2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 淡水福佑宮を見学 | トップページ | 更に淡水を歩く・・・ »

2017年8月10日 (木)

マカイ博士の像~淡水礼拝堂~港

2017年台湾の旅 またまた思いつきで行っちゃった編 その42

中正路を更に進むと・・・

Cimg5430 壁画がありました

あまりに暑いので、またまたコンビニでビールを買って公園で飲む。その公園には・・・

Cimg5431 お髭のおじさんの生首!

これぞマカイ(馬偕)博士像

1872年、宣教師としてカナダから台湾にやってきたマカイ博士は宣教だけでなく、医療や教育にも従事した台湾文化の礎を担った偉人の一人だそうです。

宣教師として異国の地に立ち、その土地の人の生活向上に尽力した人物として、私が思い出したのは、1868年来日、長崎県外海町で活動していたフランス人宣教師マルク・マリー・ド・ロ神父です。丁度、マカイ博士も同じ時代に活動されていたようで・・・同じような志で海を渡ったのでしょうね。

16:20 公園の横の小さな道を入ると・・・ Cimg5432

Cimg5433_2

淡水礼拝堂
華麗なゴシック式教会馬 偕博士が淡水に来てから、積極的に布教活動が行われ、淡水は北台湾基督長老教会の根拠地となりました。ゴシック式建築様式で、高い時計台にはステンドグラスがはめ込まれ、屋上の柱には細工の施された装飾があります。教会の外壁はレンガの質もよく、 1933 年に教会ができてからいままで、風化や崩れがほとんど見られません。現在まで礼拝の拠点となっており、クリスマス時には教会の外はオリジナリティあふれる装飾が施されます。(新北観光旅遊網HPより)

Cimg5434 階段の下に鐘

隣も古い木造建築    Cimg5435

淡水初の西洋病院「滬尾偕医館」ですが・・・礼拝堂の圧倒的存在感に、正面から写真を撮るのを忘れていた^^;

礼拝堂を右に見て進むと突き当り、左に(川沿い方面)曲がり、郵便局の横を通ると・・・

再び淡水河に出た!        Cimg5436

そして・・・ここにも・・・

Cimg5437 マカイ博士がいました

つづく

« 淡水福佑宮を見学 | トップページ | 更に淡水を歩く・・・ »

旅行 海外」カテゴリの記事

寺社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マカイ博士の像~淡水礼拝堂~港:

« 淡水福佑宮を見学 | トップページ | 更に淡水を歩く・・・ »

最近のトラックバック