | トップページ | 2017年 佐賀ドライブ part24 最終回  »

2017年10月28日 (土)

佐賀城本丸歴史館 4

2017年 佐賀ドライブ part23

Cimg6758 反射炉断面模型

Cimg6761   Cimg6760

精煉方製作の蒸気船と蒸気車の模型 蒸気船と言えば、筑後川河口に近い早津江川に三重津海軍所跡と言う場所があって、海軍の伝習のみならず、蒸気艦船の建造を目指し、初の国産の本格的な蒸気船「凌風丸」を完成させています。三重津海軍所跡は世界文化遺産に登録されているので、いつか見学に行きたいなぁ~・・・

観光丸(スンピン号) Cimg6764_2

三重津海軍所跡で海軍の伝習に使われた蒸気軍艦。日本の海軍教育に大きな役割を果たしたそうです。

Cimg6767 蒸気船「凌風丸」

1853(慶応元年)年完成

その先、「明治維新と佐賀の群像」と言う展示で、幕末から明治にかけて活躍した佐賀由縁の偉人を紹介するコーナー。もちろん、佐賀市民の25%が一人も知らない”佐賀の7賢人”も紹介!(爆)
--------------------------------------------------------------

佐賀の七賢人「1人も知らぬ」25% 佐賀市アンケート

7人の全正答10%

 佐賀市が市民500人を対象に幕末維新期に活躍した「佐賀の七賢人」の知名度を調査したところ、7人全員の名前を答えられた人は10・2%で、逆に一人も答えられなかった人は25・4%だった。回答が多かったのは早稲田大学創設者の大隈重信で6割を超えた。市は「来年は明治維新150年。企画展などを通じて、多くの人の目に触れるようしていきたい」と知名度アップに努める。9/7(木) 9:10配信(佐賀新聞より抜粋)
--------------------------------------------------------------

最後は情報コーナー PC端末や書籍で佐賀の歴史が学習できるコーナーになっています。

Cimg6768 Cimg6769

飾られていた模型の数々

Cimg6770 玄関を出て左へ行くと・・・

鯱の門 現存する唯一の遺構。1836年に再建された時に建造された本丸の表門。屋根にのる青銅製の鯱にちなんでこの名前がある。(wikipediaより)

Cimg6771 Cimg6772

立派なシャチホコがかります。

Cimg6774 Cimg6775

Cimg6776 門をくぐって・・・

外から眺める Cimg6777

鯱の門の目の前が無料駐車場になります。自販機でコーヒーを買って・・・

Cimg6778 サイノス仔ちゃんに戻る

つづく

« 佐賀城本丸歴史館 3 | トップページ | 2017年 佐賀ドライブ part24 最終回  »

ニュース」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀城本丸歴史館 4:

« 佐賀城本丸歴史館 3 | トップページ | 2017年 佐賀ドライブ part24 最終回  »

最近のトラックバック