2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 御船町恐竜博物館 新発見 恐竜時代の支配者 進化するモンタナの恐竜たち part3 | トップページ | 御船町恐竜博物館 新発見 恐竜時代の支配者 進化するモンタナの恐竜たち part5 »

2017年9月18日 (月)

御船町恐竜博物館 新発見 恐竜時代の支配者 進化するモンタナの恐竜たち part4

2017年 熊本ドライブ その5

Cimg6093 T-Rex?

・・・かと思いきや・・・ダスプレトサウルスの頭骨 白亜紀後期カンパニアン期の北米西部に棲んでいた大型のティラノサウルス類だそうです。

プロトケラトプス?Cimg6095

・・・かと思いきや・・・ケラシノプスの全身骨格標本 約8000万年前~7700万年前に現在のモンタナ州西北部に棲息したいたそうです。

Cimg6097 Cimg6099

(左)エイニオサウルスの頭骨 (右)ルベオサウルスの頭骨の一部

Cimg6100 この部分だそうです。

Cimg6101 Cimg6102

(左)アケロウサウルスの頭骨(右)引いてみた感じ・・・

Cimg6104

モンタノケラトプスの骨格

Cimg6108 Cimg6106

モンタノケラトプスの足

Cimg6110

エドモントサウルスの上顎骨 植物をすり潰して食べるような特徴的な形をしています。

アップで見る!Cimg6112

Cimg6113 同 脛骨(すねの骨)

エドモントサウルス頭骨Cimg6115

Cimg6117 同 頭骨

エドモントサウルスは非常に大きなハドロサウルス類で、今まで知られている最大のティラノサウルス・レックスよりも巨大だったそうです。

Cimg6119 Cimg6120

(左)カモノハシリュウに皮膚にさわってみよう!コーナー。そ~っとさわってみるww (右)エドモントサウルの尾の上に皮膚の飾りを持っていた事を示す標本だそうです。

つづく

« 御船町恐竜博物館 新発見 恐竜時代の支配者 進化するモンタナの恐竜たち part3 | トップページ | 御船町恐竜博物館 新発見 恐竜時代の支配者 進化するモンタナの恐竜たち part5 »

博物館」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

催し物」カテゴリの記事

コメント

昔、子供の頃に覚えた恐竜の名前と今って変わってる?
ティラノサウルスはT‐REX?
今はトリケラトプスとかでは呼ばないのかな?
うとくてごめん(笑)

>いそかぜさん
T-Rexはティラノサウルスの略称で、wikiによると古代ギリシャ語で”ティラノ”=暴君”サウルス”=トカゲ 古代ラテン語で”レックス”=王の意味です。
バンド名にもなってますね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 御船町恐竜博物館 新発見 恐竜時代の支配者 進化するモンタナの恐竜たち part3 | トップページ | 御船町恐竜博物館 新発見 恐竜時代の支配者 進化するモンタナの恐竜たち part5 »

最近のトラックバック