2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 月瀬神社 後編 | トップページ | 世界遺産 遠賀川水源地ポンプ室 »

2017年6月10日 (土)

堀川の中間唐戸~厳嶋神社

中間~平尾台 ドライブ その9

次は・・・最近話題の場所へ向かう。新興住宅街を抜け・・・

Cimg3973 アンダーパスを行く!

最近話題の場所へ行くも・・・これまた駐車場が見当たらない!仕方がないので数百メートル離れた場所に、空き地があったので車を止めた。サイノス仔ちゃん・・・

待っててね!     Cimg3974

歩いていると・・・

Cimg3975 ウェルカム看板

なんか右に変な奴がいるぞ!ww

Cimg3976 Cimg3977

(左)中間市役所周辺案内板 その右上に・・・(右)中間市公式キャラクター なかっぱ あ奴はなかっぱと言う奴だったのか!

Cimg3978 遠賀川沿いに歩くと・・・

消防署の先に・・・

鳥居発見!          Cimg3995

これまた歴史がありそうな建物だ・・・

Cimg3996 案内板を見ると・・・

福岡県指定文化財(昭和五十八年三月十九日指定 史跡)

堀川の中間唐戸
唐戸とは水門のことです。堀川は遠賀川と洞海湾を結ぶ人工の運河です。十二年の歳月を費やして宝暦十二年(1762)に完成しました。唐戸は堀川川口の水門でした。文化元年(1804)に堀川の川口は上流の楠橋村に変更され、そこにも全く同じ形態の唐戸が設置されました。寿命(じめ)の唐戸です。
遠賀川が増水すると、堀川下流域を水害から守るため、唐戸は閉鎖されます。遠賀川の水勢に耐えることができるように、唐戸は岩盤の地を選んで構築されています。堰戸も天井石の下は表戸と裏戸の二重構造になっています。天井石の上は溢水を防ぐための中戸です。正に独特の構造です。
 堀川は開通以来、多くの貢米船や石炭船で賑わいました。殊に明治時代には筑豊の石炭輸送の動脈として、多い年には年間数十万艘の川艜(かわひらたぶね)が堀川を下りました。 中間市教育委員会 (案内板より)

Cimg3999 Cimg3997

この下が水門ですCimg4000

今は太いパイプが通っていますが、ここで水を調節してたんですね。

Cimg4001

更に遠賀川沿いに歩いていると小さな神社が・・・

Cimg3980 厳嶋神社

遠賀川を見守るように高台に建っていました。更に歩いて・・・

笹尾川橋を渡ると・・・Cimg3982

ようやく最近話題の場所が見えてきました。

つづく

« 月瀬神社 後編 | トップページ | 世界遺産 遠賀川水源地ポンプ室 »

ドライブ」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

寺社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堀川の中間唐戸~厳嶋神社:

« 月瀬神社 後編 | トップページ | 世界遺産 遠賀川水源地ポンプ室 »

最近のトラックバック