2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« ロイクラトーンの夜の月は・・・ | トップページ | まぁ~気が早いと言うか・・・ »

2016年11月 6日 (日)

大和田兄弟ぐるり鉄道旅!~タイ王国知られざる絶景と世界遺産~

 
2014年1月にBS朝日で放送された分の再放送(同年11月23日)を録画していたものがハードディスクの奥底に眠っていたのを発見!今週末のタイ旅行を控え、番組を鑑賞してテンションをあげたいと思います。ナレーションはタモリ倶楽部でお馴染みの武田宏さん。
 
Main
 
先ずはトンブリー駅発の南線(ナムトク線/旧泰麺鉄道)。当然の如く列車は遅延するも・・・マイペンライ(笑)。10分遅れの列車に乗って・・・大和田兄弟、物売りから水なんか買っちゃったりして・・・3時間かけてカンチャナブリへ。戦場にかける橋で有名なクウェー川鉄橋を列車に乗ったまま渡る。
私はカンチャナブリへは2回ほど行きましたが・・・最後に行ったのは2007年。カンチャナブリ駅から泰麺鉄道に乗って終点のナムトック駅まで行き、サイヨーク・ノイ滝を観光しました。
 
10402343 ← 2007年 ぴろQ撮影
 
番組はバンコクへ戻りホアランポーン駅へ。朝8時の国歌斉唱をリポート後、北線でアユタヤへ。私が最後にホアランポーン駅を利用したのは昨年4月のソンクラーンの時、同じくアユタヤへ行きました。その時の様子はこちらから。大和田ブラザース、アユタヤ遺跡をまわり・・・エレファントライディングへ。象に乗った後はワット・プラシー・サンペットワット・マハタート の木の幹に埋もれた仏像を見学する。
 
2015年 ぴろQ撮影→ Cimg6131_640x480 
 
更に番組はメークロン線の始発駅 ウォンウェンヤイ駅へ。私はこの路線まだ乗ったことないんですよね~^^; 当然の如く列車が遅れて・・・場繋ぎに早朝の駅をリポートする大和田ブラザースwww。列車に乗りメークロン駅を目指す。中間点のマハーチャイ駅で一旦列車を降り、船で川を渡りバーンレム駅へ。(メークロン線は鉄橋が架けられておらず船で接続されているそうです。タイらしいwww)メークロン駅最大の見せ場・・・折り畳み市場(メークロン市場)を見学。以前大和田獏氏はプライベートで訪れた時、列車の故障で市場が折りたたむシーンを見ることが出来なかったそうで・・・今回は見ることが出来てご満悦!
今やここもツアーが組まれる程の観光名所になりました。いつかいて見たいなぁ~。
 
番組は再びバンコクに戻り、バンコクMRTの紹介~大和田兄弟カオサン通りへ突入!いきなり2009年に、妹分(弟分?)と実妹、お母さんと一緒に盛り上がったことのあるオクトパスの看板が大映りで爆笑してしまった!
 
Img_0170a ザ・オクトパス・クラブ@カオサン
 
カオサン通りでパッタイを喰って、フットマッサージを受ける大和田ブラザース・・・羨ましいぞー!(笑)心も体もリラックスしたところで鉄道旅再開!!
 
再びホアランポーン駅に戻り、寝台列車(日本の引退したブルートレインの譲渡品)に乗り北線でチェンマイを目指す。これも私は乗った事が無い。相変わらず時間通り出発しなくて草生えるwwww。またまた場繋ぎに車内をリポートし始める(笑)
1時間遅れで動き出した後は食堂車をリポート。爆音のルークトゥンが流れる中、シンハで乾杯、タイ料理を堪能www 良いぞ~!兄弟の昔話も交えながら番組は進む・・・翌朝、ジャングルの中を走る列車をレポート。到着は3時間半遅れでチェンマイに到着(爆)。いきなり庶民的な食堂でカオソーイの食レポ。旨そう~!
 
最後はタイ・シルク・ヴィレッジなるツアーにぶち込まれていそうなお店(笑)でのお買い物で番組終了~!
 
2時間特番でしたが・・・一時期、土曜のお昼に良くやっていた「3流芸NO人が現地の人の冷めた視線をものともせず馬鹿騒ぎする番組」とは違って、大御所俳優がのんびり列車で旅をする・・・と言う上品で和やかな内容に安心して鑑賞できました。こんな番組もっと増えないかな~
 
今度の私のタイ旅行も、久しぶり一部タイ国鉄を使って見よか・・・と、本気で考えてしまいました。

« ロイクラトーンの夜の月は・・・ | トップページ | まぁ~気が早いと言うか・・・ »

テレビ番組・広告・CM」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ロイクラトーンの夜の月は・・・ | トップページ | まぁ~気が早いと言うか・・・ »

最近のトラックバック