2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« いざ入館~メガマウスにご挨拶~海と緑のセンターガーデン | トップページ | 九州の近海 ② 錦江湾~長崎~宮崎~有明海 »

2017年4月27日 (木)

九州の近海 ① エントランス~博多湾の自然

新しくなったマリンワールド海の中道に行ったYO!その3

Cimg2306 階段をのぼる・・・

右側の緑がある場所には、以前は小さな水槽があって時期によってディスプレイが変わって季節感を出していました。

Cimg2307 Cimg2308

更に進んで・・・

下を見おろす・・・Cimg2309

新たなマリンワールドは展示のテーマを”九州の海”に絞っていて、以前に増して地域性を出しているようです。トンネル水槽(・・・と言ってもしょぼかった・・・)は無くなっていて・・・

Cimg2311 Cimg2312

最初は九州の近海の展示からスタート!突き当りに・・・

Cimg2313

玄界灘を再現した展示 荒波にもまれながら泳ぐ魚やら・・・

底でじっとしている魚など・・・Cimg2316

Cimg2317博多湾の自然という事で・・・

アマモの展示 Cimg2319

その向かいの小さな水槽には・・・博多湾周辺で見られる生き物

Cimg2320 Cimg2322

(左)オトヒメエビ (右)ウミサボテン

Cimg2324 Cimg2326

(左)ヒメハナギンチャク (右)ヒオウギガイ 帆立貝に近い仲間で味が良いため見は食用、殻は工芸用に使われるそうで、 猫の島で有名な相島で養殖されているそうな。

Cimg2328 Cimg2330

(左)ミノカサゴ 英語名Butterflyfishと言うくらい華やかなヒレが特徴ですが実は毒を持っている魚として有名ですね (右)ギンポの仲間 ナベコ

Cimg2335 カゴカキダイ

水族館では増え過ぎたイソギンチャクを食べてくれるので重宝されていますが、自然界では珊瑚まで突いてしまうこともあるそうです。

この辺りの改装前は、水深による魚の棲み分けがわかる吹き抜け水槽があったり、マングローブ水槽~対馬暖流の解説などがあった所でした。(以前との比較はこちら

つづく

« いざ入館~メガマウスにご挨拶~海と緑のセンターガーデン | トップページ | 九州の近海 ② 錦江湾~長崎~宮崎~有明海 »

水族館」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州の近海 ① エントランス~博多湾の自然:

« いざ入館~メガマウスにご挨拶~海と緑のセンターガーデン | トップページ | 九州の近海 ② 錦江湾~長崎~宮崎~有明海 »

最近のトラックバック