2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 直方石炭記念館 part8 本館2階 前編 | トップページ | 直方石炭記念館 part10 最終回 »

2017年6月24日 (土)

直方石炭記念館 part9 本館2階 後編~石炭化学館

篠栗~直方~北九州ドライブ その20

Cimg4421 Cimg4422

明治時代の採炭風景が写真パネルで展示されていました。当時は、ほぼ人力で女子供関係なく危険な作業に従事していました。

Cimg4423 Cimg4424

(左)明治時代に鉱夫達が使っていた履物など(右)照明器具

Cimg4425 Cimg4426

(左)明治時代はこんな簡単なランプ (右)アセチレン灯火器 そして・・・時代を経て・・・

キャップ・ランプ Cimg4427

この建物自体が直方市指定文化財 筑豊鉱業組合 直方会議所の建物跡なので・・・

Cimg4428 壁に立派な暖炉

階段を降りる所の正面に・・・

Cimg4429 Cimg4430

炭坑節の掛け軸がありました。

本館の見学終了~!続いて更に横にある・・・

石炭化学館へ・・・Cimg4431

石炭と鉄
鉄を作るにはコークスが必要です。コークスは石炭を蒸し焼きにして作ります。石炭がなければ鉄はできません。私達の生活に鉄がなかったら、車や船、飛行機など鉄を使う製品はすべて作れません。コークスや石炭ガスからいろんな化学製品(ナイロン、テトロン、プラスチック、農薬、肥料など)がつくられ、石炭は私達の生活に無くてはならないものです。(入り口案内板より抜粋)

Cimg4432 いざ、入館!

小さな倉庫を利用した展示館なので中は狭かった(笑)

入った正面には・・・Cimg4433

様々な石炭塊と、成分別分けられたガラス瓶がズラリと並ぶ・・・

Cimg4434 Cimg4435

左右壁面にはプラントの模型

Cimg4437 Cimg4436

単に石炭と言っても化石燃料という側面だけではなく、様々な原材料としても使用されていたのがわかります。

Cimg4438 タービンの模型

つづく

« 直方石炭記念館 part8 本館2階 前編 | トップページ | 直方石炭記念館 part10 最終回 »

博物館」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直方石炭記念館 part9 本館2階 後編~石炭化学館:

« 直方石炭記念館 part8 本館2階 前編 | トップページ | 直方石炭記念館 part10 最終回 »

最近のトラックバック