2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 厳戒体制のサナームルアン(王宮前広場) | トップページ | 哀しみのワット・プラケオその1 »

2016年11月28日 (月)

ワット・プラケオ(王室守護寺院)に到着

2016年タイの旅 国王追悼とロイクラトーン編 part36

10:05 サナーム・ルアン(王宮前広場)の東側は大通りがあって、いつもは大渋滞しているのですが・・・この日は・・・

Cimg0326

ガラーン・・・こんな全く車が走ってない風景は初めて見た!道を挟んだ向かいに巨大なスタジアムみたいなのを建造していた。(↑写真では良く分からないけど、これはかなり大きいぞ!)

しばらく歩くと・・・

Cimg0327 ラク・ムアン 市の柱

今年の3月に行った時はこんな感じでした。

その向かいの Cimg0328

白象のオブジェ  この通りで数日前(11月8日)アユタヤから来た白象(ペイントされた?)が隊列を組んで弔問に訪れました。雨の中の行進・・・そして、ひざまずく象の姿を日本のニュースで見て、私は感動しました。

-------------------------------------------------------------

タイ王宮前でゾウの一団ひざまずく、亡き国王に弔意

Thai_zou_oukyumae

[バンコク 8日 ロイター] - タイのバンコクで8日、ゾウの一団が先月死去したプミポン国王のひつぎが安置されている王宮を弔問のため訪れた。

古都アユタヤから来た11頭とゾウ使いは、隊列を組んで行進。ゾウは王宮前でひざまずいて弔意を表した。2016年11月9日 13時26分 ロイター(Livedoor NEWSより)

 
動画↑クリックで再生

-------------------------------------------------------------

10:15 壁沿いに歩き・・・確かここでfacebook上でタイ人が記念写真を撮っていたのを思い出し・・・

Cimg0329a 自撮りをしてみる

ワット・プラケオに入るゲート(北門)から・・・

兵隊さんが出てきたCimg0330

一糸乱れぬ隊列でサナーム・ルアン方向へ消えていった・・・

Cimg0331 北門から中に入ると・・・

全体的に悲しみに包まれている・・・と言うより、いつもと同じような風景で拍子抜け!

服喪期間中だけあって黒を基調とした服を着ている人が多いものの、どうやら大半は外国人(かなりの数、中国人の団体)のようだ・・・

Cimg0332

つづく

« 厳戒体制のサナームルアン(王宮前広場) | トップページ | 哀しみのワット・プラケオその1 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行 海外」カテゴリの記事

寺社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワット・プラケオ(王室守護寺院)に到着:

« 厳戒体制のサナームルアン(王宮前広場) | トップページ | 哀しみのワット・プラケオその1 »

最近のトラックバック