2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

2018年10月31日 (水)

長い間お世話になりました。

突然ですが・・・本日を以て・・・

新・なんだらかんだら 終了~!

Niwaka

なんだらかんだら ~続・なんだらかんだらの記事のペースを見ていたら・・・せいぜい2年で使用可能ディスク容量(2MB)を使い切るなぁ・・・と思っていたらその通りになってしまいました。

さて・・・ここが潮時・・・良い機会なので長年続いたBlog生活も引退しようかなぁ・・・等と思いましたが・・・

やっぱ続けます(爆)

エリザベスちゃんの事やら中途半端になってしまいましたが・・・続きはこちらに引き継ぐことにしました。続けて読もうと言う奇特な方はリンクの変更をお願いします。

毎日グダグダだらだら続く駄文にお付き合いいただきましてありがとうございました!

ぴろQ今月の一本!(10月)

今月もハードディスク内の映画をガッツリ消化しようと思いつつ・・・結局5本しか鑑賞できませんでした。^^; そんな中・・・やはり良かったのはディズニーアニメ

ズートピア

Zootopia

”社会の多様性を認めよう”と言うなかなか難しいテーマを、子供にもわかり易く上手くまとめた感じが良い。最近の日本のアニメは小難しく作る傾向の作品が増えて、こういったシンプルなメッセージ色のある作品が少なくなってきていると感じます。個人的に・・・その点ハリウッド製アニメはダイレクトに響いてきます。

2018年10月30日 (火)

遊星からの物体X 

The_thingBSスターチャンネル 【無料放送】 原題:The Thing

1982年作品。ハロウィンなんで怖い映画を見てみました第二弾(笑)。お馴染みジョンカーペンターの代表作にしてSFホラーの古典。先日見た「ミスト」同様、密室劇ならではの疑心暗鬼となった登場人物の心理描写が面白い。CGでは未だ表現できない生々しいドロドロしたクリーチャーが効果的です。公開当時、私は高校生で、中洲の大洋劇場で見た記憶がありますが・・・まさか、30年近くたって前日譚作品が公開されたり、今年デジタルリマスター版がリバイバル公開されるなんて思いもしませんでした。

8点/10点満点中

【45本目】

2018年10月29日 (月)

受け取り拒否したって・・・

それで正解!

インドネシアの”おっさん転がし”こと・・・

エリザベスちゃんに・・・ 21272305_1444531935633657_796752513 EMS(国際スピード)郵便で発送していた誕生日プレゼント恐ろしい額の関税がかかってしまって、荷物が宙に浮いている・・・という所までは先日書きましたが・・・その後どうなったかを連絡してきました。

どうやら本日、郵便局まで行って受け取り拒否を表明したらしい。

それまで数日、メッセンジャーで彼女とチャットをしていて・・・彼女は友達にお金を借りるだの色々言っていましたが・・・私が「悪い事を言わないから、どうか受け取りを拒否する意思を、郵便局に伝えてくれ!」と言っておりました。

さて・・・受け取りを拒否された荷物はその後どうなるか?・・・と言いますと、私に送り返されて来ます。料金はかかりません。

多分5日~1週間位で私の手元に戻るので、非課税分(50USDまで)だけ再発送して、残りはクリスマスプレゼントと言う事で年内に送ろうと思っております。

今回の送料(1820円)は無駄になりましたが、いい勉強になりました。改めて書きますが・・・

国際郵便で荷物を送る際は、品物の金額によって高額の税金がかかります!税金は受取人が支払う事になるので・・・

danger要・注・意!danger

ミスト 【吹き替え版】

The_mistBSジャパン 水曜は映画の日 原題:The Mist

2007年作品。ハロウィンも近いと言う事で怖い映画を選んでみました。クティーブン・キング原作の短編小説の映画化作品。霧に包まれた町で謎の生物に襲われた人々が、閉じ込められたスーパーの中で徐々に秩序を失っていく様。スプラッタ・ホラーとしては勿論、密室劇としても良くできていて、全編にわたる緊張感や、人々の心理の変貌を良く描いている。他の作品では絶対役立たずで終わりそうな副店長役が意外に心強かったりしてキャスティングも絶妙に良い。今の若い人たちは耐性が無いのでしょうか?ネット上では、バッドエンディングな作品として評判が悪いようですが、個人的にはこれ位インパクトがあった方が好きです。

8/10点満点中

【44本目】

2018年10月28日 (日)

ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その6 最終回

順正寺~龍宮寺

萬行寺から祇園交差点方向へ歩くと・・・セブンイレブンの先に・・・

袖湊山 順正寺 Cimg5399

天正11年の創建。空寂上人により開基、時来約430年の歴史ある古刹だそうです。

Cimg5400 本殿

時間も時間だったし・・・本殿と横にお墓があるだけで・・・猫もいないし(笑)・・・特に何もなし!・・・と思ったらこのお寺さんの喚鐘が福岡県の指定文化財だそうで・・・探せばよかった。^^;

更に国体道路を祇園交差点方面に歩くと、祇園郵便局の横に小さな路があります。本によると・・・

矢倉門だったそうです。Cimg5401

後で調べたら・・・「1570年頃、豊後大友氏の家臣、臼杵安房守は、博多に砦を作り、濠を掘り、門を建てた」という記録があるそうで・・・その辺は「矢倉門」という地名で呼ばれていた・・・との事。更に、博多警察署と商工会議所の間、藤田公園の所に小さな石碑があるそうな・・・今度行ったら見てみよう!

本の指示通り・・・鹿島旅館(外国人に人気の旅館)の前を通り、櫛田表参道へ出るも・・・次の目的地の入り口がなく、一旦、大博通りに出る。大博通りの祇園バス停の所に、博多座の横にあったのと同じような小さな石碑が・・・

Cimg5403 旧上小山町

”日本の独楽の発祥の地 この界隈には寺院が多く立ち並びその塀が長く続く様を博多の人は八丁堀と云った” ・・・とあります。

この石碑の横に・・・本日最後の目的地・・・

龍宮寺があります。Cimg5402

ビルの谷間にある小さなお寺です。

浄土宗。開山は谷阿上人。当初は袖の湊の海辺にあり浮御堂と称していたが、貞応元年(1222)に海中より人魚が出現した際に国家長久の瑞兆と占われた。その人魚を寺内に埋葬したことにちなんで寺名を龍宮寺と改称。(福岡市公式シティガイド YOKA NAVIより)

Cimg5407 Cimg5406

狛犬さん

Cimg5409 Cimg5408

(左)人魚塚 (右)お堂 人魚の掛け軸なんかもあるそうですが・・・応相談で見せてくれるらしい。本当かいな?

・・・と言う訳で・・・ざっと小一時間歩き回った後は・・・

Fukuoka_oct_fes2018 冷泉公園で開催中の

福岡オクトーバーフェスト2018でビールを飲んで帰りましたとさ。

おしまい

櫛田神社~萬行寺

ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その5

博多町家ふるさと館を右手に更に歩くと・・・正面に・・・

Cimg5379

博多の総鎮守 櫛田神社が見えてきます。楼門には・・・

Cimg5380 扁額に書かれた「稜威」 

楼門をくぐる時に見上げると・・・

十二支の方位盤 Cimg5381

丁度この日は夜に催し物があるようで・・・

Cimg5382 山車が準備されていました。

拝殿 Cimg5383

櫛田神社は何度も当ブログで紹介したので今回はサラッと・・・

Cimg5384 最後は櫛田のぎなん

櫛田神社を右手に歩くと・・・国体道路に突き当たります。その正面に見えるのが・・・

Cimg5385 Cimg5386

普賢山 萬行寺  亨禄(きょうろく)2年(1529)七里隼人(しちりはやと)が蓮如上人(れんにょしょうにん)の命により建てたもので、明治時代の住職七里恒順(しちりこうじゅん)は真宗(しんしゅう)の名僧といわれた。また、薄幸(はくこう)な身で、信心深かった遊女名月(めいげつ)の墓から初七日に蓮花(れんげ)の花が咲いたという伝説「明月の墓」がある。(福岡市公式シティガイド YOKA NAVIより)

先日、福岡市博物館で見学した「九州浄土」展の最後のエリアでこのお寺の所蔵品を大公開していました。

Cimg5388 Cimg5387

(左)親鸞聖人 像 (右)楼門をくぐる・・・

Cimg5389 門扉の巨大な寺紋

門を入って右側に・・・

明月信尼之墓の案内とCimg5390

Cimg5391 明月信尼之墓

幸薄く、信心深かったという伝説の遊女 明月のお墓だそうです。・・・って全然知らんかった~!

