2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« Drum Logosへの道 | トップページ | も~!明日は・・・ »

2017年9月15日 (金)

ACCEPT THE RISE OF CHAOS WORLD TOUR 2017 in Fukuoka Japan に行ったYO!

天神橋口交差点から一歩入ったら・・・
 
Cimg6019 親不孝通り
 
かつてこの通りの奥に予備校が沢山あって、それ目当てに飲み屋が乱立www! だれが呼んだか?親不孝通りという名前が付けられ・・・1990年代にはその名前に釣られて福岡都市圏以外の馬鹿者どもが大挙して押し寄せてきたため、長浜公園に交番が設置され、名前も親富考通りと改名され・・・すっかり以前の面影を無くしてしまいました。
 
最近、親不孝通りに戻したらしいけど・・・時はすでに遅し・・・魅力のない街になってしまいました。そんな場所に・・・福岡を代表するライヴハウス Drum Logosがあります。
 
ついたど~!Cimg6021
 
前には200~300人ほどの行列ができていていました。私の整理券番号は116番だったので確認して列に入れてもらう。まもなく開場。
 
21371228_10212562362521640_74286834 早速、燃料投入!
 
18813226_10211664379152617_43923703
 
18:00 ついに開演!一曲目は先月発売された最新アルバム「The Rise of Chaos」よりオープニングナンバー、 Die by the Swordからスタート!voのマークのシャウトが決まっている!Restless and Wild~London Leatherboys~Living for Toniteと立て続けに懐かしいナンバー!声質がウドに似ているので全く違和感が無い!その後も新旧織り交ぜながらLIVEは続く。感動したのは中盤ウルフ・ホフマンのギターソロ。クラシックの名曲の数々を弾きまくっている!
 
このバンドの凄いのはボロボロのクラッシャーヴォイスでメロディアスな歌を歌いあげ、間奏には誰でも知っているクラッシック音楽のフレーズを奏で・・・パワーメタルでありスピードであり・・・なんとも独特のサウンドに痺れてしまう。いやぁ~・・・格好良い!
 
終盤は後方へ移動してバーカウンターでビールを飲みながら観戦!本編最後のFast as a Sharkでぶっ飛んでしまった!(笑)
 
アンコールのMetal Heart~Balls to the Wallはただただ懐かしかった!
 
感動のうちにLIVE終了!21430156_10212562916575491_51251431
ちょこちょこビールを買いに行っていたので、バーカウンターのお姉ちゃんが最後に一杯おごってくれた!(爆)こんなの初めて!www
 
21433059_10155338036759724_90688166
 
↑オフィシャルFBより
 
福岡公演のSetlist
Die by the Sword
Stalingrad
Restless and Wild
London Leatherboys
Living for Tonite
Koolaid
Carry the Weight
Analog Man
No Regrets
Final Journey
Shadow Soldiers
Neon Nights
Princess of the Dawn
Midnight Mover
Up to the Limit
Objection Overruled
Pandemic
Fast as a Shark
 
Encore:
Metal Heart
Teutonic Terror
Balls to the Wall

« Drum Logosへの道 | トップページ | も~!明日は・・・ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACCEPT THE RISE OF CHAOS WORLD TOUR 2017 in Fukuoka Japan に行ったYO!:

« Drum Logosへの道 | トップページ | も~!明日は・・・ »

最近のトラックバック