2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 海遊館は楽し part18 特別展示 海遊館の顔博① | トップページ | 野暮用で梅田へ移動する »

2017年5月27日 (土)

海遊館は楽し part19 特別展示 海遊館の顔博② 最終回

2017年 大阪の旅 その27

小ぶりな水槽に混ざって奥にデーンとあるのは・・・

Cimg3310 出たな~!

マリンワールド海の中道のエントランスでお馴染みのメガマウス!!

関西初展示だそうですCimg3322

残念なことに、このメガマウスザメの標本は頭部のみで、やはりマリンワールドの前身標本は貴重なものだったんですね~!

そんな中、海遊館を見学に行った5日後、5月22日に驚くようなニュースが飛び込んできました!!

----------------------------------------------------------------

幻のサメ「メガマウス」、撮影に成功 千葉沖で定置網に

Megamouse1 Megamouse

 幻のサメと呼ばれる「メガマウスザメ」が22日朝、千葉県沖の定置網に入った。体長は5~6メートルのメスで、いけすに移された。朝日新聞記者も潜水取材し、優雅に泳ぐ姿を確認。写真や動画も撮影した。

 メガマウスザメは、全長5~6メートルで、巨大な口が特徴のサメ。「沖縄美(ちゅ)ら海水族館」を運営する一般財団法人「沖縄美ら島財団」によると、1976年に発見された。ジンベエザメやウバザメと同じようにプランクトンを食べる数少ないサメだが、目撃例や捕獲例が少なく「幻のサメ」と呼ばれている。中山由美 (2017年5月22日18時30分 朝日新聞デジタルより/リンク先に動画有)

----------------------------------------------------------------

残念ながらこのメガマウスは、定置網にかかった翌日(23日)に死亡したそうですが、貴重な研究素材となり、後々標本となって展示されることになるでしょう。千葉だからやっぱり鴨川シーワールドかな?

Cimg3311 ハコフグ

Cimg3314 Cimg3315

ヨツメウナギ (左)水面から見たところ(右)水中から見上げてみる・・・

Cimg3316 Cimg3317

スポッティングスティングレー 淡水エイです。

Cimg3318 Cimg3319

どうやったらこんな進化をとげるのか?(左)メイタガレイ (右)ヒラメ

ホオシロザメの頭部模型 Cimg3323

Cimg3324 噛まれたら痛そう

ムカシオオホホジロザメ Cimg3325

別名メガロドン ・・・と言う怪獣みたいな名前が付いています。

Cimg3327 Cimg3328

エポーレットシャーク 和名はマモンツキテンジクザメ

Cimg3330 カニハゼ

シモフリタナバタウオCimg3333

これにて顔展の展示終了~!そして海遊館の展示も終わり!!

ショップをゆっくり見て回りたかったけど、予定時間も押していたし、物欲を抑えることができそうにないので・・・

・・・ここはグッとこらえて・・・

Cimg3335 エスカレーターに乗る

Cimg3336 

さらば!海遊館!また来る日まで!!

海遊館公式HP

つづく

« 海遊館は楽し part18 特別展示 海遊館の顔博① | トップページ | 野暮用で梅田へ移動する »

ニュース」カテゴリの記事

旅行 国内」カテゴリの記事

水族館」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海遊館は楽し part19 特別展示 海遊館の顔博② 最終回:

« 海遊館は楽し part18 特別展示 海遊館の顔博① | トップページ | 野暮用で梅田へ移動する »

最近のトラックバック