Cimg5392 Cimg5393

境内には・・・cat 猫がウロウロ・・・cat

Cimg5394どうやら寺の飼猫のようです

そう言えば「九州浄土」展の萬行寺の所蔵品の中でも、猫にまつわる巻物がありました。猫とは縁深いお寺さんのようです。

Cimg5395

しばらく猫と遊んでもらって・・・

本堂へ・・・Cimg5396

ここの鬼瓦が見どころだというのを・・・後で知った・・・sweat02

お念仏しなされや Cimg5397

つづく

宇宙猫~冷泉公園~山笠最大難所~博多町家ふるさと館

ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その4

福岡アジア美術館のエレベーターに乗って一気に1階へ・・・

ここからは、先日購入した・・・

Cimg5233 ←この本を参考に・・・

街歩きをして行きます。(P58~59 櫛田神社界隈)

先ずは福岡アジア美術館を背に明治通りを呉服町交差点方面(天神方面とは逆)に歩くと、間もなく土居通り交差点があります。土居通り交差点を右折して間もなく・・・左側に突然・・・

宇宙服を着た猫出現!Cimg5370

Cimg5367

この猫は以前にも紹介しました が・・・Webease博多ホステルの玄関に鎮座する猫です。

Cimg5368 Cimg5369

この猫・・見れば見るほどインパクトあるなぁ~(笑)京都造形芸術大学美術工芸学科教授 ヤノベケンジ氏作の『SHIP’S CAT』と言う彫刻作品で、「旅の守り神」である猫をモチーフにした作品ですだそうです。

更に歩くと右側に公園が見えてきます。

Cimg5371 冷泉公園

ここは・・・戦前、妙行寺と言うお寺があった場所で、福岡大空襲で消失したそうです。(戦後、南区野間に再建) 公園には空襲で亡くなられた方の供養塔が建っているそうですが・・・

・・・公園の半分はこの日の催し物(福岡オクトーバーフェスト2018)の準備で仕切られていて中に入れないし、残りの半分にはそれらしきものが見つけることができませんでした。丁度オクトーバーフェスト開場直前で料理の仕込みの美味しそうな匂いが周辺に漂っていました。

更に歩くと・・・旧冷泉小学校の敷地横に・・・

Cimg5372 石碑がありました。

大乗寺跡 806年 空海が開いた名刹だったそうですが、戦災などで無くなったそうです。一番右側の石碑には・・・

お地蔵様が彫ってあった。Cimg5373

これは県指定有形文化財だそうな・・・。更に小さな道に入ると・・・

Cimg5376 角が取れた建物が・・・

ここぞ博多祇園山笠の・・・

最大難所 Cimg5377

狭い通りを曲がる時にぶつかるので角を取ってあるんですね~

Cimg5378

博多町家ふるさと館 この日は月曜でお休みでした。

つづく

2018年10月27日 (土)

福岡アジア美術館③

ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その3

Cimg5323 Cimg5325

(左)「幸福」 作者不詳(モンゴル)(右)「わたしは女王Ⅴ,Ⅵ」2点 アノリ・ペレラ作(スリランカ)

Ⅵをアップで見る 奇妙・・・と言うか怖いcoldsweats02 Cimg5326

Cimg5327 Cimg5329

(左)「小さな針箱は、我家の革命の宝」 ガオ・アーイ作(中国) 如何にも中共のプロパガンダポスター (右)展示の片隅に置かれた毛糸の玉とセーター・・・これも美術作品なんですね~! 「毛糸」 イン・シウジェン作(中国)

Cimg5331 「私は龍」

グエン・ティ・チャウ・ザン作(ベトナム)

Cimg5333 さらに進みます

「最初から始めようⅤ」 Cimg5334

アラク・ロイ作(バングラデシュ)

広いギャラリーの壁面に金色のオブジェが掛かっています。

Cimg5336 Cimg5337

(左)「手・脚」 ウー・ジエンアン作(中国) (右)その中央部

Cimg5339

「瞑想」 ロン・ソフィア作(カンボジア)

Cimg5340   Cimg5341_2

東南アジアの仏教やヒンズー教美術に出て来る天使や・・・

Cimg5342_2   Cimg5343

象さん・・・そして乳海攪拌 など・・・私にとってお馴染みの絵柄が登場して何故か心落ち着く。(笑)

更に奥には・・・部屋の間仕切り・衝立のオブジェ

Cimg5345_2 Cimg5346_2

「魂の窓」 ジョン・フランク・サバド(フィリピン) (右)よく見ると目・目・目・目・・・・・・

Cimg5347 Cimg5349

中央のデザインも独特です。

Cimg5352 Cimg5351

「菫」 須田悦弘 作(日本) 案内板だけあって、どこを探しても作品が見当たらない。???首をかしげながら作品を探していると・・・見かねた学芸員さんが声をかけてきて・・・間仕切りの隙間に作品があるのを教えてくれた。

