2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 哀しみのワット・プラケオその2 | トップページ | 哀しみのワット・プラケオその4 »

2016年11月29日 (火)

哀しみのワット・プラケオその3

2016年タイの旅 国王追悼とロイクラトーン編 part39

Cimg0361 本堂

靴を脱いで上に上がるCimg0362

毎回ここで靴がなくならないか心配になります。^^;

Cimg0364 中を覗き込むと・・・

ご本尊の・・・

エメラルド仏 Cimg0363

エメラルドでできていると一部では言われているが、実際には、ヒスイ製である。タイ人のアイデンティティーの一つでもあるとされるこの仏像は、民間では霊験あらたかな仏像とされるため、タイ人のみならず、東南アジアの上座部仏教国からも巡礼者が巡礼に訪れる。タイ国王の手によって年に三回、夏・雨期・乾期のはじめに衣替えがあり、王室の重要な行事の一つである。(wikipediaより)

Cimg0365

外にはびっしりガネーシャ

15027842_10209877679726248_48489329 私もここで自撮り

一通り見学した後は・・・靴をはくため本堂の正面を通って靴置き場に向かっていたら、警備員にやたら怒られているアジア系観光がいた。タイで一番由緒あるこのお寺の本堂に、事もあろうか、土足であがってきているオッサン二人・・・見ると中国人。何やら怒り口調で警備員に言い返していたけど、無理矢理降ろされて靴を脱がされていた。ダメだこりゃ!

今回はじめて気がついたけど・・・ここって・・・

タトゥー禁止なのねん Cimg0366

タイはタトゥーに関して寛容で、ファッション・タトゥーはもちろん、お坊さんの魔除けとしてお寺で彫っていたりするので大丈夫かと思っていました。

つづく

« 哀しみのワット・プラケオその2 | トップページ | 哀しみのワット・プラケオその4 »

旅行 海外」カテゴリの記事

寺社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀しみのワット・プラケオその3:

« 哀しみのワット・プラケオその2 | トップページ | 哀しみのワット・プラケオその4 »

最近のトラックバック