これかいな!Cimg5350

これ絶対わからんよー!(爆)

さらに先に進むと・・・

Cimg5358 藁で結ったオブジェが・・・

「私はそんなジャワ人ではない」 ニンディティオ・アディプルノモ作(インドネシア)

後ろから見たこの形はコンデ(インドネシア女性の伝統的な髷)の形を巨大化したものだそうで・・・

表に回ると家具になっていてCimg5355

Cimg5357 Cimg5356

作者のアルバムや写真が収められています。案内板によると”近代的な個人主義への疑問と、失われていく文化の復権を静かに主張している”・・・そうな。う~ん・・・深いなぁ・・・

Cimg5360 Cimg5362

(左)「黄金の船」 ラシット・チョードリー作(バングラディシュ) (右)「ジャワ男性の肖像」 ニンディティオ・アディプルノモ作(インドネシア)

以上で終了~!

ギャラリーの外へ出ると・・・本がずらりと並んでいるアートカフェになっています。・・・その壁面に大作!

Cimg5365

「魂の旅」 パンヤー・ウィチンタナサーン(タイ) こちらも右側に大きく描かれた滑らかなラインのタイの仏様と、左側の天国と地獄を表わしたような2つの円。いつまで見ても飽きません。 この作品を眺められるテーブルで・・・

44594493_10215588061322219_28409973 cafeコーヒー飲んじゃう!cafe

以前来た時、コーヒーマシンで作って紙コップに入って出てきたんですが、今回は一杯だてドリップしたてのコーヒーが出てきました。・・・でも450円。

久しぶりに来ましたが200円で数時間じっくり楽しめるので、この手のアートが好きな人はおススメです。

福岡アジア美術館 おしまい

ぴろQの博多ぶらぶらは・・・つづく

福岡アジア美術館②

ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その2

Cimg5271 Cimg5273

(左)「女」 タ・ティ作(ベトナム) (右)「画室」 ポポ・イスカンダル作(インドネシア)

Cimg5277 更にギャラリーを進む・・・

壁面に大きな作品

「キンタマーニ市場Ⅱ」 Cimg5278

チューシン・スティアディカラ作(インドネシア)

その先の一角に企画展示。実はこれを目当てに来たのでした!

Cimg5279 Cimg5280

横尾忠則とアジア’89 (右)SANTANA LOTUS

Cimg5282 Cimg5284 Cimg5286

(左)聖シャンバラ 火其地(中)聖シャンバラ 土其人(右)聖シャンバラ 土其天

Cimg5288 Cimg5290 Cimg5292

(左)聖シャンバラ 空其地(中)聖シャンバラ 水其地(右)聖シャンバラ 風其天人地

Cimg5294 Cimg5296     Cimg5298

(左)聖シャンバラ 水其天(中)聖シャンバラ 土其地(右)聖シャンバラ 空其天

Cimg5300 Cimg5302

(左)聖シャンバラ 火其天 (右)第3回アジア美術展

Cimg5304 Cimg5305 Cimg5306

「第3回アジア美術展」ポスターのための原画 版板フィルムⅠ,Ⅱ

Cimg5309 ずらり並んだ絵画の脇に・・・

床にへたりこんだ人たち・・Cimg5308 

「もうひとつの実践方法-世界をいかに作るか」 ナヴジョート、レジクマール、シャンティーバイ、ガスラムの共同制作(インド) 独特の空間です。

Cimg5311

「すべてのものに開かれた天国」 マニュエル・オカンポ作(フィリピン) これも巨大な作品で、皮肉が効いていて大好きな絵です。

Cimg5313 Cimg5315

(左)「飢餓」 ルアンラット・コンパット作 (ラオス)(右)「農村女性の仕事/壁掛け」 BRAC(バングラディシュ農村向上委員会)アーロン・デザイン制作(バングラデシュ)

Cimg5317

「リキシャ」 ラジ・クマール・ダス(絵)、カッファール工房(車体) (バングラディシュ) タイのリキシャは何度か乗ったことがありますが、こんなに派手ではなかった。

Cimg5319 Cimg5320

細かく見ていくと映画スターの絵や写真・・・

Cimg5321 Cimg5322

バングラデシュの風景なんかが細かく描かれていて、見ていて飽きません。

つづく

«ぴろQの博多ぶらぶら 櫛田神社界隈編 その1 福岡アジア美術館①

最近のトラックバック